illustration by yuko omori

月の冬じたく展 優しい眠り
- bed time story -

夕刻、白い月がうっすら見える頃
闇の時間がはじまる
さざ波のように広がる月明かりは闇を見守り
大いなる命を守護する神聖な時間になる

月が連れてきた闇は
世界を眠りへといざなう
時空を超えた無意識の世界がはじまる

昼間の記憶は遠ざかり
一夜で生まれ変わるのだ
音のない月の世界は
太陽の世界で経験した記憶も呼吸も
どこまでも透明にする

そして、新しい光を待っている
明日の太陽とわたしに出会うために

コロナ禍になって生活や環境の変化にともなって、睡眠の大切さを感じています。
変化や不安は、自律神経や心を疲れさせます。
よりいっそう月の時間の過ごし方を充実した質の高い眠りを必要とするようになります。
それは、本質的に心と身体を回復させ健やかさを支えます。

今回、暖かな岡山の地で体が本当に喜ぶ「衣づくり」を目指して、
シルクやコットンの天然素材に薬効のある草木を手染めされた
あるでばらんさんの製品をご紹介いたします。
理念とされている「衣は体薬」を肌で直接的に感じる製品は、
マヒナファーマシーの店舗としてスタートして以来
植物の深い癒しの働きでお客さまの心身の健康を支えて下さいました。
植物との対話の中で確かなものづくりをされている
あるでばらんの中村ふみさんにご来店いただき、製品のお話を伺って
製品のお話を伺って、普段店頭でお目見えしない寝具や新製品もご紹介していただきます。
高ぶる神経を癒し、身体を温めてめぐりが健やかになることを助ける製品に出会って頂けると嬉しいです。
作り手の方からのお話を通して「衣は体薬」植物の治癒に導く布製品を、ぜひ、直接、感じにいらして下さい。

そして、月の冬じたく展のテーマとなる「優しい眠り」を伝える冊子を特別に作っています。
文をシュタイナー教育者の虹乃美稀子さんに、絵を大森木綿子さんに描いていただきました。
眠りにいざなうような優しい冊子が出来上がりそうです。
こちらもお楽しみに。

イベント詳細

期  間:11月10日(木) 11日(金) 12日(土) 13日(日) 17日(木) 18日(金) 19日(土) 20日(日)
開催時間:12時〜19時 ・ 最終日のみ:12時〜18時

冷えからからだを守る「草木(植物)の衣服」のチカラ

古来、からだを治すとき、食べ物からだけではなく
植物の薬効成分や月の情報を受け取る衣服を身につけることで治癒していたそうです。
こうした衣服を身につけることを服用すると言っていたそうです。
冷えを感じるとき、手先や足先の冷えばかりを気にしてしまいますが、
根幹である内蔵や子宮が温かで循環されたエネルギーが巡ることで
冷えをケアすることができます。
あるでばらんさんの製品は、草木の薬効成分を豊かに蓄えたシルクやネルの
オーガニックコットンで作られています。
冷え性、ストレスなどの慢性的な疲れを解決し
安心した睡眠、妊娠の準備、女性らしいからだ作りを助けてくれます。
心身のつながりを深めてグランディングしたい方にもオススメです。
使ってすぐに、からだが穏やかになり、喜ぶ感覚を味わっていただけます。

期間中、あるでばらんの染めをされている中村ふみさんにお越しいただき、
特別な寝具製品や限定植物の製品もご紹介いたします。
あるでばらん製品を体験して頂き、あなたのからだに合った草木染めをお選びいたします。
冷え性や気になる体質を助けるケア、安眠に導いてくれる寝具、草木染めについて
ご自分に合う植物を選ぶお手伝いをさせて頂きます。

ご提案する商品
内蔵を温めるボディーロール、子宮を温めるライナー、冷えとり靴下たち、寝具
supported by aldebaran

豊穣の秋の恵みと眠りのお話会

立冬を迎えたころ、五穀の恵みがより一層嬉しい季節になりますね。自然界が眠りに入る季節、私たちもまた季節を呼吸するように眠りを深く求めています。月の冬じたく展では「優しい眠り」をテーマに開催いたします。猛烈な夏を終えて冬を迎える時、身体を癒すように心地良い暖かな冬の支度と安心した眠りの環境を整えたいものです。

