マヒナファーマシーでは、小さなワークショップを時々開催しています。緑をキーワードに、からだとこころに効く自然療法、そして五感から味わえてからだが元気になる食や暮らしにまつわること。おすすめしたい学びや知恵をシェアしあえるワークショップを企画したいと思います。

忙しさや制限がある暮らしのなかでも、伸びやかで、自由なこころでいることはできます。
忙しい毎日でも、からだに明るさとゆとり安定をもたらすことができます。

喜びやわくわくする好奇心を受けとる五感のアンテナが健やかで、軽やかな状態でいることは自分らしい嬉しい日々のはじまりです。

日々の暮らしをそんなこころとからだのバランスで過ごせたらなんて豊かで嬉しいことでしょう。


あらためて「植物の恵み」を暮らしのなかに自分らしいやり方でその気持ち良さを取り入れてみませんか。

緑の植物たちの放っている香りや波動、味覚で伝えてくれる成分の働きは、ぎゅっと緊張しやすいこころやネガティブに閉じやすい思考のパターンを開き肉体的にも疲れから解放してくれる魔法のエッセンスがたくさんあります。そして、内なるわたし自身と仲良くなる橋渡しをしてくれます。

自然療法は特別なことではなく、美味しいものを食べて元気になったり、かわいいものを身につけて嬉しくなったり、美容院できれいになって行動的になったり日常にやっている元気になる行為と同じように楽しめて気持ちのいいことです。ちょっとだけ特別なのは、一過性のものではなく自分の奥深いところから味わえたり、リラックスが深くなったり、本来の自分らしさを引き出して助けてくれる要素がたくさんあります。

好奇心のこころを開いて、ゼヒご参加ください。




workshop : 71

お話会「はじめましてのシュタイナー」



これまで、シュタイナーの世界観を体験できたら、と、
季節ごとにシュタイナーの季節のセレモニーを
体験する会を開催してきました。
都会で暮らしていても、宇宙や自然とのつながりを大切にその世界観と感覚を持ちながら
現実的な営みを実現したいと考える方も多いのではないでしょうか。
単に、好奇心やその世界観を味わうだけではなく、より日常に、捉え方に、生き方に。
そうして、できるだけ、からだに優しいものを取り入れて、植物のある暮らし
自分らしい生き方に意識を傾けるようになってきているように思います。
シュタイナーの思想は、大いなる宇宙と有機的なわたしたちのつながりを新鮮な視点で教えてくれています。
新しい意識に目覚め、見えないもの、曖昧なものへの微妙な情緒をさとる感受性。
きっと、これからの時代、シュタイナー的な感受性が自分らしく生きるチカラになってくれるはずです。
そして、宇宙や自然界が発しているエネルギーを理解する、新しい感性の扉を開けてくれることになるでしょう。
今年は、季節の体験と合わせて意識的にその世界を知ってみる講座をはじめます。

宇宙や自然をより近くに感じたい、暮らしに取り入れていきたい、と考えてる方
季節を身近に、自然界のサイクルや自然と人のつながりを深く知りたい方
植物と仲良くなりたい、植物療法を学んでいる方
に向けて、企画したプログラムです。
仙台で自主幼稚園を主宰する虹乃美稀子さんをお迎えして、具体的な学びや体験の前に
まずは、基本的なシュタイナーの世界観やメッセージを知っていただくお話会です。
虹乃さんのお話は、一見して難解に感じるシュタイナーの思想を
とても分かりやすく感覚に響く語りと解釈で伝えてくださいます。
はじめてのシュタイナーの会にぜひ、ご参加ください。


「シュタイナー」という人の名前は、おそらくオーガニックな暮らしや
内的な自己探求に関心を持ち始めるとどこかで一度は耳にするでしょう。
それは「バイオダイナミック農法」と呼ばれる有機農法の化粧品や食品であったり、
もしくは「シュタイナー教育」の教育現場の話であったりするかもしれません。
医療や治療教育の現場で、または「ライアー」といった楽器や「オイリュトミー」と呼ばれる
身体芸術などのアートの場で話題になることもあります。

いったい「シュタイナー」とはどんなひとだったのでしょう。
その残された多数の講演録や著作は難解で、
なかなか導きがないとひとりで読み解くのは難しいものです。
かくいう私も、まだその深遠な思想の入り口に立っています。

しかし、その深遠な思想の中には、難解であると遠くから眺めるばかりではもったいない
黄金の智慧と気づきがたくさん詰まっているようです。
私自身は、保育という仕事を通して20歳の時にシュタイナーに出会い、紆余曲折の中で
気づけばシュタイナー幼稚園を自ら開き、今年で10年目を迎えることになりました。

シュタイナー思想は、固まったイデオロギーではありません。
それはいつもクリエイティブで各人の本質的な自由が内包されています。
そして、とても、未来的です。
「はじめましてのシュタイナー」では、シュタイナーの思想に初めて触れる方のために、
その基本となる宇宙観、人間観についてお話します。
楽しみながら学びましょう。

 ちいさなひかり わたしのなかに
 ちいさなひかり あなたのなかに
 ちいさなくらし このあしもとに
 ほしのめぐりと ひびきあわせて

虹乃美稀子


ワークショップ詳細

日  時:4月4日(火)19:30~21:30
場  所:mahina pharmacy store(最寄り駅:下北沢)
参加費用:3,500円(ハーブティー付き)
持  物:筆記用具
定  員:10名さま(開催人数4名以上)
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
     開催人数に達しない場合は、休講させていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、
お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


〈6月からの連続講座のお知らせ〉

6月から学びの座学や季節のセレモニーの体験のプログラムがあります。
詳細は、あらためてお知らせしますが、こんな内容のプログラムです。
シュタイナーの思想を分かりやすく、基本を学びと体験でお伝えする講座です。

虹乃美稀子さんが保育という仕事とともに、
私生活でも支えとなってきたシュタイナーの思想について
今年は年間の座学と祝祭のワークショップを通して、
頭と身体と五感を様々に使いながらご紹介していきたいと思います。
シュタイナーの思想が難解と呼ばれることのひとつには、
本を読み頭だけで理解するのは難しいということが挙げられます。
五感を通して感覚体験の中から理解することが重要だからです。
ワークショップではそうした体験の機会を大切にしたいと考えています。
現代人は理知的な方向に偏りすぎて生命力が弱りがちですが、
現代生活の中で生命力を取り戻す具体的な方法も
シュタイナーは示唆してくれています。

