マヒナファーマシーでは、小さなワークショップを時々開催しています。緑をキーワードに、からだとこころに効く自然療法、そして五感から味わえてからだが元気になる食や暮らしにまつわること。おすすめしたい学びや知恵をシェアしあえるワークショップを企画したいと思います。

忙しさや制限がある暮らしのなかでも、伸びやかで、自由なこころでいることはできます。
忙しい毎日でも、からだに明るさとゆとり安定をもたらすことができます。

喜びやわくわくする好奇心を受けとる五感のアンテナが健やかで、軽やかな状態でいることは自分らしい嬉しい日々のはじまりです。

日々の暮らしをそんなこころとからだのバランスで過ごせたらなんて豊かで嬉しいことでしょう。


あらためて「植物の恵み」を暮らしのなかに自分らしいやり方でその気持ち良さを取り入れてみませんか。

緑の植物たちの放っている香りや波動、味覚で伝えてくれる成分の働きは、ぎゅっと緊張しやすいこころやネガティブに閉じやすい思考のパターンを開き肉体的にも疲れから解放してくれる魔法のエッセンスがたくさんあります。そして、内なるわたし自身と仲良くなる橋渡しをしてくれます。

自然療法は特別なことではなく、美味しいものを食べて元気になったり、かわいいものを身につけて嬉しくなったり、美容院できれいになって行動的になったり日常にやっている元気になる行為と同じように楽しめて気持ちのいいことです。ちょっとだけ特別なのは、一過性のものではなく自分の奥深いところから味わえたり、リラックスが深くなったり、本来の自分らしさを引き出して助けてくれる要素がたくさんあります。

好奇心のこころを開いて、ゼヒご参加ください。







リーディング&ハーバルスキンケア プログラム
~上弦の月 内なる美を照らすフランキンセンス~










植物療法家の塩見麻衣美さんのリーディング&ハーバルスキンケアプログラムです。
今回、晩秋のワークは、満たすチカラが高まる上弦の月に行ないます。
この夏、太陽の強烈な光のエネルギーを浴びた心身は、まだ夏の記憶が心身にとどまり
まだまだ癒しが必要な時です。
この秋、再生に導くフランキンセンスの登場です。
夏の強烈な光は、見た目では感じにくいですが内部の消耗をもたらし秋肌のダメージを促します。
“満たす”月のタイミングに、植物のチカラで心が不安定な移ろう季節に心身を満たし整えていきたいと思います。

このクラスは、おひとりずつに丁寧にフォーカスするための小さなワークショップになります。
麻衣美さんがそれぞれの方に必要な植物たちを 全てリーディングで選び、
選ばれた植物たちを手がかりに、みなさんの “ 今 ” の読みとり深いところに秘められたメッセージをお伝えします。
みなさんには、リーディングで選ばれた植物に波長を合わせ手仕事をしていただきます。
また、それぞれに伝えられるメッセージは、同じ場に居合わせたそれぞれの方にも通じるものとなるはずです。
きっと必要なテーマに出会うことができるでしょう。
スパイシーで重厚な香りを放つフランキンセンスをリードハーブに、内側のエネルギーを真っ直ぐに立ち上げ
力強い活力と深い野生の感覚を呼び起こし、この時期の、心、からだ、お肌をしっかり整えてゆきましょう。
フランキンセンスの極上の効能と香りと深いメッセージが今のあなたにしっかり働きかけてくれるでしょう。


今回のナビゲートハーブは「フランキンセンス」です。

フランキンセンスは、和名「乳香」とも呼ばれるほど、
樹から滲みだすその樹液は命の糧を絞り出したようなミルク色の養分(樹脂)。
古代エジプトでは、神官が薫香として焚いて太陽神に捧げ、
王族はじめ人々は怪我や病気治しにそのチカラを珍重しました。
また、イエスキリスト誕生の際にも黄金と並び献上されたと聖書でも記されており
貴重で神聖なハーブとしての深い歴史があります。
現代においての「フランキンセンス」は、細胞再生・抗酸化力が実感とともに広く評価されており、
ナチュラルコスメのアンチエイジングスキンケアの信頼の原料ハーブとなっています。
近年の自然療法においては傷に対する治癒力や細胞再生力が改めて科学的に注目されはじめ、
古代の歴史から伝えられてきたことが、化学的な解析のもとに
さらに確かな自然界の癒しとして認められつつあります。
このワークでは「フランキンセンス」の最高峰と言われる
オマーン産ヴォスウェリア属サクラ種のグリーンプレミアムを用います。
フランキンセンスには様々な産地や品種がありますが、
抗炎症に働く成分をひと際たっぷり含んだ
オマーン産のグリーンプレミアムのフランキンセンスを月の暦をみながら
ティンクチャーに仕込み満月にあてて仕上げたものを使っていきます。
さらにフランキンセンス樹脂そのままを古代に倣い薫香として焚き、
皆さまの感性と響き合わせながら
そこから導かれるメッセージをハーバルスキンケアワークにつなげていきます。
ハーバルスキンケアは、ナビゲート・フランキンセンスをはじめ
こちらでリーディングし選定させていただいた
様々なハーブ・アロマ・フラワーエッセンスを基剤として手仕事いただきます。
基剤の植物たちは、月暦をベースに天然石も共鳴させたやさしくもパワーのあるもので、
心とお肌を本来あるべき状態へとやさしく調整するヒーリングサポートとして役立ちます。
この秋冬のお肌は、猛暑だった今夏の強烈な光によりかなり消耗しています。
太陽光は大切なエネルギーを与えてくれるもののパワーが強すぎれば、
お肌は “ 光り老化 ”、心は “ 暑さで消耗した体 ” からくる心力不足に陥りやすくなります。
ダメージ肌の再生とともに心穏やかに内省へと向わせるフランキンセンスで、
ご自身の内を神聖な領域へと導き心力を高め、内なる美をますます照らしましょう。
よりご自身を輝かせるために、自然界のチカラで満たすその感覚を
ぜひご一緒に感じてみてください。

*仕上げるオイルインローションについて
ご自身の波動にフィットしたこのオイルinローションは90~95ml容量。
たっぷりと約1ヶ月~2ヶ月ほど寄り添ってくれる ヒーリングスキンケア になります。
今回メインとなるフランキンセンスのほかにも、
複数のハーブティンクチャー・アロマ・バッチフラワーエッセンス
ハワイアンフラワーエッセンスを、それぞれの方に合わせてリーディングでセレクトいたします。
皆さまにはリーディングで選定されたものを五感で確認しながら
オイルインローションを手仕事していただきます。

たくさんの愛と感謝をこめて
植物療法家 塩見麻衣美


WS詳細

日程:11月15日(木)上弦の月
   日中の部 14:00~
   夜間の部 19:30~/各回 定員5名様 満員御礼
参加費:8,500円(リーディング及びスキンケア材料全て込み、お茶付き)
持ち帰り:リーディングメッセージ、オイル in ローション1本 (約90~95ml)
    (1本で肌ケアが完結するスキンケア/内容:有機椿油・アメジスト水・
     フラワーレメディ・精油・ハーブ&ストーンティンクチャ―)

お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
ハーブ、精油、フラワーエッセンスなどを使われたことがありますか。
そして、肌に関するお悩みやご質問がありましたら当日出来るだけお答えいたしますのでご記入ください。

お話くださる方

塩見麻衣美さん
太陽星座 おうし座・月星座 ふたご座
東京都生れ O型

広告代理店にて販促企画、大手メーカーにて商品開発・商業施設開発に従事。
多忙な日々のなか、自らの不調をきっかけにフラワーエッセンスに出会う。
さらにハーブやアロマテラピーなど自然界の様々な癒しのチカラに助けられ、学びを深めていった。

2006年 ニールズヤードレメディーズ フラワーエッセンス アドバンストコース修了。
2006~2007年 国際植物療法協会(現在 自然療法機構)にて植物療法士1級取得。
2008~2010年 カリス成城 初台店に勤務。販売及び店内ミニワーク講師に従事。
2011年~ カルチャースクールなどでハーブやアロマの講師を務める。
2013年 自然療法機構にて自然療法士取得。 同機構にて講師会員として所属。

現在は、響探求会、マヒナファーマシーストアなどをはじめ様々なかたちで講師をさせていただいている他、
“月とハーブとこころとお肌” をテーマに自宅ワークルームにて五感でつくる
ハーバルスキンケア “ヒーリングスキンケア” のワークショップを毎月開催。
マヒナファーマシ―Webマガジンのセラピストリレーでは
「月とハーブのヒーリングビューティ」をテーマに寄稿させていただいている。
ライフワークは“月とハーブと心と体” について独自に探求すること。


このページのトップへ





あ。わ。の月 宙の寺子屋 平安京の宇宙 ー陰陽五行と数秘でひもとく都の姿ー


秋からはじまった神話を旅する写真家・赤阪友昭さんによる
「宙の寺子屋」の2回目のクラスです。
前回の伊勢からはじまり、今回は、京都・平安京のお話しです。
季節を通して、美しい魅力を放つ京都。
京都の規則性のある町づくりや祭り事を陰陽五行や数秘で謎解きです。
古来の人々が京の都を造り上げた時の時間軸に戻って探ってゆきたいと思います。

古代から伝わる神話や信仰は、その時代の精妙な記憶が
史実として残されているのでは、と赤阪さんは云います。
神話は、太古の時代から先人たちが生きるために
体験してきた勇気と見出してきた智慧が刻まれています。
五感を研ぎ澄ませ、星々のめぐり、太陽や月の運行の下に
大地の上で生き抜いてきた人々の物語です。

わたし達は、古代の人々とは違う時代に生きていますが
宇宙や自然界の中で、その影響を受けながら生きていることに変わりありません。
自然界のうねりと共に変容を促されている今、
あらためて、先人、先祖が残してくれた記憶や智慧を知り、
どんな時もわたしらしく力強く歩む一助となる機会となることでしょう。

普遍的に語り継がれていることは、どんな時代や場所にいても
生きてゆくための根源的に心を支えるエネルギーを与えてくれます。
一見して、難しいと感じられるかもしれませんが
あらためて、わたしたちが暮らす日本、今は見えなくなってしまっている
古代から培われてきた真理を一緒に知ってみませんか。
記憶が深く残る土地とのつながりを大事にフィールドワークを重ねてきた
赤阪さんが深く伝えて下さるクラスです。

以下、赤阪さんからのメッセージです。
ぜひ、読み進めてみてください。


「平安京の宇宙 ー陰陽五行と数秘でひもとく都の姿ー」

北に船岡山、東西には鴨川と桂川、そして南には今はなき巨椋池を配した平安京。
都は陰陽五行思想に基づく天空の理により結界を張りめぐらすことで守られてきました。
さらには、シルクロードを経て、ユダヤの人々がもたらしたエジプトの数秘が、
千年を超える京の都の礎を作った可能性があります。
そして、面白いのはエジプトの数秘は、陰陽五行の理とも連動しているように見受けられることです。
今回の寺子屋では、前回に引き続き、陰陽五行の基礎知識を学びながら
京都に配された数秘の謎解きに迫りたいと思います。

みなさんのご参加をお待ちしております。

赤阪友昭


ワークショップ詳細

日  時:11月6日(火)19:30〜21:30
     やむえない出演者の都合により延期になりました。あらためてスケジュールが決まり次第お知らせいたします。

場  所:mahina pharmacy store
参加費用:参加費用:各会 5,400円(講義+テキスト代1500円+振る舞い酒込み+おやつ)
おみやげ:テキスト
持  物:筆記用具
定  員:8名(開催人数6名以上)
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
     開催人数に達しない場合は、休講させていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
*各回ごとに分割でお支払いされたい場合は、その旨ご連絡ください。


連続講座のお知らせ

*単発でご参加いただけます。

第一回 09月18日 「星の神と宿神ー旅する北極星と古代の祭祀ー」
第二回 11月06日 「平安京に隠された数秘の謎ーピラミッドからの贈り物ー」
第三回 (冬開催予定)「月と蛇ー隠された縄文時代からの神々ー」
第四回 (春開催予定)「火山と神話の世界ー古事記に残された縄文の記憶ー」