このたび、暖かな岡山の地で体が本当に喜ぶ「衣づくり」を目指してシルクやコットンの天然素材に薬効のある草木を手染めされた製品を作られているあるでばらんの中村ふみさんとマヒナのシュタイナークラスでおなじみの虹乃美稀子さんをお迎えして薬効手染めの第一人者としてのご経験から紡がれる身体に優しい衣服についてのお話、そしてアントロポゾフィー(シュタイナーの人智学)の視点から見た眠りの意味とその大切さについてのお話会をいたします。

< ワークショップ詳細 >

日 時:11月12日(土) 18時〜20時
参加料:6500円(食事とドリンク付き)
お土産:手仕事されたホットウォーマー

< お申し込み方法 >

マヒナファーマシーのお問い合わせページよりお申し込みください。
お申し込みの際に、お名前、住所、電話、メールアドレス、参加人数をご記入ください。
https://mahinapharmacy.stores.jp/inquiry

冬の手仕事 糸かけ曼荼羅づくり

今年も色とリズムを主宰する徳田陽子さんを迎えて、冬至に向かい心が静まる時に、色彩豊かな草木の色を用いて糸かけ曼荼羅づくりを開催します。

この「曼荼羅」とは、サンスクリット語「mandala」を漢字で表した言葉で「円」「本質を持つもの」という意味を持つ言葉です。1500年前の古代インドが起源で仏教における悟りや世界観などを仏像・シンボルなどを用いて視覚的・抽象的に表現したものとして瞑想やヒーリングのワークとして親しまれるようになりました。

色とリズムさんの糸かけ曼荼羅は、草木で染めた糸をかけていきます。このワークのために、森から運ばれた香り高い天然の丸太をご用意しています。天然木の香り、丁寧に染められた色とりどりの糸を選びながら触るたびに今の自分の心の様子に近づくことができます。陽子さんのナビゲートを受けながら、黙々と手を動かしているうちに数の神秘に触れ色の美しさを体験することができます。宇宙の本質、宇宙のすべての形ともいわれる曼荼羅。それに触れることで自分自身、宇宙との繋がりを感じる時間になればと思います。

初めてのみなさんにはシュタイナー学校でも取り組む24ピンの糸かけに取り組んでいただきます。幾何学や素数、数の美しさ、楽しさを直感的に学ぶことができるとても素晴らしいパターンです。

小学生以上のお子様と一緒にご参加いただけます。24ピンを経験された方は、ぜひ31ピンや48ピンの糸かけにも挑戦してみてください。31ピンのパターンは15の色が織りなすさらに上の壮大な宙の世界を体験できることと思います。

糸選びから作る工程のなかで、糸をかけるたびに立ち上がる連続した幾何学の美しさが最後には統一された世界を作り出し、深いこの季節の内省した潜在的な感覚や意識が投影されるあなただけの美しいアートに仕上がるはずです。ご参加お待ちしております。

< ワークショップ詳細 >

日  時:2022年11月13日(日)
     午前の会 10:30〜13:30 午後の会 14:00〜17:00
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:7,500円(ハーブティ+おやつ付き)
持  物:糸切りばさみ、作品を持ち帰る袋
定  員:各回8名
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。

*当日、基本の24ピン以外のパターンをお選びいただけます。
 31ピン、48ピンはプラス500円、蓮の葉模様はプラス800円です。参加された当日変更可能です。
*小学生以上のお子さまは一緒に参加いただけます
*親子での参加で別々のものをお作りになられたい場合は、お子さまの材料費としてプラス3,000円になります。
 親子でおひとつのものを作られる場合はお茶席代をプラス1,000円になります。

< お申し込み方法 >

下記ページよりお申し込みください。
https://mahinapharmacy.stores.jp/items/6193020bf1f39a3479121722

< 教えてくださる方 >

徳田陽子 神戸市生まれ
2011年より色とリズムとしてシュタイナー思想をベースに自然との共生をテーマに大阪を拠点に全国各地で草木染め作品の展示、ワークショップなどを開催。

闇を力に・新しいスタートに向けて
こころを整えるフラワーカードリーディング

宇宙から発する情報とダイレクトにつながる植物。
わたしたちは宇宙の元に生まれて、毎日、宇宙の影響を受け続けています。フラワーエッセンスは、その宇宙からの情報を受け取って心やスピリットに働くバイブレーションを持っています。自分らしく生きてゆくことは、同時に宇宙の流れに従って生きることでもあります。フラワーエッセンスは、わたしらしく生きる情報や気付きをもたらしてくれます。

このプログラムは、マヒナのフラワーエッセンスの先生である谷口みよ子さんがあなたに必要なメッセージを植物から受け取るお手伝いをします。無意識やからだの奥にひそむ、今のあなたに必要な情報や答えを花や植物のオラクル/フォトカードを通じて読みといていきます。