第1回 6月15日(木) 座学「人間の4つの気質」
シュタイナーは人間の気質を4つに分類することにより、その人間理解を深めています。
どのタイプにはどんな食べ物が適していて、どんな楽器がフィットするのか?
自分自身をよりよく知るひとつの指標にもなります。

第2回 7月20日(木) 座学「人生の7年周期」
シュタイナーの思想では、人間の成長発達は7年周期であるという大原則があります。
そしてこの7年のリズムは子ども時代だけではなく、実は大人になっても続きます。
7年ごとの人生の隠された課題とは何でしょう。
自分の人生を振り返り、今後を見通してみましょう。

第3回 9月28日(木) 祝祭ワークショップ「ミカエル祭のセレモニー」
秋分の敷居を越えるという秋のミカエル祭は人智学の中で祝われる独自の祝祭です。
外界の日の光は弱まっていく季節ですが、
人間は逆に内的な内なる光を意識的に強めていくことができます。
それはー思考が意志を支配するーという人間としての修練にも繋がって行きます。
正義と勇気を象徴する赤いものを身につけて集まるパワフルなセレモニーです。

第4回 12月21日(木)祝祭ワークショップ「アドヴェント・セレモニー」
自然界の光が一番弱まる冬至の頃、人間は自身の中に聖なる光を再び見出そうとします。
ほのかに甘く香るミツロウのりんごろうそくを灯し、
床にしつらえた永遠のいのちの象徴であるモミの枝の渦巻きを歩くセレモニーは
一年の締めくくりと、自分自身の内的な再誕生を経験する、貴重な年に一度の体験となります。


お話くださる方

虹乃美稀子さん
spaceship 仙台ゆんた主宰、虹のこども園 園長/担任
1994年~2001年 仙台市保育士として保育所や児童相談所に勤務。
2000年 仙台ゆんた オープン。
2001年~2005年 シュタイナー幼児教育者養成コース(横浜)に学ぶ。
2006年、シュタイナ―親子クラスを開く。
2008年、シュタイナー教育を実践する「虹のこども園 」を開園。
子どもたちをありのままに、健やかに育てることが困難な現代において、
自然育児に光を見いだす母親と子どもたちのための育児サポートを行っている。
震災後、「母子週末保養プロジェクト ちいさなたびJAPAN」の活動も始める。
《ウェブサイト》http://spaceship-yunta.com


このページのトップへ






workshop : 70

「ハワイに伝わる浄化のお話」



昨年9月にお迎えしたハワイ島のMana Yuimi Koikeさんを再びお迎えして
ハワイに古来から伝わる奥深い浄化の知恵をシェアしていただく会です。
ネイティブハワイアンから教えてもらった古代ハワイに伝わる浄化の方法と
マナさんがハワイ島で実践している浄化のある暮らしは、
とても興味深いエッセンスがたくさんです。

ひとことで「浄化」というと、特別な行為のように思えますが、
ハワイの大自然のなかで生きるマナさんにとって、浄化は、毎日の日課だそうです。
呼吸をすることと同じくらいあたりまえで自然なこと。
そう、気持ちの良いこと。

朝日を浴びながら自然に向かって体を動かす。
浄化と活力を再生させる植物を毎日摂る。
森羅万象のなかで活かされることに感謝の祈り(チャント)を捧げる。

ハワイ伝統の浄化方法は、さまざま。
身体、心、魂、そして、暮らし方とあらゆる方向性を整えることができます。
ハワイのaloha(アロハ)な心、エネルギーからはじまる浄化作用は、
心身の奥深いところまで働きかけます。

植物・ティーリーフやカヴァを使った、心、魂、身体の浄化の儀式。
海でのみそぎ、海水とオレナ(うこん)を使う浄化。
愛、赦し、感謝の分かち合いホオポノポノによる浄化。
祈り〜チャント〜言霊による波動。
祝詞、麻、塩、御鈴を使った古来日本で伝わってきた祓いの方法。
断食、植物を使ったからだの浄化

大自然に包まれたハワイの植物や大地のダイナミックなエネルギーから
語り継がれる調和に導く方法。
気持ち良い気の流れ、前に進んでゆくエネルギーの道を作るのも
浄化の行為からはじまるのかもしれません。

会では、マナさんがハワイ島の暮らしのなかで実践している、
心身のチューニングに摂取している
ハワイの植物・オレナ(うこん)、ジンジャー、ノニを味わってみたり、
フラや舞の動きを使ってからだにエネルギーを取り込む動きを体験してゆきます。

ハワイ島の原始的なエネルギーに触れて内側の活力が蘇る体験になりそうです。
新しいめぐりが立ち上がる春に、心身をクリアにして整える助けになる機会になりそうです。
とても楽しみですね。


ワークショップ詳細

日  時:4月2日(日)14:00~16:00
場  所:mahina pharmacy store(最寄り駅:下北沢)
参加費用:3,500円(ハワイアンハーバルティとマナさん特製のロウビーガンスイーツ付き)


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、
お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


お話くださる方



Mana Yuimi Koikeさん
2009年よりハワイ島在住。舞踊家(舞、フラ)、ヨガ、気功講師、
野草クラフター(ハワイの土地で育つもの、うけとれるものを使ってスキン、フードをつくる)。
3歳の頃から、クラシックバレエ、日本舞踊を学ぶ、 幼少からのアトピー体質の改善のために、
15歳よりヨガと気功、玄米菜食をはじめる。 18歳のときに断食で体質、
心の生まれ変わりを体験する。
その後、ハワイで3年のロウビーガンを経て、自然に近く生きていくことを実践中。
ハワイの古典フラ、日本の古神道、神道の舞~を学び、 気功、ヨガ、
舞が日々の生活のはじまりにあり、自然界と調和する(和)ライフスタイル。
ハワイと日本で、日本の古神道の歌と舞を分かち合うことをライフワークとしている。
ハワイのリトリートでは、 ターラの舞、カタカムナの舞、アマスワの舞、
気功、ヨガ、デトックスコーチをしている。