お話くださる方

赤阪友昭
写真家/プロデューサー/映画監督/リージョン・ファシリテーター

1963年大阪市生まれ。写真家。モンゴルでの遊牧生活及びアラスカ先住民の村での暮らしから撮影を開始。雑誌等に写真と文を掲載し、プラネタリウムの番組制作や国立民族学博物館での写真展など活動を続ける。山や森に残された原初の信仰や祭祀儀礼、縄文文化をキーワードに撮影•取材をし、人間と自然の距離についての思索と表現を続けている。大阪で “photo gallery Sai” を主宰。近著に『The Myth—神話の風景から—』(松本工房刊)がある。現在、九州の奥日向に残る星へに祈る銀鏡神楽をテーマに映画を制作中。来年3月の完成予定。
URL http://www.akasakatomoaki.net


このページのトップへ



感覚にめざめるからだとこころのためのヨガ「操・みさおヨガ」



わたしたちのからだは、ちゃんと知っているのです。

「操・みさおヨガ」は、からだがすでに知っていることを、ゆったり、やわらかく解きほぐし、
みちびき、めざめさせるヨガです。

「ヨガ」と聞いてイメージするようなアクロバティックで難しいポーズは一切ありませんが、
不思議とからだの感覚がキラキラと目覚めてゆきます。
ご自分のからだの感覚に向き合う、厳かで、静かに、優しく、凛ととしたあたたかなひと時です。
感覚に目覚めはじめると、無意識に自分がとらわれていたことや
古い観念のようなものが少しずつ外れて、シンプルで軽やかなこころとからだに変化してゆきます。
無意識のとらわれから解放されてゆくと、本来の自分に戻りほっこりと大らかなこころで
ご自分を信頼してゆくことができます。
日々の暮らしの中で、季節のめぐりの中で、パターン化された思いぐせから
からだとこころがゆらぎやすい毎日を過ごしています。
セルフケアとしてご自分の中心に戻る場所として、ご自分のタイミングでご参加してください。
ヨガを始める前に、ポイントとなる臓器やチャクラにオイルを塗って
からだとエネルギーがスムーズに循環していくようにしてヨガに入ります。
季節によってからだや精神のゆらぎがありますので、
毎月、季節に合わせたからだとこころのバランスを調整していくようなプログラムです。
ヨガやからだを動かすことが苦手な方でも安心して受けて頂けるようなゆるやかなヨガです。
また、女性特有の病気、妊娠にむけてのからだ作り、
出産後のからだを健やかに戻したい方に特におすすめです。

教えてくださる桜内操先生は、ヨガ歴30年以上のお母さん先生です。
カルチャーセンターで女性ヨガを10年担当された後、
産院で不妊治療中の方の体質改善ヨガやマタニティーヨガのクラスを受け持たれ、
現在は、不妊や女性特有のからだの悩みに応じて、
日々の暮らしのなかで使えるヨガ教室を行われています。
震災後から、福島のお母さんたちと子供さんを対象にした
保養プログラム「ちいさなたび」で、
お母さんたちのからだ立て直しのヨガクラスを担当。
太陽のようにきらきらした笑顔とユーモアと笑いを交えながら、
ひとりひとりに丁寧に向き合って教えて下さるみさお先生のクラスは人気です。
いつも好奇心と自身と対話する学びを積極的にもたれて、
あらゆる自然療法などから得た体験や知恵をヨガを通して
わたし達に惜しげもなくシェアして下さいます。
毎回6名限定の小さなクラスで開催します。


ワークショップ詳細

★ 10月「秋の冷えによって食欲が増す。」

夏の緩んだからだが秋の冷えによって背骨が緊張しています。
よって脳の司令が曖昧になることや冬に向けて動物的な防御で食べすぎてしまうことで
消化器官や腎臓のツボが集まる膝の下が冷えてしまいます。
冷えによってはじまる緊張を緩ませ背骨に活力を取り戻してゆきます。

日  時:10月15日(月)) 13:30〜16:00
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:4,000円(税込価格・ヨガ時に使用するオイル代、お茶)
持  物:お水、五本指靴下、敷物
定  員:6名さま

このクラスは、母子保養プログラムちいさなたびを応援しています。
参加費用の中から一部寄付させていただきます。
毎年、仙台で行われる週末保養プログラムに使われます。
ちいさなたびの活動はこちら http://www.chiitabi.com


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


このページのトップへ








  シュタイナーアドバンスシリーズ
  第4回 「自己教育2」






前回の自己教育の学びに続いて、第二回目の会です。
大人になって自分自身を教育する視点を持つことは、
あらためて新鮮に受け取ることができました。
今回も自己教育の具体的な実践方法について触れてゆきます。
自己教育を通して自分が成長していくことは、
本当の素直な自分、自然な自分に戻ることでもあります。
それは、本質的な意味において自由な人間になっていくことです。
人智学の観点から、心身が健全に元気になることを学びます。
自分自身が自分らしく何にも捕われない、
ひとりの自由な存在であること。
わたしたちが心から望んでいることかもしれません。

虹乃美稀子さんのお話は、シュタイナーの世界を紐解きながら
分かりやすくお伝えしてくださるクラスです。
鎮静された季節に、心身が必要とする機会になりますように。
はじめての方でもお気軽にご参加ください。


「人間にとって、頭の活動と心魂が遠く離れていること以上に悪いことは他にない」
とシュタイナーは話しています。
あたまの働きと心の働きが乖離(かいり)すればするほど、
人間の生命力は弱まっていくと言うのです。
シュタイナーはこうした警鐘を百年前に鳴らしており、
未来はますますその傾向が強まっていくだろうと予言していました。
ネット社会、仮想現実社会がリアルになっているこの21世紀、
私たちの生命力はまさに本来の豊かさを失っているようにも思えます。
自己教育について学ぶ2回目の今回は、こうした現状を踏まえながら
シュタイナーが残した「心身を元気にする7つの方法」についてご紹介します。
日常で取り組める7つのこのレッスンは、
簡単なことに見えて自分の深いところに向かい合う奥深さが含まれています。
前回出席されなかった方も、問題なくご参加いただけます。
秋は、自分を見つめ直し学びを深める良い季節です。
皆さんのご参加をお待ちしています。

虹乃美稀子


ワークショップ詳細

日  時:10月11日(木)午前 10:30~12:30
    :10月11日(木) 夜 19:30~21:30
場  所:mahina pharmacy store(最寄り駅:下北沢)
参加費用:4,000円(ハーブティー付き)
持  物:筆記用具
定  員:10名さま(開催人数4名以上)
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
     開催人数に達しない場合は、休講させていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、
お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


連続講座のお知らせ

4月から学びの座学や季節のセレモニーの体験のプログラムを行っています。
シュタイナーの思想を分かりやすく、基本を学びと体験でお伝えする講座です。

虹乃美稀子さんが保育の仕事とともに、
私生活でも支えとなってきたシュタイナーの思想について
今年は年間の座学と祝祭のワークショップを通して、
頭と身体と五感を様々に使いながらご紹介していきたいと思います。
シュタイナーの思想が難解と呼ばれることのひとつには、
本を読み頭だけで理解するのは難しいということが挙げられます。
五感を通して感覚体験の中から理解することが重要だからです。
ワークショップではそうした体験の機会を大切にしたいと考えています。
現代人は理知的な方向に偏りすぎて生命力が弱りがちですが、
現代生活の中で生命力を取り戻す具体的な方法も
シュタイナーは示唆してくれています。

*単発でご参加いただけます。

第1回 4月5日(木) 座学「健やかな霊性との出会い」 <終了>
第2回 6月7日(木) 座学「星々の進化と私たち」 <終了>
第3回 9月13日(木)座学「自己教育1」 <終了>
第4回 10月11日(木)座学「自己教育2」

第5回 11月8日(木)座学「衣食住ー美しい生活」
シュタイナー教育や医療、建築などその思想の実践現場に共通する
「美しさ」の根源はどこにあるのでしょうか。
そのヒントは、シュタイナーが遺した
自然・芸術・生活への言及から読み取ることができます。
建築、服飾、食物、言語等について芸術的感覚からアプローチし、
自らの精神と生活を豊かに高めて行くことは人生の喜びを深めてくれるでしょう。

第6回 祝祭ワークショップ アドベントセレモニー
シュタイナーの思想の下に祝われる
アドヴェント(待降節)・セレモニーは、とても静かで厳かです。
手作りのミツロウのりんごろうそくを手に、床にしつらえた、
永遠のいのちの象徴であるモミの枝の渦巻きを歩きます。
渦巻きは、人間の精神の内側に深く入っていくことを表します。
そうして「わたし」の奥深くに魂の光を見つけ、ろうそくに火を灯すのです。
一年で一番光が弱まる冬至に向かうこの季節に、
私たちの魂は光を受け入れる器となって、その器に光を宿します。
クリスマスは内なる光の再誕を祝う、精神的でそして常に新しい祝祭です。


お話くださる方

虹乃美稀子
シュタイナー幼児教育者(幼稚園教諭・保育士)

仙台市保育士として7年間勤務後、シュタイナー幼児教育者養成コースに学ぶ
06年 シュタイナー親子クラス 開講
08年 「東仙台シュタイナー虹のこども園」開園 (一般社団法人日本シュタイナー幼児教育協会団体正会員)
13年 バッチフラワーレメディ プラクティショナー資格取得

仙台・岩手・東京にてシュタイナー講座を通年開催
原発事故後、母子週末保養プロジェクト「ちいさなたびJAPAN」代表
http://sendaiyunta.com


このページのトップへ










あ。わ。の月 宙の寺子屋
神話を紐解き、今を生きる
『星の神と宿神ー旅する北極星と古代の祭祀ー』







あ。わ。の月やマヒナファーマシーでもおなじみの
神話を旅する写真家・赤阪友昭さんによる「宙の寺子屋」を開講いたします。
古代から伝わる神話や信仰は、その時代の精妙な記憶が
史実として残されているのでは、と赤阪さんは云います。
神話は、太古の時代から先人たちが生きるために
体験してきた勇気と見出してきた智慧が刻まれています。
五感を研ぎ澄ませ、星々のめぐり、太陽や月の運行の下に
大地の上で生き抜いてきた人々の物語です。

わたし達は、古代の人々とは違う時代に生きていますが
宇宙や自然界の中で、その影響を受けながら生きていることに変わりありません。
自然界のうねりと共に変容を促されている今、
あらためて、先人、先祖が残してくれた記憶や智慧を知り、
どんな時もわたしらしく力強く歩む一助となる機会となることでしょう。

普遍的に語り継がれていることは、どんな時代や場所にいても
生きてゆくための根源的に心を支えるエネルギーを与えてくれます。
一見して、難しいと感じられるかもしれませんが
あらためて、わたしたちが暮らす日本、今は見えなくなってしまっている
古代から培われてきた真理を一緒に知ってみませんか。
記憶が深く残る土地とのつながりを大事にフィールドワークを重ねてきた
赤阪さんが深く伝えて下さるクラスです。

以下、赤阪さんからのメッセージです。
ぜひ、読み進めてみてください。


東京を拠点に、写真家•赤阪友昭が隔月で開催してきた「あ。わ。の月プロジェクト」。
気がつけば四年間もお話し会を続けてきました。
これまで、「あ。わ。の月プロジェクト」では様々なテーマについて扱ってきました。

最初は月の物語からはじまり、話が次第に星々の物語へと進むにつれて見えてきたこと、
それは、日本の神社や聖地と称される場所には天地の和合を紡ぐために、
古代の人々が集積してきた様々な叡智がプログラムされている、ということでした。
例えば、少し大きめの日本地図を広げて、いくつかの神社仏閣や聖地の配置を見るときに、
それらが極めて論理的な思考に基づいて配置されていることに驚かされます。

その内容をもっと深く知りたいという場合には、古代のシャーマニズムや陰陽五行思想などを
少し時間をかけて学ぶことが必要となります。そうすることで、
今まで気がつかなかった日々の暮らしに潜む古代の智慧を理解したり、
近所に祀られている神社の神さまとも仲良くなれたりするかもしれません。
それは、自分の心を自分が生きる土地とつなげる一つのきっかけになるはずです。

