五感でみつける 目で感じる

ローズマリー・マジック

山々も木々もーようやく春ごろも。
この季節、ただ朝早起きしただけで
外を散歩しただけで出会える
シンプルなよろこびに満ちている。

雨上がりの空気。
葉っぱのしずく。
朝霞(あさがすみ)の空。
道端でささやかに揺れている植物。

かすかに記憶にある香りが漂う。
近寄ってみるとそれは自生のローズマリー。
シソ科のそれは薄紫と水色の入り混じったような
儚げな花弁を広げて
ここにも春だよ、と告げている。

ちいさな花かんむりにして愛でてみる。
春はよろこびの季節のようで
実のところ変化に富んだ季節でもあり
特に3月は気持ちがざわめきうろたえてしまうひと月でもある。

そんななか、梅でもなく桜のつぼみでもなく
ローズマリーがふいに目に留まったのは偶然ではないかもしれない。
見ると自生のローズマリーは茎が縦横に伸び放題で、
愛らしさというよりはたくましくしなやかで、
少々の困難にも打ち勝ちそうな力強さを放っている。

それでも道行く通りすがりのわたしが思わず足を止めるほど
可憐に咲き誇る花々と芳香が五感を射る。
細胞のすみずみまで広がるさわやかで独特な香りが
見事に揺らぎをすくい取り、クリアな「わたし」を呼び覚ましてくれるよう。

時間にして3分も過ぎたか過ぎないかのローズマリー・マジック。
今日はそれだけで十分いい気分。
日常はまだまだ驚きと発見にあふれている。
名も知れぬ道に潜んでいるjoyに明日もまた出会えますように!

END

2019年3月20日 

< 新しい記事過去の記事 >

Miki

スタイリングフォトグラファー
フリー翻訳(英語)、ライター

1971年山口生まれ。
幼少の頃から夢は世界へ向かい、念願叶って海外と日本の架け橋となる事業に長年従事。異なる文化、訪れた国々の光や色、人々の暮らしぶりに大いに触発される。その後テーブルフォトのメソッドを習得。日常の中でこころ躍る瞬間を捉えることに情熱を傾けるようになる。そうした暮らしの中の美しさを届けるフォトエッセイをmahinaで発信しながら、フィンランドのライフスタイルや教育事情を翻訳を通じ日本に紹介したり、英語学習を始め日本の子どもたちへの異文化教育に邁進する日々。

【instagram】
https://www.instagram.com/mikilt0220
*各種お問い合わせもコチラ↑のDMよりお願い致します。

このページのトップへ