このページのトップへ






workshop : 69

ハワイの創世神話『クムリポ』朗読会
クムリポの言霊 ー 音で感じる神話の世界 -



前回の感動を今一度体験したいという声を受けて、2回目となるハワイが生まれた神話
「クムリポ」の朗読会を開催します。
2000行からなるこの壮大な物語は、宇宙の光と闇からはじまり、
海底から生命の息吹が立ち上がる描写が瑞々しく描かれていています。
一行一行、命が生まれる描写を言霊で聞くたびに、からだの細胞が喜びに包まれてきます。
今回も、アラスカや世界の神話に精通し翻訳もされている、
あ。わ。の月でおなじみの赤阪友昭さんがハワイの神話の原書から
日本語に翻訳したものを特別にシェアしてくださる朗読会です。
そして、ハワイ島からMana Yuimi Koikeさんに、
クムリポのチャントとフラも披露していただきます。
ハワイ語のクムリポのチャントをみなさんもご一緒に詠唱して、
音霊の響きをぜひからだで感じてみてください。
クムリポを知ることで、宇宙のはじまりや自然界とわたしたちの大いなるつながりを
あらためて深く感じることができるように思います。

もともと神話は、独りの語り部の物語る言葉からはじまった。
文字はなく、あるのは言葉として発せられる音が作り出す空間のみ。
音はその空間に共存する人々の意識と共鳴して、あるエネルギーを創り出す。
それは「親和力」とでも言えばいいのだろうか。
神話の言葉と人々の現実の世界が交差する場所では、
ある種のエネルギー変化が起こり、
それは身体感覚を通して現実世界へも影響を与える。

古代の智慧の伝承であるクムリポを歌おう。
その音霊は、古えより繋がる魂の響きそのもの。
私たちの身体は、その響きを頼りに彼らの世界へと深く潜ってゆく。
深く蒼い海底を彷徨うように、神話の言葉の中へ。
いま、旅をはじめよう。

赤阪友昭


ワークショップ詳細

日  時:3月26日(日)17:00~19:00
場  所:mahina pharmacy store(最寄り駅:下北沢)
参加費用:2,500円(ドリンク付き)


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、
お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


お話くださる方

赤阪友昭(写真家) 1963年大阪生まれ。写真家。雑誌『Switch』や『Coyote』などに写真・文章を寄稿。
北米海岸の先住民族と過ごした時間を一冊にまとめた
写真集『The Myth -神話の風景から-』がある。
現在は、山に残された原初の信仰、縄文文化や祭祀儀礼を取材。
また、福島県立博物館のプロジェクトに関わり、南相馬を拠点に被災地の撮影を続けている。
http://www.akasakatomoaki.net

「あ。わ。の月」プロジェクト
月をキーワードとして、森羅万象の世界へ足を踏み入れようというプロジェクトです。
「あ」は「はじまり」、「わ」は「おわり」のこと。
「月」を知ることは命の「はじまり」と「おわり」と「はじまり」を知ることです。
https://www.facebook.com/awanotsuki/

Mana Yuimi Koikeさん
2009年よりハワイ島在住。舞踊家(舞、フラ)、ヨガ、気功講師、
野草クラフター(ハワイの土地で育つもの、うけとれるものを使ってスキン、フードをつくる)。
3歳の頃から、クラシックバレエ、日本舞踊を学ぶ、 幼少からのアトピー体質の改善のために、
15歳よりヨガと気功、玄米菜食をはじめる。 18歳のときに断食で体質、
心の生まれ変わりを体験する。
その後、ハワイで3年のロウビーガンを経て、自然に近く生きていくことを実践中。
ハワイの古典フラ、日本の古神道、神道の舞~を学び、 気功、ヨガ、
舞が日々の生活のはじまりにあり、自然界と調和する(和)ライフスタイル。
ハワイと日本で、日本の古神道の歌と舞を分かち合うことをライフワークとしている。
ハワイのリトリートでは、 ターラの舞、カタカムナの舞、アマスワの舞、
気功、ヨガ、デトックスコーチをしている。


このページのトップへ






workshop : 68

「植物の魔女・空民の 藍の水光栽培WS」



自然界が芽吹く季節になりました。
植物の季節になると、仙台の魔女・空民が植物で
毎日をワクワクさせるメッセージを届けに来てくれます。
東北の震災を体験して、日常的に活かせる工夫とアイディアがつまった
空民スタイルの植物と仲良くなるワークショップです。

去年は、藍を食すWSを開催して大変反響がありました。
いよいよ藍の時代の始まりです。
藍は、染色でよく使われている美しいあのインディゴブルーです。
そして、宇宙の色。
古代エジプトでも染色に使われていたり解毒のために用いられていました。
日本でも古くは解毒や浄化のために葉や茎を乾燥させたものを
お茶にして飲んだりしていたそうです。
抗酸化作用、免疫調整作用、抗菌作用など、有効成分が多く、
からだへの浄化力の高い藍は、スーパーフードとしても期待されているようです。
藍は染色に使うだけでなく古代の人たちもしていたように、食べて、お茶にして
日々の心身の浄化に気軽に親しんでゆきたい植物です。

藍の魅力が高鳴ったところで、
今回は、ご自分で藍を育てることができる方法を学ぶ会です。
畑がなかったり、土栽培で育てられない環境の方も
省スペースでも沢山増やして育てることができる
水光栽培の方法を学びます。
都会で植物を育てたい方に、画期的な方法です。
市販のキットも沢山ありますが、身近な材料で育てる事が可能です。
水光栽培は、植物によっても育て方がいろいろ違います。
今回は、藍の種の蒔き方と育て方がメインになります。
自宅ですぐにはじめられる種まきセットが付いています。
東北では8〜9ヶ月位水光栽培で育てられますが、
暖かいところでは二回種まきができて一年中育てることも可能な植物です。
食べる為に少し育てられたら、次は染める為に増やしてみてください。
ほんのわずかなスペースでも元気に育つそうです。
自信が持てたら、土耕栽培、畑を見つけて
ナチュラルな環境でチャレンジしてみてください。
空民は、震災の時、放射能汚染で畑や庭の野菜が食べられなくなった時に、
水光栽培の野菜たちに助けられたそうです。
自然と距離のある生活環境や災害などの出来事が起こる時代です。
現実的な方法を柔軟に体験しながら、植物との新しいコミュニケーションを知ることは
新しい生きる知恵につながるとても素敵なことです。
植物が好きな方、藍に興味がある方、浄化が必要な方、ぜひご参加ください。
空民の自由な発想で植物とつながる感覚をたくさん感じて、
ワクワクの種をみつけてください。