学び舎「宙の寺子屋」では、お話会で取り上げたトピックについて、さらに深く探求し、
丁寧にレイヤーを掘り下げていきます。そこから見えてくる風景は、
これまで当たり前のように考えられてきた風景ではないかもしれません。
日本の各地に残された伝統文化の最基層、
ひょっとしたら、縄文時代やそれ以前の記憶や体験まで遡る可能性もあります。

そこでまず手始めに第一回の寺子屋では、日本で最も崇敬されている伊勢神宮に焦点を当て
星と祀りの関係について考えてみましょう。星の神として、
日本では「宿神」という神がいろんな形で祀られていて、
能をはじめとする平安時代頃に起源を持つ芸能の多くにその気配を感じることができます。
「宿神」とはいかなるカミサマなのでしょうか?「星の神」とはどんな存在だったのでしょうか?
そして、その神は伊勢神宮にも関係があるようです。
今回の宙の寺子屋では、陰陽五行の基礎を学びながら、
伊勢神宮の祭祀儀礼やその成り立ちをひも解くとこから始めてみましょう。
神事とは、天地の和合を司る呪法ともいえます。
星の神々を頼りに宇宙の理へと旅をしてみたいと思います。

赤阪友昭


ワークショップ詳細

4回シリーズの第一回目のテーマは
『星の神と宿神ー旅する北極星と古代の祭祀ー』

概要:
一、陰陽五行の基礎
二、伊勢神宮の由来と祭神
三、星の神、宿神の正体
四、銀鏡神楽に残された星の祀り

日  時:9月18日(火)19:30〜21:30
場  所:mahina pharmacy store
参加費用:参加費用:各会 5,400円(講義+テキスト代1500円+振る舞い酒込み+おやつ)
     全4回受講される方で4回分一括でお支払い、もしくは予約される方は、
     消費税分1,600円値引きさせていただき20,000円となります。
おみやげ:テキスト
持  物:筆記用具
定  員:8名(開催人数6名以上)
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
     開催人数に達しない場合は、休講させていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
*各回ごとに分割でお支払いされたい場合は、その旨ご連絡ください。


連続講座のお知らせ

*単発でご参加いただけます。

第一回 9月18日 「星の神と宿神ー旅する北極星と古代の祭祀ー」
第二回 (秋開催予定)「月と蛇ー隠された縄文時代からの神々ー」
第三回 (冬開催予定)「平安京に隠された数秘の謎ーピラミッドからの贈り物ー」
第四回 (春開催予定)「火山と神話の世界ー古事記に残された縄文の記憶ー」

お話くださる方

赤阪友昭
写真家/プロデューサー/映画監督/リージョン・ファシリテーター

1963年大阪市生まれ。写真家。モンゴルでの遊牧生活及びアラスカ先住民の村での暮らしから撮影を開始。雑誌等に写真と文を掲載し、プラネタリウムの番組制作や国立民族学博物館での写真展など活動を続ける。山や森に残された原初の信仰や祭祀儀礼、縄文文化をキーワードに撮影•取材をし、人間と自然の距離についての思索と表現を続けている。大阪で “photo gallery Sai” を主宰。近著に『The Myth—神話の風景から—』(松本工房刊)がある。現在、九州の奥日向に残る星へに祈る銀鏡神楽をテーマに映画を制作中。来年3月の完成予定。
URL http://www.akasakatomoaki.net


このページのトップへ








  シュタイナーアドバンスシリーズ
  第3回「自己教育1」






翻弄される上昇したエネルギーに包まれた夏も終わりに向かっています。
9月に入ると冬至に向かって自然界は歩みを進め
わたしたちの心身の意識は自分自身に静かに戻ろうとしています。

シュタイナーは、人間の成長を宇宙と共振しながら長いスパンで捉えています。
特に、成人した21歳以降の大人の魂の成長は
本人の「自己教育」によってしかなり得ないと言われています。
そしてその自己教育は、自分の内なる運命に基づいて行なわれ、
ひとり一人の中に隠れている密やかな思い、
自分は何のために、何をしたくて、生まれてきたのかを
問いかけてゆく意識からはじまります。

秋は、自分の中の光を見いだす季節。

人間の7年周期の歩みのリズムと照らし合わせながら、
私たちの中に眠る「内なる運命」に耳を澄まし、
変動のなかに生きるわたし自身がより良い人生を歩む
指針を捉える機会になりますように。

虹乃美稀子さんのお話は、シュタイナーの世界を紐解きながら
分かりやすくお伝えしてくださるクラスです。
はじめての方でもお気軽にご参加ください。

わたしたちは大人になっても、いつも何かに向かって歩みつづけており、
漠然と「よりよくなりたい」と願っているような気がします。

ー私たちはもっと、自由になりたい。
ー私たちはもっと、豊かになりたい。
ー私たちはもっと、優しくなりたい。

シュタイナーが大切にしていることは、その自由や豊かさ、そして優しさへの本質的な問いかけです。
そしてそのためには、大人になってからこその「こころ(魂)の成長」がとても大切であると言われています。

誰もが子どもの頃に持った「よりよくなりたい」という祈りのような心。
その子ども心を大人になっても慈しみ続けることが、自分の歩みを導いてくれる大切な光なのかもしれません。

わたしたちはいつだって、成長の旅の途中です。
今回も、ながーい物差しで自分や世界や宇宙を覗いてみましょう。

暑さがひと段落し、燃え盛る太陽の熱が柔かく感じられる頃、わたしたちは秋分の入り口に立っています。
夏の自然界に委ねていた自分の意識を取り戻すように、秋は自分自身に立ち帰る季節。
そして内面へと向かう学びに、とても適した季節なのです。

虹乃美稀子


ワークショップ詳細

日  時:9月13日(木) 午前 10:30~12:30
    :9月13日(木)  夜 19:30~21:30
場  所:mahina pharmacy store(最寄り駅:下北沢)
参加費用:4,000円(ハーブティー付き)
持  物:筆記用具
定  員:10名さま(開催人数4名以上)
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
     開催人数に達しない場合は、休講させていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、
お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


連続講座のお知らせ

4月から学びの座学や季節のセレモニーの体験のプログラムを行っています。
シュタイナーの思想を分かりやすく、基本を学びと体験でお伝えする講座です。

虹乃美稀子さんが保育の仕事とともに、
私生活でも支えとなってきたシュタイナーの思想について
今年は年間の座学と祝祭のワークショップを通して、
頭と身体と五感を様々に使いながらご紹介していきたいと思います。
シュタイナーの思想が難解と呼ばれることのひとつには、
本を読み頭だけで理解するのは難しいということが挙げられます。
五感を通して感覚体験の中から理解することが重要だからです。
ワークショップではそうした体験の機会を大切にしたいと考えています。
現代人は理知的な方向に偏りすぎて生命力が弱りがちですが、
現代生活の中で生命力を取り戻す具体的な方法も
シュタイナーは示唆してくれています。

*単発でご参加いただけます。

第1回 4月5日(木) 座学「健やかな霊性との出会い」 <終了>
第2回 6月7日(木) 座学「星々の進化と私たち」 <終了>
第3回 9月13日(木)座学「自己教育1」

第4回 10月11日(木)座学「自己教育2」
自己教育の具体的な実践方法について触れる回です。
人智学の観点から魂を「生命化」していくレッスンについてご紹介します。
自己教育を通して自分が成長していくことは、
本当の素直な自分、自然な自分に戻ることでもあります。
それは、本質的な意味において自由な人間になっていくことです。
自分自身がどこまでも何にも捕われない、
ひとりの自由な存在であろうとすること。
シュタイナーの言いたかったことは
つまるところそれだけであったとも言われています。

第5回 11月18日(木)座学「衣食住ー美しい生活」
シュタイナー教育や医療、建築などその思想の実践現場に共通する
「美しさ」の根源はどこにあるのでしょうか。
そのヒントは、シュタイナーが遺した
自然・芸術・生活への言及から読み取ることができます。
建築、服飾、食物、言語等について芸術的感覚からアプローチし、
自らの精神と生活を豊かに高めて行くことは人生の喜びを深めてくれるでしょう。

第6回 祝祭ワークショップ アドベントセレモニー
シュタイナーの思想の下に祝われる
アドヴェント(待降節)・セレモニーは、とても静かで厳かです。
手作りのミツロウのりんごろうそくを手に、床にしつらえた、
永遠のいのちの象徴であるモミの枝の渦巻きを歩きます。
渦巻きは、人間の精神の内側に深く入っていくことを表します。
そうして「わたし」の奥深くに魂の光を見つけ、ろうそくに火を灯すのです。
一年で一番光が弱まる冬至に向かうこの季節に、
私たちの魂は光を受け入れる器となって、その器に光を宿します。
クリスマスは内なる光の再誕を祝う、精神的でそして常に新しい祝祭です。


お話くださる方

虹乃美稀子
シュタイナー幼児教育者(幼稚園教諭・保育士)

仙台市保育士として7年間勤務後、シュタイナー幼児教育者養成コースに学ぶ
06年 シュタイナー親子クラス 開講
08年 「東仙台シュタイナー虹のこども園」開園 (一般社団法人日本シュタイナー幼児教育協会団体正会員)
13年 バッチフラワーレメディ プラクティショナー資格取得

仙台・岩手・東京にてシュタイナー講座を通年開催
原発事故後、母子週末保養プロジェクト「ちいさなたびJAPAN」代表
http://sendaiyunta.com


このページのトップへ



感覚にめざめるからだとこころのためのヨガ「操・みさおヨガ」



わたしたちのからだは、ちゃんと知っているのです。

「操・みさおヨガ」は、からだがすでに知っていることを、ゆったり、やわらかく解きほぐし、
みちびき、めざめさせるヨガです。

「ヨガ」と聞いてイメージするようなアクロバティックで難しいポーズは一切ありませんが、
不思議とからだの感覚がキラキラと目覚めてゆきます。
ご自分のからだの感覚に向き合う、厳かで、静かに、優しく、凛ととしたあたたかなひと時です。
感覚に目覚めはじめると、無意識に自分がとらわれていたことや
古い観念のようなものが少しずつ外れて、シンプルで軽やかなこころとからだに変化してゆきます。
無意識のとらわれから解放されてゆくと、本来の自分に戻りほっこりと大らかなこころで
ご自分を信頼してゆくことができます。
日々の暮らしの中で、季節のめぐりの中で、パターン化された思いぐせから
からだとこころがゆらぎやすい毎日を過ごしています。
セルフケアとしてご自分の中心に戻る場所として、ご自分のタイミングでご参加してください。
ヨガを始める前に、ポイントとなる臓器やチャクラにオイルを塗って
からだとエネルギーがスムーズに循環していくようにしてヨガに入ります。
季節によってからだや精神のゆらぎがありますので、
毎月、季節に合わせたからだとこころのバランスを調整していくようなプログラムです。
ヨガやからだを動かすことが苦手な方でも安心して受けて頂けるようなゆるやかなヨガです。
また、女性特有の病気、妊娠にむけてのからだ作り、
出産後のからだを健やかに戻したい方に特におすすめです。

教えてくださる桜内操先生は、ヨガ歴30年以上のお母さん先生です。
カルチャーセンターで女性ヨガを10年担当された後、
産院で不妊治療中の方の体質改善ヨガやマタニティーヨガのクラスを受け持たれ、
現在は、不妊や女性特有のからだの悩みに応じて、
日々の暮らしのなかで使えるヨガ教室を行われています。
震災後から、福島のお母さんたちと子供さんを対象にした
保養プログラム「ちいさなたび」で、
お母さんたちのからだ立て直しのヨガクラスを担当。
太陽のようにきらきらした笑顔とユーモアと笑いを交えながら、
ひとりひとりに丁寧に向き合って教えて下さるみさお先生のクラスは人気です。
いつも好奇心と自身と対話する学びを積極的にもたれて、
あらゆる自然療法などから得た体験や知恵をヨガを通して
わたし達に惜しげもなくシェアして下さいます。
毎回6名限定の小さなクラスで開催します。


ワークショップ詳細

★9月「夏の疲労回復」

高揚した暑さで緩み切った身体に受けたダメージから癒して、秋の身体に移行するように整えてゆきます。

日  時:9月4日(火) 13:30〜16:00
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:4,000円(税込価格・ヨガ時に使用するオイル代、お茶)
持  物:お水、五本指靴下、敷物
定  員:6名さま
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。