9月の秋分を過ぎ、冬至に向かって闇の時間が長くなっている今、私たちも心の闇の領域、無意識からのメッセージやサインを受け取りやすくなっています。それは心地よいこともあれば、少し苦しいこともあります。特に今のように周りも自分も変化の中にある時には心地良くないと感じることも多いものです。自分らしさとは何か、自分らしいあり方や選択とは何かをあらためて問われるような出来事にも出会います。けれど、そのことにもサインやメッセージがあり、自分らしいスタートを切るためのヒントが隠されてます。

自分本来の魂を自由にするメッセージをもたらすのもエッセンスの植物たちです。
今のご自身を冷静に確認して必要なメッセージを受け取り、新しい変化の方向や可能性に気づくきっかけとしてこの機会を役立ててください。このリーディングで後押しとなるのは、おもにバッチフラワーエッセンスの花たちです。リーディング中にエッセンスを飲んでいただけるのはもちろん、ご希望の方にはボトルを作ってお持ち帰りいただけます(料金別途)。

*フラワーレメディーは、1936年にイギリスの医師・E.バッチ博士によって完成された、38種の自然のエッセンスです。おもに生命力に満ちた植物の花や岩清水から作られています。私たちが日常で経験する不安やイライラ、怒りなど、さまざまな心の不調和に働きかけ、バランスを取り戻す助けになります。植物の薬効成分ではなく、調和の取れた植物の生命力を生かすものです。

< ワークショップ詳細 >

日時:11月18日(木)、19日(金) 各日 13:30〜 / 14:30〜 / 15:30〜 / 16:30〜 / 17:30〜
リーディング時間:30分
料金:3500円(レメディをお持ち帰りいただく場合は、別途2,500円になります)

< お申し込み方法 >

要予約制、contactページよりご希望日にちと時間を記載してお申し込みください。
https://mahinapharmacy.stores.jp/inquiry

< ファシリテーター >

谷口みよ子(フラワーエッセンス講師、訳者、花療法家)

月の時間に優しい眠り
ハーブティーづくりと身体の整え

立冬を迎えて、自然界が眠りに入る季節になりました。猛烈な夏を終えて、わたし達の心身も休息を求めています。
夕刻から闇夜を照らす月の時間は、心身を回復に導く時間です。神経や心を緩ませて自然な眠りを誘うハーブの基本のお話をしながら「 触って、香って、味わって 」ご自身の五感を研ぎ澄ませ、植物を選びながら薬理作用を超えた植物のバイブレーションを感じとってわたしだけのブレンドハーブティーをつくりましょう。

そして、後半は、マヒナのヨガのクラスでおなじみの桜内操先生をお迎えして素直に眠りにつける身体を緩める方法を教えていただきます。夏の疲れをしっかりとって、冬に備えてゆきましょう。私たちは、自分自身で、癒すこと、整えることができます。ハーブは好きだけど、知識がないから分からないという方にも、ハーブと仲良くなるきっかけになって頂けると嬉しいです。

< ワークショップ詳細 >

日時:11月19日(土) 10:30〜13:00
参加料:5,500円(ハーブティーとおやつ)
お土産:お作りになったハーブティー7包

< お申し込み方法 >

マヒナファーマシーのお問い合わせページよりお申し込みください。
お申し込みの際に、お名前、住所、電話、メールアドレス、参加人数をご記入ください。
https://mahinapharmacy.stores.jp/inquiry

< ファシリテーター >

ヨガ 桜内操(操ヨガ主宰)
ハーブティー 中山晶子(マヒナファーマシー店主)

過去のイベントアーカイブス
2014年 
3.1 山伏と月山のお話
11.28〜12.10 月の冬じたく展@haaz
2015年 
4.19〜4.26 月の春じたく展
7.7〜7.16 月の夏じたく展
12.1〜12.11 月の冬じたく展
2016年 
10.8〜10.31 秋・神無月。月が満ちる 
12.4〜12.2 月の冬じたく展〜白の原点、聖なるわたしに出会う〜
2017年 
4.2〜4.16 月の春じたく展〜気持ちいい、浄化〜
12.1〜12.22 月の冬じたく展〜わたしは光、わたしはわたしである
2018年 
4.1〜4.18 スピリットの目覚め 〜呼吸とことば〜
12.2〜12.24 やわらかな休息

2019年 
4.4〜4.20 clear mind 〜 待ちわびた新しい光〜
12.6 - 22

2020年 
4.4 - 11
月と暮らす

このページのトップへ