ワークショップ詳細

日  時:2017年3月25日(土)
     朝のクラス 11:00〜13:00
     昼のクラス 14:00〜16:00
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:7,500円
持  物:筆記用具
おみやげ:藍の種まきセット
定  員:各クラス8名さま(開催人数4名以上)
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
     開催人数に達しない場合は休講とさせていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
お申込みの際に、参加者のお名前、人数、住所、お電話、メールアドレス、
参加希望のきっかけやご質問などがありましたら事前にお伝えください。


教えてくださる方

及川久実さん(仙台在住・クラフト作家)
水光栽培、芳香蒸留水、クラフトなど「いまを愉しむWS」を開催。
著書に『及川久美のドールハウス』『はじめてのミニチュアクラフト』など。


このページのトップへ



workshop:67 感覚にめざめるからだとこころのためのヨガ「操・みさおヨガ」



わたしたちのからだは、ちゃんと知っているのです。

「操・みさおヨガ」は、からだがすでに知っていることを、ゆったり、やわらかく解きほぐし、
みちびき、めざめさせるヨガです。

「ヨガ」と聞いてイメージするようなアクロバティックで難しいポーズは一切ありませんが、
不思議とからだの感覚がキラキラと目覚めてゆきます。
ご自分のからだの感覚に向き合う、厳かで、静かに、優しく、凛ととしたあたたかなひと時です。
感覚に目覚めはじめると、無意識に自分がとらわれていたことや
古い観念のようなものが少しずつ外れて、シンプルで軽やかなこころとからだに変化してゆきます。
無意識のとらわれから解放されてゆくと、本来の自分に戻りほっこりと大らかなこころで
ご自分を信頼してゆくことができます。
日々の暮らしの中で、季節のめぐりの中で、パターン化された思いぐせから
からだとこころがゆらぎやすい毎日を過ごしています。
セルフケアとしてご自分の中心に戻る場所として、ご自分のタイミングでご参加してください。
ヨガを始める前に、ポイントとなる臓器やチャクラにオイルを塗って
からだとエネルギーがスムーズに循環していくようにしてヨガに入ります。
季節によってからだや精神のゆらぎがありますので、
毎月、季節に合わせたからだとこころのバランスを調整していくようなプログラムです。
ヨガやからだを動かすことが苦手な方でも安心して受けて頂けるようなゆるやかなヨガです。
また、女性特有の病気、妊娠にむけてのからだ作り、
出産後のからだを健やかに戻したい方に特におすすめです。

教えてくださる桜内操先生は、ヨガ歴30年以上のお母さん先生です。
カルチャーセンターで女性ヨガを10年担当された後、
産院で不妊治療中の方の体質改善ヨガやマタニティーヨガのクラスを受け持たれ、
現在は、不妊や女性特有のからだの悩みに応じて、
日々の暮らしのなかで使えるヨガ教室を行われています。
震災後から、福島のお母さんたちと子供さんを対象にした
保養プログラム「ちいさなたび」で、
お母さんたちのからだ立て直しのヨガクラスを担当。
太陽のようにきらきらした笑顔とユーモアと笑いを交えながら、
ひとりひとりに丁寧に向き合って教えて下さるみさお先生のクラスは人気です。
いつも好奇心と自身と対話する学びを積極的にもたれて、
あらゆる自然療法などから得た体験や知恵をヨガを通して
わたし達に惜しげもなくシェアして下さいます。
毎回6名限定の小さなクラスで開催します。


ワークショップ詳細

★春「春の目覚め、からだを知って、自分で整える。」
春のからだは、冬の時期に内側に光を抱え込んだままの固いからだを、
やわらかい新芽が芽吹くように、優しく扱いながらゆったりと骨盤から開いていきます。
冬に使いすぎた肝臓、腎臓のバランスを取り活性化させてゆきます。
停滞した流れを動かし軽やかな循環を作ってゆきます。
からだを調整することで、春の移ろいやすい情緒も安定してゆきます。

日  時:3月14日(火)13:30~16:00
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:4,000円(税込価格・ヨガ時に使用するオイル代、お茶)
持  物:お水、五本指靴下、敷物
定  員:6名さま
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。

このクラスは、母子保養プログラムちいさなたびを応援しています。
参加費用の中から一部寄付させていただきます。
毎年、仙台で行われる週末保養プログラムに使われます。
ちいさなたびの活動はこちら http://www.chiitabi.com


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


このページのトップへ






workshop : 66

「太陽の光をチカラに、花のように生きる
 ~フラワーカード・リーディング入門」



空を見上げれば、私たちの頭上には、月があり、太陽があり、星が あります。

月が人間の無意識や感情に深くつながっているとすれば、
太陽は人間の意識や意志、行動力、能動的な力に関わっています。
植物は太陽の光を受け取ってエネルギーに変える「光合成」というはたらきをして成長し、
植物そのものの個性を発揮してゆきます。
その個性は、地上に生きるわたしたちの内的な心や感情、未知なる
魂の歩みに働きかける素晴らしいチカラを持っています。

これまで、月の時間に、月のサイクルに合わせて深い内的な変容を体験する会を開催してきました。
今回、太陽の時間に、内的な面へ働きかけながら現実の意識や行動を後押しする昼間のクラスを企画しました。
自分のなかの現実的な意識や行動力にフォーカスしてゆきます。
軽やかで美しい花のカードを使って、自分と向き合う一助にする方法を学びながら、
実際にエッセンスを飲んで実体験を重ねて日常生活に生かしてゆくクラスです。

「花と光」

バッチのエッセンスのほとんどすべての花は、太陽の光と呼応しています 。
そして、太陽の光のエネルギーを充分に受けて満開に咲いた花を使って作られます。
花は植物の生殖器官です。
そう、わたしたちの中の女性性を象徴しています。

わたしたちの根底には、女性的、受容的な性質と
男性的、行動的な性質の両方があります。
男性性が意志の力で物事を具現化する力を表現し
女性性は、受容し豊かに実りをもたらす力を表します。
ちょうど花が宇宙からエネルギーや情報を受け取って
地上のわたしたちに働きかけるように。
わたしたち女性は、五感、感受性で受け取って、
受容力、包容力で 現実にしっかりとつながり
この世界を豊かにする存在です。