このクラスは、母子保養プログラムちいさなたびを応援しています。
参加費用の中から一部寄付させていただきます。
毎年、仙台で行われる週末保養プログラムに使われます。
ちいさなたびの活動はこちら http://www.chiitabi.com


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


このページのトップへ










わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ vol.8
2018年9月スタート
宇宙の時間軸を月と共に生きるフラワーエッセンス







2018年、猛暑の夏を越えて秋の気配を感じながら、冬至に向けて季節は流れを進めています。
このクラスは、月のサイクル「新月、上弦の月、満月、下弦の月」に合わせて
フラワーエッセンスを学び、体験してゆく人気のクラスです。
秋、季節の風景も落ち着き、徐々に冬至に向けて意識とエネルギーは内側に向かってゆきます。
フラワーエッセンスと月の共鳴は、繊細でとらえどころのない心の奥深くに働きかけ
一人ひとりに必要な変容の流れをもたらします。

月は、一番身近な自然界の動きを表現し、わたしたち女性のからだのリズムと同調しています。
その月の歩みに合わせて、自分の内側にひそむ本来の自分を探し、つながってゆく
小さな旅を毎月体験してゆくようなプログラムです。
本来のわたしと出会い、自分らしい歩みに向かう大きなサポートになる体験となるでしょう。
同時に、植物の微細な働きかけをリアルに感じることができ、
フラワーエッセンスの本質に触れる学びにもなります。

この WS では、フラワーエッセンスの開発者・バッチ博士の翻訳もされた谷口みよ子先生を迎えて
宇宙の一部である「わたし」が自然の営みや宇宙のリズムと調和的に生きてゆくことに焦点を当て、
月のサイクル ( 新月―上弦の月―満月 ―下弦の月 ) に沿った日程で4回の連続クラスとして行います。
月のサイクルに視点を持つことで、自然界から発するエネルギーやメッセージを現実に受け取りながら
植物を熟知したみよ子先生のナビゲートの元に自分の内側に深く入り、
あらたな調和をもたらすツールとしてフラワーエッセンスを使っていきます。
そして、日常に具体的に役立てられる方法をグループでシェアしていく予定です。

植物は、宇宙が生み出すリズムやカタチを示す存在です。
植物からなるフラワーエッセンスは、宇宙とわたしたちをつなぐ知恵とチカラになり、
わたしたちの心や感情に調和の作用を深くもたらす、力強いハーモナイザー(調整役)になってくれるでしょう。
すべての健やかさは、自らが自分自身とつながり調和していることからはじまり、
それが、宇宙や自然界との調和につながってゆきます。
そして、その調和が変容を受け入れる勇気になっていくのだと思います。
月に時間軸を合わせ、感情や心の奥に入ってゆくプロセスはとてもパワフルで
現実に深い学びをもたらすこともたくさん出てくるかもしれません。
ご自分と対話することは勇気を必要とすることも多いものですが、
このプログラムはご自身で、心の奥に暗く潜む静寂の扉を開き
大きな光と新しい風をもたらす特別な体験になってゆくでしょう。
変容が進む今、自分らしさの行動に勇気と意思を持ち、今をパワフルに生きる助けとなることを願っています。

フラワーエッセンスはいつでもどこでも安全に使えるセルフ・ヘルプのツールの一つ。
本来の自分のバランスを取り戻すサポートとして、調和した植物の生きる力のパターンを持つ、
バッチのフラワーエッセンスを役立てていきます。
*バッチのフラワーエッセンス(フラワーレメディー)は80年前に
 イギリス人医師バッチ博士が完成させて以来、世界の主な国々で愛用されています。

女性のこころとからだは月の満ち欠けに呼応しています。
私たちは普段 意識していませんが、自然の力を体と心で感じ取っています。
月は無意識(潜在意識)と深いつながりがあります。
月のサイクル(新月─上弦─満月─下弦)で、
「新月」はいつも新しい始まりを意味しています。
そして「上弦」を経て、「満月」に向かってゆっくりと力を蓄えます。
満月が過ぎると、こんどは「下弦」を経て「新月」に向かい、
不要なものを手放す浄化のプロセスが進みます。
月だけでなく、太陽のサイクルもあります。
太陽は6月の夏至の後、12月の冬至に向けて光の時間を徐々に短くしています。
空の月や太陽や星々、そして大地に生きる植物や生物の成長サイクルなど、
自然界はつねにめぐっています。
9月にスタートする「月のクラス」では、わたしたちも自然の一部として、
自然界の、特に月のリズムを意識しながらフラワーエッセンスを体験します。
自然やご自分とのつながりを強め、
本来の魅力や実力に目覚めて前進するためのプログラムです。
今回も、ご自分の変化や成長を心から願う、ご縁のある皆さまと学び、
変容のプロセスをご一緒させていただけるのを楽しみにしています。

谷口 みよ子 *mi-tan


●こんな方におすすめです。

・自分のことをもっとよく知りたい方
・「心の声」をはっきり聴きたい方
・顕在意識と潜在意識(意識と無意識)のバランスを取りたい方
・自分の心(感情や思い)とうまくつき合いたい方
・植物や花が大好きな方
・自分の女性らしさを大切にしたい方
・自然界と人間とのつながりに興味がある方
・植物のチカラを知りたい方
・自分のために何をしたらよいのかわからない方
・自分の感受性や感性を信頼して育てていきたい方
・自然や月・太陽の影響力に興味がある方
・月や太陽のチカラを自分に生かしたい方
・周囲と調和しながら、自分を大切にしたい方
・夢やヴィジョンを形にしていく方法を探している方
・インスピレーションや気づきを最大限に生かしたい方

ワークショップ詳細 2018年9月スタート (秋分~冬至)

開催日時:*第1回 2018年9月10日(金) 《新月》 19:30~21:30
     〈こころのケア〉感情との調和(1)
     ・38種の「12-7-19」の分類と19種のフラワーエッセンスについて(1)
     ・フラワーエッセンスの基本情報と自分のためのエッセンスを選ぶアプローチ

     *第2回 10月16日(火) 《上弦の月》19:30~21:30
     〈からだのケア〉感情との調和(2)
     ・19種のフラワーエッセンスについて(2)
     ・日々の感情と向き合う時のポイント

     *第3回 11月22日(木)) 《満月》 19:30~21:30
     〈オーラ・エーテル体のケア〉わたしの思いグセを知る
     ・後天的な気質と先天的なタイプ
     ・後天的な 7 つの気質に対応するフラワーエッセンス
     ・パターン化した言動とは?

     *第4回 12月3日(月) 《下弦の月》 19:30~21:30
     〈共鳴を生かす〉生まれ持った気質を探る
     ・12 の生まれ持った気質 (タイプ) について
     ・12 のキーワード

      *内容は場合によって、変更することがあります。


ワークショップ詳細

場  所:mahina pharmacy store
参加費用:参加費用:各会 6,480円(税込価格・テキスト、ハーブティー)
     基本的に4回の連続クラスになっております。全クラス参加をお願いいたします。
     お支払は、4回分一括でお支払下さる場合は消費税分1,920円値引きさせていただき24,000円となります。
     各回ごとに分割でお支払いされたい場合は1回 6,480円となります。
おみやげ:お作りになったフラワーエッセンス
持  物:筆記用具
定  員:8名


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
*各回ごとに分割でお支払いされたい場合は、その旨ご連絡ください。


お話くださる方

谷口みよ子さん
東京生まれ。双子座。
外資系銀行、私立美術館勤務を経て、より自分らしい生き方を模索するなかで、1997年、フラワーエッセンスに出会う。以降フラワーエッセンスを役立てて学ぶ過程で、植物が象徴する自然界のことや、植物、人間を含む全てにつながりがあることを実感するようになる。

2000年、英国バッチのヒーリングハーブス・プラクティショナー・コース(講師:故ホワード・七歩子氏)、米国FESインテンシブ・コース(講師:R.キャッツ氏と P.カミンスキ氏)を修了。スペースハナを主宰し、講座の主催、編集、翻訳、個人セッションなど、フラワーエッセンスの仕事に広く携わる。現在は講師、翻訳者、花療法家として活動中。

マヒナファーマシーで「わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ」や実用基礎/実践活用クラス、季節のワークショップ、フラワーカード・リーディング等を担当。訳書に『エドワード・バッチ著作集』(ジュリアン・バーナード編、BABジャパン、2008年)、『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』(ジュリアン・バーナード著、英国フラワーレメディー・プログラム、2013年がある。

スペースハナ http://www.spacehana.info/
フラワーエッセンスの魅力|スペー スハナ BLOG http://spacehana.blog.fc2.com/
フラワーエッセンスの魅力・FB https://www.facebook.com/FlowerEssence.appeal/


このページのトップへ










感覚をひらき、季節の声を聴く、瞑想的週末ごはんの会










わたしたちの毎日は、社会のなかに流れる時間軸で生きています。
なにをするにも社会や他者の影響の元に毎日が過ぎて時間が失われているような感覚。
そうした時、知らないうちに食べることや何かを感じる時間が削がれていくような気がします。
五感の感覚が沈み、自分らしさが分からなくなることがあります。

今回は、物書き料理家 つむぎやのマツーラユタカさんをお迎えして
「食す」ことを通して自分の内側に旅をする企画です。

マツーラさんは、土地や季節の恵みを大切に美味しいご飯を考え、作り出し、提案することをされていますが、
今回は、内側の感覚をひらき、からだ感覚を取り戻すような食の提案をして頂きます。
「食すこと」そのものの行為に集中してゆきます。
言葉を抑えて意識を静寂にして、味覚、嗅覚、視覚が静けさの中で出会う。
まさに食の瞑想。
目の前の美味しいものの細部を眺め、想像し、時間をかけて味わい尽くすこと。
自分の内側から食べ物に触れる、出会うことの喜びを全身で味わって頂きたいと思います。
それは、気がつくと窮屈な心を解きほぐし、心地良いスペースができる瞬間になることでしょう。

週末の朝、ゆったりとからだが喜ぶ食事に出会う。
目の前の食べ物から立ち上がる生命エネルギーを味わい尽くしてみてください。
きっと、あなたの中にある瑞々しい感覚が立ち上がってくるはずです。

ぜひ、ご参加ください!


「僕たちが毎日を生きている瞬間、もうひとつの時間が、確実に、ゆったりと流れている。
 日々の暮らしの中で、心の片隅にそのことを意識できるかどうか、それは、天と地の差ほど大きい」

写真家、星野道夫さんの言葉です。

大自然の中には、ゆったりとした悠久の時間が流れているというのに、
僕らは都市生活の中では忙しい波に絶えず追われています。
本来時間は平等なもののはずです。
ついつい過去にあった出来事にとらわれたり、あるいはこれから先の予定を考えたり。
都市生活の中では心は常に動いているから、「今、ここに」を味わうことは難しくなってしまっているようです。

週末の朝、下北沢に集って「静」を取り戻すひとときを。
呼吸にフォーカスしながら行う、禅的な食の時間をご用意しました。
誰とも話さずにただ食べ物と向き合い、五感を研ぎ澄ませながらいただきます。
呼吸に意識を向けながら、ひとつのことに集中していき、感覚をひらき、その瞬間に深く触れる。
忙しい毎日からふっと離れ、頭ではなく、身体で味わう食事の時間。

呼吸するということは、木々が出した酸素を自分の身体に取り入れること。
食べ物をいただくということは、自然界のエネルギーを取り入れることでもあります。
静かで瞑想的な食事の時間を過ごしていただくということは、つまりは星野道夫さんが語った
“ もうひとつ ” の時間にアクセスする、ということなのかもしれません。

心の中にスペースを空けて、感覚をひらいて。

マヒナファーマシーでお待ちしています。

マツーラユタカ


詳細

開催日時:2018年8月4日(土) 10:00~12:00
場  所:mahina pharmacy store
参加費用:4,300円(ごはんとお茶)

お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。

お話くださる方

マツーラユタカ(つむぎや) 物書き料理家

金子健一ともにフードユニット「つむぎや」として活動。
“食を通して人と人、満ち足りたココロをつむいでいく”をモットーに、
書籍や雑誌、イベントなどで創作和食を提案。
「和食つまみ100」(主婦と生活社)など著書多数。
最新刊「お昼が一番楽しみになるお弁当」(すばる舎)が好評発売中。
地元である山形県鶴岡市など、ご縁ができた土地の風を運ぶ活動にも力を入れたり、
様々なジャンルの人とコラボして、瞑想的な食のワークショップなども行っている。
雑誌「Discover Japan」ではコラム「ソウルフードトラベラー」を連載中。