このワークショップでは、ツールとして、
フラワーエッセンスと花のカードを使います。
フラワーエッセンスで自分自身とつながり、
自分らしく今を生きる 体験を重ねると同時に、
フラワーカードで花が色や形を通して表している
メッセージを受け取る感受性と理解力を育てていきます。
花のカードを通じてフラワーエッセンスを気軽に選ぶやり方も学んで体験してゆきます。

花の持つ能動的なエネルギー。
それは、自分らしい思いや感覚を現 実に表現してゆくことであり、
女性が内側にすでに備わっている、物事を柔軟に受け入れ、見極め、
育むことによって調和に導く生きるチカラ。
花の語りかけを実際に体験し、理解を深めていくことで内なる女性性を高め
今のご自身の歩みをさらに一歩進めるためのプログラムです。
2017年、フラワーエッセンスを楽しく体験しながら、
ご自身の魂をより前向きに起動させるチューニングの機会として
ぜひご参加ください。



講座では、バッチフラワー・ オラクルカードをメインに使っていきます。
色鮮やかでバッチフラワーのポジティブな面を童話の世界のような
分かりやすいタッチで表してくれています。
カードを使うことで花のスピリットを呼び覚まし、
直感で今のご自分にふさわしいエッセンスを選ぶのに最適なツールです。
カードを紐解きながら、花がもたらすメッセージを
受け取るひと時はヒーリングパワーに溢れてます。

●こんな方におすすめです

・自分の魅力を自然な形で表現したい方
・夢を形にする意志や行動力に花の力を生かしたい方
・自分を大切にしながら、皆にとっても良いことを見つけたい方
・静かに待つ、見守って受け取る、客観性と冷静さを育てたい方
・花や植物のメッセージに興味が ある方
・花のチカラをもっと知りたい方
・植物や花が大好きな方
・月や太陽のチカラを自分に生かしたい方
・太陽とのつながりを強く感じる方
・自分の女性らしさをもっと大切にしたい方
・フラワーカードでフラワーエッセンスを選びたい方
・自分のために何をしたらよいのかわからない方


ワークショップ詳細

日  程:全4回 第一回目・3月13日(月)、第二回目・4月13日(木)
     第三回目・5月15日(月)、第四回目・6月16日(金)
時  間:13時30分~15時30分
場  所:mahina pharmacy store
参加費用:参加費用:各会5,400円(税込価格・テキスト、お茶+おやつ)
     基本的に4回の連続クラスになっております。全クラス参加をお願いいたします。
     お支払は、4回分一括でお支払下さる場合は1,600円値引きさせていただき20,000円となります。
     各回ごとに分割でお支払いされたい場合は1回5,400円となります。
おみやげ:お作りになったフラワーエッセンス
持  物:筆記用具、フラワーオラクルカード※
     ※ すでにお持ちの方はご持参ください。ストアでもご購入いただけます。
     お申し込みの際、詳細をお伝えいたします。
定  員:8名 *定員になり次第締め切らせていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
*各回ごとに分割でお支払いされたい場合は、その旨ご連絡ください。


お話しくださる方

谷口みよ子さん
東京生まれ。双子座。
外資系銀行、私立美術館勤務を経て、より自分らしい生き方を模索するなかで、
1997年、フラワーエッセンスに出会う。
以降フラワーエッセンスを役立てて学ぶ過程で、
植物が象徴する自然界のことや、植物、
人間を含む全てにつながりがあることを実感するようになる。 2000年、英国バッチのヒーリングハーブス・プラクティショナー・コース(講師:故ホワード・七歩子氏)、
米国FESインテンシブ・コース(講師:R.キャッツ氏と P.カミンスキ氏)を修了。
スペースハナを主宰し、講座の主催、編集、翻訳、個人セッションなど、
フラワーエッセンスの仕事に広く携わる。現在は講師、翻訳者、プラクティショナーとして活動している。

マヒナファーマシーで「わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ」や
実用基礎/実践活用クラス、季節のワークショップ、フラワーカード・リーディングを担当。
訳書に『エドワード・バッチ著作集』(ジュリアン・バーナード編、BABジャパン、2008年)、
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』
(ジュリアン・バーナード著、英国フラワーレメディー・プログラム、2013年がある。

スペースハナ http://www.spacehana.info/
フラワーエッセンスの魅力|スペー スハナ BLOG http://spacehana.blog.fc2.com/
フラワーエッセンスの魅力・FB https://www.facebook.com/FlowerEssence.appeal/


このページのトップへ



workshop:66 感覚にめざめるからだとこころのためのヨガ「操・みさおヨガ」



わたしたちのからだは、ちゃんと知っているのです。

「操・みさおヨガ」は、からだがすでに知っていることを、ゆったり、やわらかく解きほぐし、
みちびき、めざめさせるヨガです。

「ヨガ」と聞いてイメージするようなアクロバティックで難しいポーズは一切ありませんが、
不思議とからだの感覚がキラキラと目覚めてゆきます。
ご自分のからだの感覚に向き合う、厳かで、静かに、優しく、凛ととしたあたたかなひと時です。
感覚に目覚めはじめると、無意識に自分がとらわれていたことや
古い観念のようなものが少しずつ外れて、シンプルで軽やかなこころとからだに変化してゆきます。
無意識のとらわれから解放されてゆくと、本来の自分に戻りほっこりと大らかなこころで
ご自分を信頼してゆくことができます。
日々の暮らしの中で、季節のめぐりの中で、パターン化された思いぐせから
からだとこころがゆらぎやすい毎日を過ごしています。
セルフケアとしてご自分の中心に戻る場所として、ご自分のタイミングでご参加してください。
ヨガを始める前に、ポイントとなる臓器やチャクラにオイルを塗って
からだとエネルギーがスムーズに循環していくようにしてヨガに入ります。
季節によってからだや精神のゆらぎがありますので、
毎月、季節に合わせたからだとこころのバランスを調整していくようなプログラムです。
ヨガやからだを動かすことが苦手な方でも安心して受けて頂けるようなゆるやかなヨガです。
また、女性特有の病気、妊娠にむけてのからだ作り、
出産後のからだを健やかに戻したい方に特におすすめです。

教えてくださる桜内操先生は、ヨガ歴30年以上のお母さん先生です。
カルチャーセンターで女性ヨガを10年担当された後、
産院で不妊治療中の方の体質改善ヨガやマタニティーヨガのクラスを受け持たれ、
現在は、不妊や女性特有のからだの悩みに応じて、
日々の暮らしのなかで使えるヨガ教室を行われています。
震災後から、福島のお母さんたちと子供さんを対象にした
保養プログラム「ちいさなたび」で、
お母さんたちのからだ立て直しのヨガクラスを担当。
太陽のようにきらきらした笑顔とユーモアと笑いを交えながら、
ひとりひとりに丁寧に向き合って教えて下さるみさお先生のクラスは人気です。
いつも好奇心と自身と対話する学びを積極的にもたれて、
あらゆる自然療法などから得た体験や知恵をヨガを通して
わたし達に惜しげもなくシェアして下さいます。
毎回6名限定の小さなクラスで開催します。


ワークショップ詳細

★冬 2月「呼吸を深く、光のからだになる」
冬のからだは、骨盤がスムーズに閉じて体に冷えを抱え込まないように、
骨盤、肩 胛骨を調整して、新しい年を迎えて心が軽やかに立ち上がるよう
呼吸を深く降ろしてゆきます

日  時:2月13日(月)13:30~16:00
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:4,000円(税込価格・ヨガ時に使用するオイル代、お茶)
持  物:お水、五本指靴下、敷物
定  員:6名さま
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。

このクラスは、母子保養プログラムちいさなたびを応援しています。
参加費用の中から一部寄付させていただきます。
毎年、仙台で行われる週末保養プログラムに使われます。
ちいさなたびの活動はこちら http://www.chiitabi.com


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


このページのトップへ






workshop : 65

美しい魔法でスキンケアづくり
オレンジの花の魔法で目覚める春
「ビターオレンジの花・ネロリ」



太陽の光溢れるなか、新しい年を迎えましたね。
まだまだ冬の厳しい寒さの真っ最中なので、昨年の疲れや滞りがうまく抜けきれず
心身は冷えにさらされて潤いと活力を失っている状態です。
でも、自然界は冬至を越して日々確実に春の光に向けて動き出しています。

年々、季節を問わず活動の立ち上がりが早まり、気ぜわしい動きをされている方も多いことでしょう。
まだ体が季節を感じとる前の鎮まっている時期でも、
心身を明るく調節して気持ちよく健やかな日々過ごしたいものです。
心身が今のように鎮まっている、緊張している、疲労や停滞感を感じている時こそ
植物の働きがとても前向きな元気を与えてくれます。
こうした季節こそ、植物を味方にしていきましょう。

マヒナマガジンのセルフケアページで、植物のチカラでお肌の美しさを引き出す連載でもおなじみの
植物療法士の塩見麻衣美さんの人気のスキンケアワークショップです。
今回は、大人の女性にぴったりなビターなオレンジの香りを放つ
「ネロリ」をナビゲートハーブにしたワークです。
ビターオレンジの花は、冬の寒さで乾燥し活力を失ったお肌を蘇させるチカラがありながら、
同時に鎮まっているからだを目覚めさせるようにチャクラを整えるアプローチをしてゆきます。
お肌を整える感性が立ち上がると心も明るく目覚めてゆきます。
立ち上がりの春に向けて、冬眠していた五感を目覚めさせながら
あなただけの気持ち良いアイテムづくりをしてこれからに向けて整えてゆくワークです。
ぜひ、ご一緒しましょうっ!


2月・・・まだまだ寒さの中にある早春です。
でも植物たちはそろそろ目覚めの準備に入ります。
春の足音はまだ目には見えませんが、2月の節分を経た後には、
新たな氣運と新たな大地のエネルギーが植物たちをはじめ自然界すべてに注ぎ込まれます。
草花たちは開花や芽吹きに向けて根の活動をはじめます。
わたしたちの心とお肌も自然界のかすかな動きに
呼び覚まされるように無意識に春を感じはじめる時です。
温もりを大切にしながら、目覚めの準備をいたしましょう。
今回のワークは、新月に向けて感覚の研ぎ澄まされていく時に行ないます。
寒さの中にある“ かすかな春の息吹 ” を感じ取るために。

この春のナビゲートハーブは、ひと足早い「ビターオレンジの花・ネロリ」。
ビターオレンジの花は春の終わりから咲きはじ、
その白いお花は光りの喜びに溢れた春のエネルギーに満ちています。
今回はそんな春の喜びをひと足先にいただきながらワークしていきます。
精油では「ネロリ」と呼ばれ、甘すぎず成熟した
大人の女性を感じさせるアロマとして愛されています。
その働きは素晴らしく、冬の寒さで硬くなったお肌に
活性を与え弾力やハリをもたらすとともに
穏やかな収れん作用が春肌をやさしくデトックスへと導きます。
さらに「ネロリ」は第8チャクラ(頭頂チャクラのさらに上のチャクラ)に通じ
肉体と心を宇宙と調和させるよう導くと言われています。
それは自然界ではじまる春の訪れにゆっくりと波長を合わせられるようにチャクラ全体を整え
寄り添うように春の目覚めを誘います。

また、ビターオレンジの花の白さは“純潔さ”を象徴すると伝えられ、
古くから花嫁の花飾りにも使われてきました。
新しく迎える光りの季節のはじまりだからこそ、
その純粋で無垢な気持ちに共鳴するこの白いお花に
本来の自分らしさ”を導いてもらいましょう。
周りとともにある“純粋なわたし”が、
これからはじまる新しい何か・・・を、より自分らしくカタチ作っていくために。
太陽に親和性のある「ビターオレンジの花」の魔法は、
自然界のリズムに呼応するように促しやさしく目覚めを導き
内面の鏡であるお肌をより健やかにより美しく整えてくれます。

この春からの新しい自分をますます輝かせる、心とお肌に響くスキンケアワークです。
ご一緒できる皆さま、お会いできますこと心より楽しみにしております。

塩見麻衣美


ワークショップ詳細

日  時:2月22日(水)
     昼の会 13:30~16:00
     夜の会 19:30~22:00 満員御礼
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:6,500円(材料全て込み・ハーブティー付き)
おみやげ:お作りになったオイル in ローション 約95ml
     1本で肌ケアが完結する全身用スキンケアとなります。
     内容:植物オイル・アメジスト水・ひかりのエッセンス・フラワーレメディ・
     精油・ハーブティンクチャ―等が入ります。
定  員:8名さま(開催人数4名以上) 
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
     開催人数に達しない場合は休講とさせていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
ハーブ、精油、フラワーエッセンスなどを使われたことがあるか。
そして、肌に関するお悩みやご質問がありましたら
当日出来るだけお答えいたしますのでご記入ください。