このページのトップへ





「神話が語る火山の神、ボルケーノ・シスターズ~イザナミからペレまで」


映画「銀鏡 Shiromi」の撮影真っ只中の赤阪監督を迎えて、ハワイ、日本、銀鏡 の叡智の起点となる「火山」と「星」のお話会です。古代から伝わる神話や信仰を読み解く時、その時代の精妙な記憶が史実として残されているのでは、と赤阪さんは云います。火山や大地のうごきが激しくなっている今だからこそ、宇宙の星々を言祝ぎ、その調和を生み出さなければならないとも。

古代より伝え継がれてきたことをあらためて深く知りたい。彼らが体験してきたことを智慧として今に伝えようと作り上げてきた神話へ回帰してみたいと思います。

イザナミは、日本神話に登場する国産みの神であり、八百万の神産みのカミサマとしてよく知られています。最後に火の神を産んだことで黄泉の国に行くのですが、これらの物語が、もし実際に起こった火山噴火を語るものだとしたらどうでしょう。

また、ハワイに残る神話に登場する火山の神ペレは、タヒチから星の航海術を使ってハワイに辿りつきます。ペレや神々の物語も、実は大地の創世である火山噴火などをもたらしたプレート移動の記憶だといわれています。

「火山」と「星」

大地に豊穣力を生み出す「火山」と命の源である「星」。

私たちが暮らす大地を作り上げた火山の女神たちの物語と星を道しるべに生きる銀鏡の物語。この二つを言祝ぐことこそ、大地と宇宙のエネルギーの調和を生むことになるのです。

ゲストは、ハワイ島在住で火山と共に生きるマナさんを迎えてお話を進めていきます。


詳細

開催日時:2018年7月21日(土) 16:30~18:30
場  所:mahina pharmacy store
参加費用: 3000 円(1ドリンク付き・アルコールorハーブティをお選びください)

お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。

お話くださる方

赤阪友昭さん
1963年大阪生まれ。写真家。雑誌「Switch」や「Coyote」などに写真・文を寄稿。北米海岸の先住民族と過ごした時間を一冊にまとめた写真集『The Myth – 神話の風景から – 』がある。現在は、山に残された原初の信仰や縄文文化の祭祀儀礼を取材し、定期的に東京及び各地にてスライド&トークなど精力的に講演を開催している。震災後は、福島の支援プロジェクトに関わり、被災地のランドスケープの記録撮影を続けている。現在は、星の神楽の物語、映画『銀鏡 SHIROMI』を製作中。
http://www.akasakatomoaki.net

小池結実 マナ
ハワイ島在住
神職、舞踊家 神楽舞、アマスワの舞、古典フラ
野草、自然療法研究家
2000年よりハワイ島で古典フラを学ぶ。2009年ハワイ島に移住。ヒノモト日本とハワイ、天地とのつながり舞うことをライフワークとし。日本各地、ハワイの各地に奉納。また指導する。朝日とともにする日々の祈りの舞をアマスワの舞を原点に、天地と和し、自然界と神々に捧げる舞の奉納活動をする。幼少のときよりアレルギー体質に苦しみ、自分の内なる平和と自然界の神の存在を求める。18歳のときの断食とヨガでアレルギー体質を治す。平成元年より世界平和の祈りを伝える 白光真宏会の職員として5年間勤めたのち、5年間、世界各地を巡る旅に出て、ネイティヴアメリカン、ネイティブハワイアン、アフリカのヨルバ族、他の生き方に触れ、地球共通の祈りを知る。
1996年ハワイ島に盲目の女性たちのガイドとして訪れ、キラウエア火山の地球のもっとも深いところから吹き出すマグマの力に平伏する。火山力を女神ペレと信仰し、ほかにも、森の女神ラカなど自然界の神々を信仰するハワイの精神に共鳴する。その神々に祈り踊る古典フラ学び始める。ハワイの名前、『マナ』をカフナより授かる。
1998年より2009年までハワイ島の姉妹島、火山信仰が息づく伊豆大島に住む。2000年、夏至の朝日に四方に廻る舞をさずかり、舞と古神道の道を歩む。古神道の神主、斎主 小林美元師の導きにより磐座神事に舞手として奉仕し、古神道を美元師より学ぶ。2004年より、神社音楽協会の神楽舞教室の多静子先生に師事し、神前神楽の修練する。ハワイ島 ヒロ大神宮の祭事で奉納する。
2017年、2018年、ネイティブハワイアン、ネイティブアメリカンと富士を巡る走る 襷ランの中で朝日に向かい舞を奉納 他。
2017年、神職となる。現在、神職、舞手、ハワイの野草薬草クラフターを主に活動する。


このページのトップへ










「ジャズを詠む 人生を幸せにする25のスタンダード・ナンバー」
出版記念トークイベント 『人生を幸せにする25のヒント 』










アーユルヴェーダのスペシャリストで様々な自然療法に造詣が深い
ジャズアーティストのakikoさん。
これまで開催したワークショップでは、アーユルヴェーダの叡智とジャズアーティストの活動を通して
女性として、わたしらしい生き方に響く智慧を教えていただきました。
今回、akikoさんが歩んできた生き方、ライフスタイルを綴ったはじめてのエッセイ本を出版されたばかり。
akikoさんの愛に基づく眼差しは、自分をとりまく世界が愛しいものに包まれていることに気づく
エピソードに彩られています。
まさに、音楽や五感が揺さぶられるものに出会った時に心が潤い、生きてることの豊かさを感じる感覚です。

著書のなかにある「人生はあなたの思いどおり」の紐解きをするように
自分らしく幸せに生きるための様々なお話をしていただきます。
いつものワークショップスタイルとは違って、
akikoさんのこれまでの経験や出会ってきた叡智の実践をシェアしていただきたいと思います。
きっと、インスピレーションをもたらす音楽と出会うようなお話が聞けるはずです。
幸せに導くかわいいワークもしていきます。
ワインなどもご用意します。女性同士、人生の価値観を
共に分かち合えるような大らかなひと時にしたいと思います。
ぜひ、お気軽にご参加くださいませ。


私が大好きなアーユルヴェーダの教えの一つに、
『パンチャ・コーシャ(5つの鞘)』というものがあります。
人間は、体、気、心、理性、至福という5つの鞘から成り立っていて、
至福の鞘のその中心に本当の自分(真我)がある、という考え 方です。
幸せは自分の外に存在するものではなく自分の内に「常に」存在していて、
それを感じることができるように体や心のお掃除をして行きましょう、
というのがアーユルヴェーダ。
体質診断やディナ・チャリア(アーユルヴェーダ的1日の過ごし方)よりも、
個人的に一番重要だと思うアーユルヴェーダの本質です。
同じようにホ・オポノポノの考え方や自然療法の中にも
たくさんの宇宙の叡智が隠れています。
でも大切なのは、スタイルにとらわれることではなく、
自分に本当にしっくり来るやり方を、
周りの情報に左右されることではなく自分の意思で選び取っていくこと。
ヨガもアーユルヴェーダも、言うなれば「自分の観察の練習」です。
自らの思考の現実化を意識し人生を幸せに生きるためのヒントを、
本書でも取り上げているアーユルヴェーダ、ホ・オポノポノ、ナチュロパシー、
またユングやゲーテ、シュタイナーの思想にも触れながら
みなさんとシェアして行きます。
あなたの人生は文字通り、あなたの「思い通り」なのです。

akiko


詳細

開催日時:2018年6月29日(金) 19:30~21:30
場  所:mahina pharmacy store
参加費用:3,500円(1ドリンク付き・ビオワインorハーブティをお選びください+おやつ)
お土産:アーユルヴェーダスパイスティ・サマハン

お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。

お話くださる方

akikoさん
2001年、ユニバーサルミュージック傘下の名門ジャズ・レーベル「ヴァーヴ」初の日本人女性シンガーとしてデビュー。
既存のジャズの枠に捕らわれない幅広い音楽活動で人気を博し、現在までに22枚のアルバムを発表。
国内でのコンサートツアー、TVCMやドラマでの歌唱提供始め、
パリ、ロンドン、ニューヨーク、リオ・デジャネイロ、オスロ、ニューオリンズなど、海外でのレコーディングも多く、
また、ヨーロッパでのツアーやジャズ・フェスティバルの参加など、国内外で活躍している。
これまでに「ジャズ・ディスク大賞」や「Billboard Japan Music Award」を始め、数々のミュージックアワードを受賞。
2003年には、エスティー・ローダより日本人女性に送られる美の賞
「ディファンイニング・ビューティー・アワード」を授与される。
一方、英国アーユルヴェーダカレッジ日本付属校認定アーユルヴェーダライフスタイリスト、
日本ナチュラルヒーリングセンター認定アーユルヴェーダ・ホームドクター及びライフコンサルタントの資格を取得し、
2013年からはアーユルヴェーダのワークショップやスリランカでのリトリートツアーなども実施している。
デビュー15周年となる2016年6月にアーユルヴェーダのコンセプトを元に5種類に分けた
5枚組みベストアルバム「Elemental Harmony」をリリース。国内外のツアー、フェスやイベント等に参加予定。
http://www.akiko-jazz.com


このページのトップへ









リーディング&ハーバルスキンケア プログラム
「夏至に向かう新月 自らに光をそそぐカモミール」









春から新しくなった植物療法家の塩見麻衣美さんのリーディング&ハーバルスキンケアプログラム。
今回の初夏のワークは、夏至にむかう活力ある新月に行ないます。
まさに、はじまりの勢いが高鳴る新月にぴったり。
お肌と心を調和させるスキンケアワークになります。
旬のカモミールジャーマンをリードハーブに、カモミールの甘い安らぎの香りに導かれながら、
この初夏のワークからは、麻衣美さんがそれぞれの方に必要な植物たちを 全てリーディングで選んでゆきます。
選ばれた植物たちを手がかりに、みなさんの “ 今 ” を読みとり深いところに秘められたメッセージをお伝えします。
みなさんには、リーディングで選ばれた植物に波長を合わせ手仕事をしていただきます。
また、それぞれに伝えられるメッセージは、同じ場に居合わせたそれぞれの方にも通じるものとなるはずです。
きっと必要なテーマに出会うことができるでしょう。

息切れしてしまいそうな速さで日々が過ぎて、小さな疲労が溜まる時期です。
この時期の高まる熱量と自然界の息吹きから後押しをいただき
新たな気持ちとエネルギーを蓄えるワークになりますように。
お一人ずつに丁寧にフォーカスするために4人の小さなワークショップになります。
気になる方は、お早めにお申し込みください。


<初夏>

夏に向かう光りは、熱量がピークに高まり自然界では新芽が青葉へと生長し
花々は咲き乱れ茎や幹も勢いをもって育まれます。
夏至の時期は、ご自身のハートにも光が射し込み自分の軸が熱を帯びて外へと動いていきます。
まさに真の自分を外側に表現していく季節です。
今回のワークは、夏至にむかう新月に行ないますので高いエネルギーを持ちながら
研ぎ澄まされた感覚で植物たちと出会うことができるでしょう。
リーディングで選んだ植物たちと波長を合わせてみてください。
植物との波長が共鳴しあい次への前進するエネルギーが立ち上がるはずです。

初夏の心とお肌は光と熱量のコントロールが大切です。

上昇する光と熱量、自然界の勢いに快活さを後押しされて肌代謝も高まり自力の汗・皮脂による
ナチュラルモイスチャーで潤いを保てる季節です。
ただし、強まる紫外線や梅雨時の気温差や湿度過多によって
汗や皮脂のアンバランス感がトラブルを招くことがあります。
実りの雨は命を育む大切なものですが、曇りがちな梅雨の日々は心のエネルギー不足にもつながります。
光、風、水、地、この四大元素のバランスは植物のみならず私たちの心身にも大きく影響していきます。
季節に必要なチカラを自らが作り生き抜いてきた植物たちのバランス感覚とチカラは絶妙です。
リーディングで選ばれた植物たちはチカラ強い味方です。
夏至を迎える初夏の季節に、旬の植物と光を味方にしてバランスの良いお肌と心を手にいれましょう。