お話しくださる方

塩見麻衣美さん
太陽星座 おうし座・月星座 ふたご座
東京都生れ O型

広告代理店にて販促企画、大手メーカーにて商品開発・商業施設開発に従事。
多忙な日々のなか、自らの不調をきっかけにフラワーエッセンスに出会う。
さらにハーブやアロマテラピーなど自然界の様々な癒しのチカラに助けられ、学びを深めていった。

2006年 ニールズヤードレメディーズ フラワーエッセンス アドバンストコース修了。
2006~2007年 国際植物療法協会(現在 自然療法機構)にて植物療法士1級取得。
2008~2010年 カリス成城 初台店に勤務。販売及び店内ミニワーク講師に従事。
2011年~ カルチャースクールなどでハーブやアロマの講師を務める。
2013年 自然療法機構にて自然療法士取得。 同機構にて講師会員として所属。

現在は、響探求会、マヒナファーマシーストアなどをはじめ様々なかたちで講師をさせていただいている他、
“月とハーブとこころとお肌” をテーマに自宅ワークルームにて五感でつくる
ハーバルスキンケア “ヒーリングスキンケア” のワークショップを毎月開催。
マヒナファーマシ―Webマガジンのセラピストリレーでは
「月とハーブのヒーリングビューティ」をテーマに寄稿させていただいている。
ライフワークは“月とハーブと心と体” について独自に探求すること。


このページのトップへ






workshop : 64

わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ vol.5
2017年2月スタート

宇宙の時間軸を月と共に生きるフラワーエッセンス



2017年めざめの春に向けて2月からスタートする
月のサイクル「新月、上弦の月、満月、下弦の月」に合わせて
フラワーエッセンスを学び、体験してゆくクラスです。
2年目となるこのクラスは、今年も2月と9月に開催し今回で5回目になります。

はじまりの春と満ちてゆく秋に行われるクラスは、どちらも参加者一人ひとりに起こる
変容の流れを分かち合いながら進む、とても充実した会になりました。
月は、一番身近な自然界の動きを表現し、わたしたち女性のからだのリズムと同調しています。
その月の歩みに合わせて、自分の内側にひそむ本来の自分を探し、つながってゆく
小さな旅を毎月体験してゆくようなプログラムです。
本来のわたしと出会い、自分らしい歩みに向かう大きなサポートになる体験となるでしょう。
同時に、植物の微細な働きかけをリアルに感じることができ、
フラワーエッセンスの本質に触れる学びにもなります。

この WS では、宇宙の一部である「わたし」が、
自然の営みや宇宙のリズムと調和的に生きてゆくことに焦点を当て、
月のサイクル ( 新月―上弦の月―満月 ―下弦の月 ) に沿った日程で4回の連続クラスとして行います。
月のサイクルに視点を持つことで、自然界から発するエネルギーやメッセージを現実に受け取りながら
自分の内側に深く入り、あらたな調和をもたらすツールとしてフラワーエッセンスを使っていきます。
日常に具体的に役立てられる方法をグループでシェアしていく予定です。

植物は、宇宙が生み出すリズムやカタチを示す存在です。
植物からなるフラワーエッセンスは、宇宙とわたしたちをつなぐ知恵とチカラになり、
わたしたちの心や感情に深く調和の作用をもたらす、
力強いハーモナイザー(調整役)になってくれるでしょう。
すべての健やかさは、自らが自分自身とつながり調和していることからはじまり、
それが、宇宙や自然界との調和につながってゆくことだと思います。
そして、その調和が変容を受け入れる勇気になっていくのだと思います。

月に時間軸を合わせ、感情や心の奥に入ってゆくプロセスはとてもパワフルで
現実に深い学びをもたらすこともたくさん出てくるかもしれません。
ご自分と対話してゆくことは勇気を必要とすることも多いものですが、
このプログラムはご自身で、心の奥に暗く潜む静寂の扉を開き
大きな光と新しい風をもたらす特別な体験になってゆくでしょう。
そうして、今をわたしらしく軽やかに生きてゆく知恵を育んでゆく会になることを願っています。

冬至を終えてゆっくりと夏至に向かう「活動」のサイクルに、
とても意味のあるプログラムになることと思います。
新しい一年のはじまりに、静かにご自分とつながり整えることで
活動的な光の季節に向けて内側から起動する自分らしいエネルギーが開いてゆくことでしょう。
ご自分の新しい年の歩みを大切に過ごすために、ぜひお役立てください。

フラワーエッセンスはいつでもどこでも安全に使えるセルフ・ヘルプのツールの一つ。
本来の自分のバランスを取り戻すサポートとして、調和した植物の生きる力のパターンを持つ、
バッチのフラワーエッセンスを役立てていきます。

*バッチのフラワーエッセンス(フラワーレメディー)は80 年前に
 イギリス人医師バッチ博士が完成させて以来、世界の主な国々で愛用されています。


先日2016年の「月の4回クラス」が終わりました。
今回も「変わりたい。そのための行動を起こしたい」と
心から願う皆さんとともに体験して学ぶ、
かけがえのない時間でした。

月のサイクルをベースに
フラワーエッセンス体験を深めるこの連続クラスで、

2017年は月の満ち欠けを意識しながら
月の影響の下にある自然界の植物と人間という視点でも
フラワーエッセンスをとらえていきたいと思います。

次回のクラスでも、
自分らしく生きることを本気で願う
ご縁のある方々と
変化・変容のプロセスをご一緒させて
いただけることを楽しみにしています。

谷口 みよ子 *mi-tan


ワークショップ詳細 9月スタート(秋分~冬至)


ワークショップ詳細 2017年2月スタート (新年~春分)

開催日時:*第1回 2017年2月26日(日) 《新月》 18:00~20:00 *時間変更あり
     〈こころのケア〉感情との調和(1)
     ・38種の「12-7-19」の分類と19種のフラワーエッセンスについて(1)
     ・フラワーエッセンスの基本情報と自分のためのエッセンスを選ぶアプローチ

     *第2回 3月5日(日) 《上弦の月》 18:00~20:00 *時間変更あり
     〈からだのケア〉感情との調和(2)
     ・19種のフラワーエッセンスについて(2)
     ・日々の感情と向き合う時のポイント

     *第3回 4月11日(火) 《満月》 19:30~21:30
     〈オーラ・エーテル体のケア〉わたしの思いグセを知る
     ・後天的な気質と先天的なタイプ
     ・後天的な 7 つの気質に対応するフラワーエッセンス
     ・パターン化した言動とは?

     *第4回 5月19日(金) 《下弦の月》 19:30~21:30
     〈共鳴を生かす〉生まれ持った気質を探る
     ・12 の生まれ持った気質 (タイプ) について
     ・12 のキーワード

      *内容は場合によって、変更することがあります。


場  所:mahina pharmacy store
参加費用:参加費用:各会5,400円(税込価格・テキスト、お茶+おやつ)
     基本的に4回の連続クラスになっております。全クラス参加をお願いいたします。
     お支払は、4回分一括でお支払下さる場合は1,600円値引きさせていただき20,000円となります。
     各回ごとに分割でお支払いされたい場合は1回5,400円となります。
おみやげ:お作りになったフラワーエッセンス
持  物:筆記用具、ハンドタオル
定  員:各クラス先着7名


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
*各回ごとに分割でお支払いされたい場合は、その旨ご連絡ください。


教えてくださる方

谷口みよ子さん
東京生まれ。双子座。
外資系銀行、私立美術館勤務を経て、より自分らしい生き方を模索するなかで、1997年、フラワーエッセンスに出会う。以降フラワーエッセンスを役立てて学ぶ過程で、植物が象徴する自然界のことや、植物、人間を含む全てにつながりがあることを実感するようになる。

2000年、英国バッチのヒーリングハーブス・プラクティショナー・コース(講師:故ホワード・七歩子氏)、米国FESインテンシブ・コース(講師:R.キャッツ氏と P.カミンスキ氏)を修了。スペースハナを主宰し、講座の主催、編集、翻訳、個人セッションなど、フラワーエッセンスの仕事に広く携わる。現在は講師、翻訳者、プラクティショナーとして活動している。

マヒナファーマシーで「わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ」や実用基礎/実践活用クラス、季節のワークショップ、フラワーカード・リーディングを担当。訳書に『エドワード・バッチ著作集』(ジュリアン・バーナード編、BABジャパン、2008年)、『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』(ジュリアン・バーナード著、英国フラワーレメディー・プログラム、2013年がある。

HP スペースハナ
Blog フラワーエッセンスの魅力|スペースハナ
Facebook 「フラワーエッセンスの魅力


このページのトップへ



workshop:63 感覚にめざめるからだとこころのためのヨガ「操・みさおヨガ」



わたしたちのからだは、ちゃんと知っているのです。

「操・みさおヨガ」は、からだがすでに知っていることを、ゆったり、やわらかく解きほぐし、
みちびき、めざめさせるヨガです。

「ヨガ」と聞いてイメージするようなアクロバティックで難しいポーズは一切ありませんが、
不思議とからだの感覚がキラキラと目覚めてゆきます。
ご自分のからだの感覚に向き合う、厳かで、静かに、優しく、凛ととしたあたたかなひと時です。
感覚に目覚めはじめると、無意識に自分がとらわれていたことや
古い観念のようなものが少しずつ外れて、シンプルで軽やかなこころとからだに変化してゆきます。
無意識のとらわれから解放されてゆくと、本来の自分に戻りほっこりと大らかなこころで
ご自分を信頼してゆくことができます。
日々の暮らしの中で、季節のめぐりの中で、パターン化された思いぐせから
からだとこころがゆらぎやすい毎日を過ごしています。
セルフケアとしてご自分の中心に戻る場所として、ご自分のタイミングでご参加してください。
ヨガを始める前に、ポイントとなる臓器やチャクラにオイルを塗って
からだとエネルギーがスムーズに循環していくようにしてヨガに入ります。
季節によってからだや精神のゆらぎがありますので、
毎月、季節に合わせたからだとこころのバランスを調整していくようなプログラムです。
ヨガやからだを動かすことが苦手な方でも安心して受けて頂けるようなゆるやかなヨガです。
また、女性特有の病気、妊娠にむけてのからだ作り、
出産後のからだを健やかに戻したい方に特におすすめです。

教えてくださる桜内操先生は、ヨガ歴30年以上のお母さん先生です。
カルチャーセンターで女性ヨガを10年担当された後、
産院で不妊治療中の方の体質改善ヨガやマタニティーヨガのクラスを受け持たれ、
現在は、不妊や女性特有のからだの悩みに応じて、
日々の暮らしのなかで使えるヨガ教室を行われています。
震災後から、福島のお母さんたちと子供さんを対象にした
保養プログラム「ちいさなたび」で、
お母さんたちのからだ立て直しのヨガクラスを担当。
太陽のようにきらきらした笑顔とユーモアと笑いを交えながら、
ひとりひとりに丁寧に向き合って教えて下さるみさお先生のクラスは人気です。
いつも好奇心と自身と対話する学びを積極的にもたれて、
あらゆる自然療法などから得た体験や知恵をヨガを通して
わたし達に惜しげもなくシェアして下さいます。
毎回6名限定の小さなクラスで開催します。


ワークショップ詳細

★冬・1月「新しいめぐりのからだへ」
昨年の過度に疲労したからだを冷えを取り、血流とリンパの流れを良くすることで
新しいめぐりのからだにチューニングしていきます。
骨盤、肩甲骨を調整して、新しい年を迎えて心が軽やかに立ち上がれるように
呼吸を深く降ろしてゆきます。

日  時:1月16日(月)13:30~15:30
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:4,000円(税込価格・ヨガ時に使用するオイル代、お茶)
持  物:お水、五本指靴下、敷物
定  員:6名さま
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。

このクラスは、母子保養プログラムちいさなたびを応援しています。
参加費用の中から一部寄付させていただきます。
毎年、仙台で行われる週末保養プログラムに使われます。
ちいさなたびの活動はこちら http://www.chiitabi.com


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


このページのトップへ