この初夏のサポートハーブは、旬のカモミールジャーマンです。

毎年恒例になった蔵王の豊かな自然で育ったマヒナファーマシー大人気のハーブ、カモミールジャーマン。
夏至に向かうパワフルな光と蔵王の透明なエネルギーで育ったカモミールは、薬効作用も香りも確かなもの。
収穫して乾燥したてのドライカモミールをティンクチャーに仕込みました。
汗・皮脂などによる痒みやかぶれなどを緩和する働きや皮膚の炎症を鎮めるなど
この時期のわたしたちに光を注ぎ、心とお肌の調整に役立ちます。
カモミールをはじめとするリーディングで選ばれた
植物たちのチカラと、もたらされるメッセージを
ご自身を輝かせるために大切に受け取ってください。

たくさんの愛と感謝をこめて
植物療法家 塩見麻衣美


WS詳細

日 程 2018年 6月14日(木) 新月
昼の部 14:00~
夜の部 19:30~/※各回 定員4名様
参加費 8,500円 (リーディング及びスキンケア材料全て込み、ハーブティー付き)
持ち帰り リーディングメッセージオイル in ローション(約90~95ml)
*1本で肌ケアが完結するスキンケア/内容:有機椿油・アメジスト水・フラワーレメディ・精油・ハーブ&ストーンティンクチャ―)

お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
本文にワークショップのタイトル、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレス、
ハーブや植物療法に触れたことがありますか?
この会に期待されることがありましたら記載してください。

お話くださる方

塩見麻衣美さん
太陽星座 おうし座・月星座 ふたご座
東京都生れ O型
広告代理店にて販促企画、大手メーカーにて商品開発・商業施設開発に従事。
多忙な日々のなか、自らの不調をきっかけにフラワーエッセンスに出会う。
さらにハーブやアロマテラピーなど自然界の様々な癒しのチカラに助けられ、学びを深めていった。

2006年 ニールズヤードレメディーズ フラワーエッセンス アドバンストコース修了。
2006~2007年 国際植物療法協会(現在 自然療法機構)にて植物療法士1級取得。
2008~2010年 カリス成城 初台店に勤務。販売及び店内ミニワーク講師に従事。
2011年~ カルチャースクールなどでハーブやアロマの講師を務める。
2013年 自然療法機構にて自然療法士取得。 同機構にて講師会員として所属。

現在は、響探求会、マヒナファーマシーストアなどをはじめ
様々なかたちで講師をさせていただいている他、
“月とハーブとこころとお肌” をテーマに自宅ワークルームにて五感でつくる
ハーバルスキンケア “ヒーリングスキンケア” のワークショップを毎月開催。
マヒナファーマシ―Webマガジンのセラピストリレーでは
「月とハーブのヒーリングビューティ」をテーマに寄稿させていただいている。
ライフワークは“月とハーブと心と体” について独自に探求すること。


このページのトップへ









シュタイナーアドバンスシリーズ
第2回 「星々の進化と私たち」 


 





今年は、スピリチュアリティーをテーマに連続講座がはじまりました。
わたしたちは、宇宙の働きかけの元に、日々、現実を生きています。
なかなか、目に見えない理解しにくい感覚的な世界ですが、
シュタイナーの思想を通して、今を生き抜く感性を育んでいきたいと思います。

教えてくださる虹乃美稀子さんは、人と間近に接する保育の仕事のなかで
難解なシュタイナーの思想を現実の世界で実感し
その体験から分かりやすく解釈して伝えてくれています。
前回のテーマ「霊性」のお話も、とても現実的に理解することができました。
今、感覚的に捉えている生き辛さや自分軸を保つ上で、
必要な視点を得ることができたように思います。
まさに新しい智慧を手に入れたような実感を得られ
とても前向きなクラスになりました。

シュタイナーの世界を知りたい方、宇宙や自然をより近くに感じたい、
暮らしに取り入れていきたい、と考えてる方
季節を身近に、自然界のサイクルや自然と人のつながりを深く知りたい方
植物と仲良くなりたい、植物療法を学んでいる方には必聴です。

絵は、ダウン症の5歳の男の子・野田直太朗くんが描いたものです。
光に従って迷いのない大きくて純粋なエネルギーです。
アドバンスクラスのメッセージと共に、直太朗くんの絵をご紹介していきます。


夜空を見上げれば、天空に煌めく無数の星たち。
遠く近くの星々の光を眺めていると、様々なイマジネーションが生まれてきます。

天空とは、単なる物質界に過ぎないのでしょうか。
それとも、宇宙と呼ばれるその世界は見えない世界へと通じるトンネルなのでしょうか。

シュタイナーは、私たちの頭上に広がる天空の中でもとりわけ太陽系の惑星は、
私たちの体、人生、そして文化にも深い関わりを持っていると指摘しています。
いったい星々は人間の運命にどのように関わっているのでしょう。

そして、星もまた人間のように歴史と未来があり、進化をしていると言います。
日常の時間軸をぐぐっと広げ、深遠な宇宙の秘密に少しだけ、触れてみませんか。

 宇宙の芽生える存在よ、おまえは光の形姿のなかで、
 月の力のなかで太陽に力づけられる。
 火星の創造の響きがおまえに贈られ、
 水星の手足の動きの振動がおまえに贈られる。
 木星の輝く叡智がおまえを照らし、
 金星の愛を担った美がおまえを照らす。土星の太古の精神の内面性が
 空間存在と時間存在におまえを捧げる。

                    ールドルフ・シュタイナー

虹乃美稀子


ワークショップ詳細

日  時:6月7日(木) 午前 10:30~12:30
    :6月7日(木)  夜 19:30~21:30
場  所:mahina pharmacy store(最寄り駅:下北沢)
参加費用:4,000円(ハーブティー付き)
持  物:筆記用具
定  員:10名さま(開催人数4名以上)
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
     開催人数に達しない場合は、休講させていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、
お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


〈4月から連続講座のお知らせ〉

4月から学びの座学や季節のセレモニーの体験のプログラムがあります。
シュタイナーの思想を分かりやすく、座学の学びと体験でお伝えする講座です。

虹乃美稀子さんが保育の仕事とともに、
私生活でも支えとなってきたシュタイナーの思想について
今年は年間の座学と祝祭のワークショップを通して、
頭と身体と五感を様々に使いながらご紹介していただきます。
シュタイナーの思想が難解と呼ばれることのひとつには、
本を読み頭だけで理解するのは難しいということが挙げられます。
五感を通して感覚体験の中から理解することが重要だからです。
ワークショップではそうした体験の機会を大切にしたいと考えています。
現代人は理知的な方向に偏りすぎて生命力が弱りがちですが、
現代生活の中で生命力を取り戻す具体的な方法も
シュタイナーは示唆してくれています。

*単発でご参加いただけます。

第1回 4月5日(木) 座学「健やかな霊性との出会い」

第2回 6月7日(木) 座学「星々の進化と私たち」
天空に煌めく無数の星たち。その中でも太陽系の惑星は、
私たちの体、人生、そして文化にも深い関わりを持っていると
シュタイナーは指摘しています。
いったい星々は人間の運命にどのように関わっているのでしょう。
そして、星もまた人間のように歴史と未来があり、進化をしていると言います。
深遠な宇宙の秘密に少しだけ、触れてみませんか。

第3回 9月13日(木)座学「自己教育1」
シュタイナーは人間の成長を長いスパンで捉えています。
特に、成人した21歳以降の大人の魂の成長は
本人の「自己教育」によってしかなり得ないと言われています。
そしてその自己教育は、自分の内なる運命に基づいて行なわれます。
ひとり一人の中に隠れている密やかな思い、
自分は何のために、何をしたくて、生まれてきたのか。
秋は、自分の中の光を見いだす季節です。
人間の7年周期の歩みのリズムと照らし合わせながら、
私たちの中に眠る「内なる運命」に耳を澄ましてみましょう。

第4回 10月11日(木)座学「自己教育2」
自己教育の具体的な実践方法について触れる回です。
人智学の観点から魂を「生命化」していくレッスンについてご紹介します。
自己教育を通して自分が成長していくことは、
本当の素直な自分、自然な自分に戻ることでもあります。
それは、本質的な意味において自由な人間になっていくことです。
自分自身がどこまでも何にも捕われない、
ひとりの自由な存在であろうとすること。
シュタイナーの言いたかったことは
つまるところそれだけであったとも言われています。

第5回 11月18日(木)座学「衣食住ー美しい生活」
シュタイナー教育や医療、建築などその思想の実践現場に共通する
「美しさ」の根源はどこにあるのでしょうか。
そのヒントは、シュタイナーが遺した
自然・芸術・生活への言及から読み取ることができます。
建築、服飾、食物、言語等について芸術的感覚からアプローチし、
自らの精神と生活を豊かに高めて行くことは人生の喜びを深めてくれるでしょう。

第6回 祝祭ワークショップ アドベントセレモニー
シュタイナーの思想の下に祝われる
アドヴェント(待降節)・セレモニーは、とても静かで厳かです。
手作りのミツロウのりんごろうそくを手に、床にしつらえた、
永遠のいのちの象徴であるモミの枝の渦巻きを歩きます。
渦巻きは、人間の精神の内側に深く入っていくことを表します。
そうして「わたし」の奥深くに魂の光を見つけ、ろうそくに火を灯すのです。
一年で一番光が弱まる冬至に向かうこの季節に、
私たちの魂は光を受け入れる器となって、その器に光を宿します。
クリスマスは内なる光の再誕を祝う、精神的でそして常に新しい祝祭です。


お話くださる方

虹乃美稀子さん
シュタイナー幼児教育者(幼稚園教諭・保育士)
東北工業大学非常勤講師(コミュニティ・ネットワーク論)

仙台市保育士として7年間勤務後、シュタイナー幼児教育者養成コースに学ぶ
06年 シュタイナー親子クラスを開講
08年 シュタイナー幼稚園「虹のこども園」開園
(一般社団法人日本シュタイナー幼児教育協会団体正会員)
13年 バッチフラワーレメディ コンサルテーション資格取得
現在に至る
岩手(北上)、東京(下北沢)にてシュタイナー講座を通年開催
原発事故後、母子週末保養プロジェクト「ちいさなたびJAPAN」代表
http://sendaiyunta.com


このページのトップへ



感覚にめざめるからだとこころのためのヨガ「操・みさおヨガ」



わたしたちのからだは、ちゃんと知っているのです。

「操・みさおヨガ」は、からだがすでに知っていることを、ゆったり、やわらかく解きほぐし、
みちびき、めざめさせるヨガです。

「ヨガ」と聞いてイメージするようなアクロバティックで難しいポーズは一切ありませんが、
不思議とからだの感覚がキラキラと目覚めてゆきます。
ご自分のからだの感覚に向き合う、厳かで、静かに、優しく、凛ととしたあたたかなひと時です。
感覚に目覚めはじめると、無意識に自分がとらわれていたことや
古い観念のようなものが少しずつ外れて、シンプルで軽やかなこころとからだに変化してゆきます。
無意識のとらわれから解放されてゆくと、本来の自分に戻りほっこりと大らかなこころで
ご自分を信頼してゆくことができます。
日々の暮らしの中で、季節のめぐりの中で、パターン化された思いぐせから
からだとこころがゆらぎやすい毎日を過ごしています。
セルフケアとしてご自分の中心に戻る場所として、ご自分のタイミングでご参加してください。
ヨガを始める前に、ポイントとなる臓器やチャクラにオイルを塗って
からだとエネルギーがスムーズに循環していくようにしてヨガに入ります。
季節によってからだや精神のゆらぎがありますので、
毎月、季節に合わせたからだとこころのバランスを調整していくようなプログラムです。
ヨガやからだを動かすことが苦手な方でも安心して受けて頂けるようなゆるやかなヨガです。
また、女性特有の病気、妊娠にむけてのからだ作り、
出産後のからだを健やかに戻したい方に特におすすめです。

教えてくださる桜内操先生は、ヨガ歴30年以上のお母さん先生です。
カルチャーセンターで女性ヨガを10年担当された後、
産院で不妊治療中の方の体質改善ヨガやマタニティーヨガのクラスを受け持たれ、
現在は、不妊や女性特有のからだの悩みに応じて、
日々の暮らしのなかで使えるヨガ教室を行われています。
震災後から、福島のお母さんたちと子供さんを対象にした
保養プログラム「ちいさなたび」で、
お母さんたちのからだ立て直しのヨガクラスを担当。
太陽のようにきらきらした笑顔とユーモアと笑いを交えながら、
ひとりひとりに丁寧に向き合って教えて下さるみさお先生のクラスは人気です。
いつも好奇心と自身と対話する学びを積極的にもたれて、
あらゆる自然療法などから得た体験や知恵をヨガを通して
わたし達に惜しげもなくシェアして下さいます。
毎回6名限定の小さなクラスで開催します。


ワークショップ詳細

★新緑「初夏に向けて、陽のエネルギーに対応したからだづくり」

5月のからだは、段々、陽の気が高まり免疫力も高まってきます。
気が上昇する季節に入ってくるので、丹田にチカラをつけて神経を整え
陽の気のめぐりに合わせてゆくからだの状態をつくります。
同時に、自律神経を整える動きも大切にしてゆきます。

日  時:2017年5月21日(月)13:30〜16:00
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:4,000円(税込価格・ヨガ時に使用するオイル代、お茶)
持  物:お水、五本指靴下、敷物
定  員:6名さま
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。

このクラスは、母子保養プログラムちいさなたびを応援しています。
参加費用の中から一部寄付させていただきます。
毎年、仙台で行われる週末保養プログラムに使われます。
ちいさなたびの活動はこちら http://www.chiitabi.com


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


このページのトップへ









シュタイナーアドバンスシリーズ
第1回「健やかな霊性とは何か」 


 





連続講座は今年で2年目に入り、アドバンスクラスとなりました。
今年も年間の座学と祝祭のワークショップを通して、頭と身体と五感を様々に使いながら
ご紹介していきたいと思います。
シュタイナーの思想が難解と呼ばれることのひとつには
本を読み頭だけで理解するのは難しいということが挙げられます。
五感を通して感覚体験の中から理解することが重要だからです。
ワークショップではそうした体験の機会を大切にしたいと考えています。
現代人は理知的な方向に偏りすぎて生命力が弱りがちですが、
現代生活の中で生命力を取り戻す具体的な方法もシュタイナーは示唆してくれています。

時代は、魂の自立を促されるように、日常の動作のなかで
わたし自身を見つめる場面が立ち現れることが多くあるように思います。
魂の根源に沿ったそれぞれの在り方を尊重し、自分らしく生きることに寄り添う感性を
育む助けになれればと思っています。

教えてくださる虹乃美稀子さんは、人と間近に接する保育の仕事のなかで
難解なシュタイナーの思想を現実の世界で実感し
その体験から分かりやすく解釈して伝えてくれます。
シュタイナーの世界を知りたい方、宇宙や自然をより近くに感じたい、
暮らしに取り入れていきたい、と考えてる方
季節を身近に、自然界のサイクルや自然と人のつながりを深く知りたい方
植物と仲良くなりたい、植物療法を学んでいる方には必聴です。

絵は、ダウン症の5歳の男の子・野田直太朗くんが描いたものです。
光に従って迷いのない力強い純粋なエネルギーですね。
今年は、アドバンスクラスのメッセージと共に、直太朗くんの絵をご紹介していきます。


「スピリチュアル」という言葉が市民権を得て、もう10年以上になろうとしています。
現代社会が経済中心となり、思考も唯物的になっていくにしたがって、人々の間では見えないもの、
見えない世界に憧れたり、そこに本質的なものを求めようとする衝動もまた深まってきました。

実際、現代は再び人間の構成要素の一つであるエーテル体も肉体から自由になりつつあり、
そうした身体変化が精神世界に興味を持つ流れを生んでいると見ているシュタイナーの研究家もいます。
しかし「何となく心地よい」「何となく理解できる」という安易なアプローチは、
時に病的な心身の状態を引き起こす要因ともなります。
シュタイナーは繰り返し「目覚めた意識で、世界を認識していくこと」の大切さを話しています。

英語ではSpirituality(スピリチュアリティ)と訳される「霊性」の健やかさとは、どういう状態なのでしょうか。
人間は生きているときにのみ、自我によって霊性に働きかけることができると言われています。
その取り組みの入り口にみなさんと一緒に立ってみよう、という第1回目の講座です。
ご興味をともにしてくださる方々のご参加をお待ちしています。

虹乃美稀子


ワークショップ詳細

日  時:4月5日(木) 午前 10:30~12:30
    :4月5日(木)  夜 19:30~21:30
場  所:mahina pharmacy store(最寄り駅:下北沢)
参加費用:4,000円(ハーブティー付き)
持  物:筆記用具
定  員:10名さま(開催人数4名以上)
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
     開催人数に達しない場合は、休講させていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、
お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


〈4月から連続講座のお知らせ〉

4月から学びの座学や季節のセレモニーの体験のプログラムがあります。
シュタイナーの思想を分かりやすく、基本を学びと体験でお伝えする講座です。

虹乃美稀子さんが保育という仕事とともに、
私生活でも支えとなってきたシュタイナーの思想について
今年は年間の座学と祝祭のワークショップを通して、
頭と身体と五感を様々に使いながらご紹介していきたいと思います。
シュタイナーの思想が難解と呼ばれることのひとつには、
本を読み頭だけで理解するのは難しいということが挙げられます。
五感を通して感覚体験の中から理解することが重要だからです。
ワークショップではそうした体験の機会を大切にしたいと考えています。
現代人は理知的な方向に偏りすぎて生命力が弱りがちですが、
現代生活の中で生命力を取り戻す具体的な方法も
シュタイナーは示唆してくれています。

*単発でご参加いただけます。

第1回 4月5日(木) 座学「健やかな霊性との出会い」

第2回 6月7日(木) 座学「星々の進化と私たち」
天空に煌めく無数の星たち。その中でも太陽系の惑星は、
私たちの体、人生、そして文化にも深い関わりを持っていると
シュタイナーは指摘しています。
いったい星々は人間の運命にどのように関わっているのでしょう。
そして、星もまた人間のように歴史と未来があり、進化をしていると言います。
深遠な宇宙の秘密に少しだけ、触れてみませんか。

第3回 9月13日(木)座学「自己教育1」
シュタイナーは人間の成長を長いスパンで捉えています。
特に、成人した21歳以降の大人の魂の成長は
本人の「自己教育」によってしかなり得ないと言われています。
そしてその自己教育は、自分の内なる運命に基づいて行なわれます。
ひとり一人の中に隠れている密やかな思い、
自分は何のために、何をしたくて、生まれてきたのか。
秋は、自分の中の光を見いだす季節です。
人間の7年周期の歩みのリズムと照らし合わせながら、
私たちの中に眠る「内なる運命」に耳を澄ましてみましょう。

第4回 10月11日(木)座学「自己教育2」
自己教育の具体的な実践方法について触れる回です。
人智学の観点から魂を「生命化」していくレッスンについてご紹介します。
自己教育を通して自分が成長していくことは、
本当の素直な自分、自然な自分に戻ることでもあります。
それは、本質的な意味において自由な人間になっていくことです。
自分自身がどこまでも何にも捕われない、
ひとりの自由な存在であろうとすること。
シュタイナーの言いたかったことは
つまるところそれだけであったとも言われています。

第5回 11月18日(木)座学「衣食住ー美しい生活」
シュタイナー教育や医療、建築などその思想の実践現場に共通する
「美しさ」の根源はどこにあるのでしょうか。
そのヒントは、シュタイナーが遺した
自然・芸術・生活への言及から読み取ることができます。
建築、服飾、食物、言語等について芸術的感覚からアプローチし、
自らの精神と生活を豊かに高めて行くことは人生の喜びを深めてくれるでしょう。

第6回 祝祭ワークショップ アドベントセレモニー
シュタイナーの思想の下に祝われる
アドヴェント(待降節)・セレモニーは、とても静かで厳かです。
手作りのミツロウのりんごろうそくを手に、床にしつらえた、
永遠のいのちの象徴であるモミの枝の渦巻きを歩きます。
渦巻きは、人間の精神の内側に深く入っていくことを表します。
そうして「わたし」の奥深くに魂の光を見つけ、ろうそくに火を灯すのです。
一年で一番光が弱まる冬至に向かうこの季節に、
私たちの魂は光を受け入れる器となって、その器に光を宿します。
クリスマスは内なる光の再誕を祝う、精神的でそして常に新しい祝祭です。


お話くださる方

虹乃美稀子さん
シュタイナー幼児教育者(幼稚園教諭・保育士)
東北工業大学非常勤講師(コミュニティ・ネットワーク論)

仙台市保育士として7年間勤務後、シュタイナー幼児教育者養成コースに学ぶ
06年 シュタイナー親子クラスを開講
08年 シュタイナー幼稚園「虹のこども園」開園
(一般社団法人日本シュタイナー幼児教育協会団体正会員)
13年 バッチフラワーレメディ コンサルテーション資格取得
現在に至る
岩手(北上)、東京(下北沢)にてシュタイナー講座を通年開催
原発事故後、母子週末保養プロジェクト「ちいさなたびJAPAN」代表
http://sendaiyunta.com


このページのトップへ





対談会「春の目覚め、自由への扉」 バッチ博士とシュタイナー博士からのメッセージ


マヒナファーマシーで講座をして下さっている植物療法翻訳家の谷口みよ子さんと
シュタイナー教育者の虹乃美稀子さんの対談会です。

シュタイナー博士とバッチ博士はヨーロッパでほぼ同時代に生きながら、それぞれ人智学、
フラワーレメディーという新しい学問や療法を確立しました。
その双方に、これからの人類の進化にとって欠かせない普遍的な智慧が含まれています。
直接交流したという記録は無いものの、同時代のヨーロッパを生きた両博士の思想や世界観には
様々に共通するものが見られます。
彼らが活躍した1900年代初頭とはどんな時代だったのでしょうか?
歴史の背景を紐解いて行くと、これからの時代を生きる私たちに深い示唆を与えてくれるように思います。
内なる自分の永遠性に気づかせてくれるその両者の思想は、今の時代を生きる私たちに、
時空を超えて誠実で力強いメッセージを送り続けてくれているように感じるのです。

バッチ博士が開発した心や記憶に働きかけ癒やしに導くフラワーエッセンスを深く探求し、
翻訳や現場で広く伝えている谷口みよ子さん。
育児教育の場で難解なシュタイナーの思想を今の感性でその叡智を母子に柔軟に伝える虹乃美稀子さん。
その分野の専門家であるおふたりによって、博士たちの人物像や生きてきた時代背景を
語っていただき、今を生き抜く勇気や新たな発見をみつける会にしたいと思います。
ぜひ、ご参加くださいませ。


ワークショップ詳細

日  時:4月2日(月)19時30〜
場  所:mahina pharmacy store
参加費用:4,000円(ハーブティー付き)


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、
お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


お話くださる方

谷口みよ子さん
東京生まれ。双子座。

外資系銀行、私立美術館勤務を経て、より自分らしい生き方を模索するなかで、
1997年、フラワーエッセンスに出会う。
以降フラワーエッセンスを役立てて学ぶ過程で、
植物が象徴する自然界のことや、植物、
人間を含む全てにつながりがあることを実感するようになる。
2000年、英国バッチのヒーリングハーブス・プラクティショナー・コース(講師:故ホワード・七歩子氏)、
米国FESインテンシブ・コース(講師:R.キャッツ氏と P.カミンスキ氏)を修了。
スペースハナを主宰し、講座の主催、編集、翻訳、個人セッションなど、
フラワーエッセンスの仕事に広く携わる。現在は講師、翻訳者、プラクティショナーとして活動している。

マヒナファーマシーで「わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ」や
実用基礎/実践活用クラス、季節のワークショップ、フラワーカード・リーディングを担当。
訳書に『エドワード・バッチ著作集』(ジュリアン・バーナード編、BABジャパン、2008年)、
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』
(ジュリアン・バーナード著、英国フラワーレメディー・プログラム、2013年がある。

スペースハナ http://www.spacehana.info/
フラワーエッセンスの魅力|スペー スハナ BLOG http://spacehana.blog.fc2.com/
フラワーエッセンスの魅力・FB https://www.facebook.com/FlowerEssence.appeal/

虹乃美稀子さん
シュタイナー幼児教育者(幼稚園教諭・保育士)
東北工業大学非常勤講師(コミュニティ・ネットワーク論)

仙台市保育士として7年間勤務後、シュタイナー幼児教育者養成コースに学ぶ
06年 シュタイナー親子クラスを開講
08年 シュタイナー幼稚園「虹のこども園」開園
(一般社団法人日本シュタイナー幼児教育協会団体正会員)
13年 バッチフラワーレメディ コンサルテーション資格取得
現在に至る
岩手(北上)、東京(下北沢)にてシュタイナー講座を通年開催
原発事故後、母子週末保養プロジェクト「ちいさなたびJAPAN」代表
http://sendaiyunta.com

このページのトップへ










リーディング&ハーバルスキンケア プログラム
「春、桜花編 自らの芽吹きを立ち上げる」

 追加のクラスが決定しました! 
 





植物のチカラを最大限活かす塩見麻衣美さんのスキンケアワークが
今年からさらにパワーアップしたプログラムに変わります。

これまで、五感を研ぎ澄まし女性である感性に響かせながら
上質な植物の香りやバイブレーションを充分に体験し、
あなただけのハーバルスキンケア作りと植物からのメッセージを持ち帰り
日々の暮らしに役立てていただく提案をしてきました。

新しくはじまるこのプログラムは、
これまでのスキンケアプログラムにリーディングを加えて
さらに精度の高いメッセージをお届けしてゆきます。
季節ごとにあなただけのカルテを作り、その時のご自分の心身をしっかりとらえて
ご自身の歩みの確認、悩める方向性について明確化し、
安心して前に進んでいただけるようお手伝いをさせていただきます。
一年を通して季節を越えながら、
あなたらしさを丁寧に現実化してゆく機会にぜひお役立てください。
今回からリーディングにより深い対話をしていきますので
少人数制にさせていただきます。

満ち満ちた植物でつくるスキンケアであなたらしい美しい輝きを。
リーディングによって心を整えて自分らしさを実現してゆく一歩に。
セミプライベートスタイルで、しっかりご自身にコミットし
共有する方がいることで触発しあい
ギフトをもたらす充実したひと時になることでしょう。

引き続き、麻衣美さんからのメッセージを読み進めてみてください。

「 春 」
その立ちあがりは、増していく光りに向けて、 意識が内向きから外向きへと移り変わることからはじまります。 光が少しずつ高まりをみせ、体がゆっくりと開き、 日差しが小さな熱量を帯びて体がほのかにやわらかくなっていきます。 光りは気持ちを明るく華やかにしていきます。 ただ、その明るさはまだバランスが安定しない時でもあります。 体も目覚めはじめたばかりで油分・水分・ホルモンのバランスがとりにくく、 皮膚にもその影響が現れやすい時です。 繊細な春の目覚めの心とお肌は、 この季節ならではの花々にチカラをいただきましょう。

今回のナビゲートハーブには古来から愛されてきた「桜花」を用います。
やさしい桜色のティンクチャーには
シアワセな気分を高めてくれる不思議なチカラがあります。
さらに八重の桜花は桜茶が有名ですが、
細胞を劣化させる糖化を防ぐ抗糖化の働きや
乾燥・寒暖差による肌トラブルを改善する働きが示唆され、
飲むだけでなく外用としてスキンケアに役立てられはじめています。

また、今回から新しく加わるダウジングによって、
心の奥深くにすでに在る歩みの計画や気づきのサイン
そのタイミングなどをリーディングさせていただき、
それぞれの方にこの春のはじまりの想いや
この季節の歩みの方向付けに必要なメッセージをお届けいたします。
桜の花は喜びに満ちた春の光りを存分に受けて開きます。
その喜びとは、はじまりを応援するエネルギーに満ちたものです。
春のはじまりをやさしく包むように励ましてくれるはずです。

心に、そしてお肌に、これからをより輝かせる
応援花「桜花」をはじめとする数々の植物たちのパワー、
そんな植物たちを五感で選び、手仕事していただく “オイルinローション”と、
この季節の歩みやその方向性のご確認に“必要なメッセージ”。
どちらも ご自身のためだけの、とっておきの季節のお仕度になるはずです。
より美しくより健やかに、さらにますます輝く明日のために。

尚、この度よりダウジングでのリーディングを取り入れて行ないますので、
各回 定員4名様までという少人数制に限定させていただきます。
そうすることで、それぞれの方々と出来るだけ向き合わせていただきます。
そして、同席のご縁で結ばれた皆様同士のシェアも
温かい交流となりさらなる勇気や励みとなるはずです。
皆、様々なご縁でつながり、
時にその触れ合いが思わぬインスパイアを呼ぶことも多々あるからです。

ぜひ、新しいリーディング&ハーバルスキンケアワークにご参加ください。

※この「リーディング&ハーバルスキンケア プログラム」は、
 マヒナファーマシーのみで季節ごとに開催させていただきます。
 笹塚ワークルームでのプライベートスキンケアワーク、
 リーディング、フラワーセラピーについては、
 これまで同様に引き続きさせていただいております。
 どちらもお役立ていただけましたら幸いです。

たくさんの愛と感謝を込めて
植物療法家
塩見 麻衣美


ワークショップ詳細

日  時:追加クラス
     3月23日(金)
     昼の会 14:00~
     夜の会 19:30~
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:8,500円(リーディング及びスキンケア材料全て込み・ハーブティー付き)
おみやげ:①リーディングメッセージ 
     ②オイル in ローション1本 (約90~95ml)
     (1本で肌ケアが完結するスキンケア/内容:有機椿オイル・アメジスト水・
      フラワーレメディ・精油・月のハーブティンクチャ―)
定  員:各会4名さま限定(開催人数3名以上)
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
     開催人数に達しない場合は休講とさせていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
本文にワークショップのタイトル、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレス、
ハーブや植物療法に触れたことがありますか?
この会に期待されることがありましたら記載してください。
ご参加が決まりましたらカルテの記載が必要になりますので追ってお知らせいたします。


お話くださる方

塩見麻衣美さん
太陽星座 おうし座・月星座 ふたご座
東京都生れ O型

広告代理店にて販促企画、大手メーカーにて商品開発・商業施設開発に従事。
多忙な日々のなか、自らの不調をきっかけにフラワーエッセンスに出会う。
さらにハーブやアロマテラピーなど自然界の様々な癒しのチカラに助けられ、学びを深めていった。

2006年 ニールズヤードレメディーズ フラワーエッセンス アドバンストコース修了。
2006~2007年 国際植物療法協会(現在 自然療法機構)にて植物療法士1級取得。
2008~2010年 カリス成城 初台店に勤務。販売及び店内ミニワーク講師に従事。
2011年~ カルチャースクールなどでハーブやアロマの講師を務める。
2013年 自然療法機構にて自然療法士取得。 同機構にて講師会員として所属。

現在は、響探求会、マヒナファーマシーストアなどをはじめ
様々なかたちで講師をさせていただいている他、
“月とハーブとこころとお肌” をテーマに自宅ワークルームにて五感でつくる
ハーバルスキンケア “ヒーリングスキンケア” のワークショップを毎月開催。
マヒナファーマシ―Webマガジンのセラピストリレーでは
「月とハーブのヒーリングビューティ」をテーマに寄稿させていただいている。
ライフワークは“月とハーブと心と体” について独自に探求すること。


このページのトップへ



感覚にめざめるからだとこころのためのヨガ「操・みさおヨガ」



わたしたちのからだは、ちゃんと知っているのです。

「操・みさおヨガ」は、からだがすでに知っていることを、ゆったり、やわらかく解きほぐし、
みちびき、めざめさせるヨガです。

「ヨガ」と聞いてイメージするようなアクロバティックで難しいポーズは一切ありませんが、
不思議とからだの感覚がキラキラと目覚めてゆきます。
ご自分のからだの感覚に向き合う、厳かで、静かに、優しく、凛ととしたあたたかなひと時です。
感覚に目覚めはじめると、無意識に自分がとらわれていたことや
古い観念のようなものが少しずつ外れて、シンプルで軽やかなこころとからだに変化してゆきます。
無意識のとらわれから解放されてゆくと、本来の自分に戻りほっこりと大らかなこころで
ご自分を信頼してゆくことができます。
日々の暮らしの中で、季節のめぐりの中で、パターン化された思いぐせから
からだとこころがゆらぎやすい毎日を過ごしています。
セルフケアとしてご自分の中心に戻る場所として、ご自分のタイミングでご参加してください。
ヨガを始める前に、ポイントとなる臓器やチャクラにオイルを塗って
からだとエネルギーがスムーズに循環していくようにしてヨガに入ります。
季節によってからだや精神のゆらぎがありますので、
毎月、季節に合わせたからだとこころのバランスを調整していくようなプログラムです。
ヨガやからだを動かすことが苦手な方でも安心して受けて頂けるようなゆるやかなヨガです。
また、女性特有の病気、妊娠にむけてのからだ作り、
出産後のからだを健やかに戻したい方に特におすすめです。

教えてくださる桜内操先生は、ヨガ歴30年以上のお母さん先生です。
カルチャーセンターで女性ヨガを10年担当された後、
産院で不妊治療中の方の体質改善ヨガやマタニティーヨガのクラスを受け持たれ、
現在は、不妊や女性特有のからだの悩みに応じて、
日々の暮らしのなかで使えるヨガ教室を行われています。
震災後から、福島のお母さんたちと子供さんを対象にした
保養プログラム「ちいさなたび」で、
お母さんたちのからだ立て直しのヨガクラスを担当。
太陽のようにきらきらした笑顔とユーモアと笑いを交えながら、
ひとりひとりに丁寧に向き合って教えて下さるみさお先生のクラスは人気です。
いつも好奇心と自身と対話する学びを積極的にもたれて、
あらゆる自然療法などから得た体験や知恵をヨガを通して
わたし達に惜しげもなくシェアして下さいます。
毎回6名限定の小さなクラスで開催します。


ワークショップ詳細

★2月「敏感な時期」
一年のなかで一番寒さが厳しく、同時に冬から春に向かって季節が大きく変わる
敏感な時期なので心身の繊細な調整が必要です。
からだのバランスを取るのが難しく、一年のなかでもっとも変動力が激しい。

日  時:2018年2月26日(月)13:30〜15:30
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:4,000円(税込価格・ヨガ時に使用するオイル代、お茶)
持  物:お水、五本指靴下、敷物
定  員:6名さま
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。

このクラスは、母子保養プログラムちいさなたびを応援しています。
参加費用の中から一部寄付させていただきます。
毎年、仙台で行われる週末保養プログラムに使われます。
ちいさなたびの活動はこちら http://www.chiitabi.com


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


このページのトップへ










リーディング&ハーバルスキンケア プログラム
「春、桜花編 自らの芽吹きを立ち上げる」








植物のチカラを最大限活かす塩見麻衣美さんのスキンケアワークが
今年からさらにパワーアップしたプログラムに変わります。

これまで、五感を研ぎ澄まし女性である感性に響かせながら
上質な植物の香りやバイブレーションを充分に体験し、
あなただけのハーバルスキンケア作りと植物からのメッセージを持ち帰り
日々の暮らしに役立てていただく提案をしてきました。

新しくはじまるこのプログラムは、
これまでのスキンケアプログラムにリーディングを加えて
さらに精度の高いメッセージをお届けしてゆきます。
季節ごとにあなただけのカルテを作り、その時のご自分の心身をしっかりとらえて
ご自身の歩みの確認、悩める方向性について明確化し、
安心して前に進んでいただけるようお手伝いをさせていただきます。
一年を通して季節を越えながら、
あなたらしさを丁寧に現実化してゆく機会にぜひお役立てください。
今回からリーディングにより深い対話をしていきますので
少人数制にさせていただきます。

満ち満ちた植物でつくるスキンケアであなたらしい美しい輝きを。
リーディングによって心を整えて自分らしさを実現してゆく一歩に。
セミプライベートスタイルで、しっかりご自身にコミットし
共有する方がいることで触発しあい
ギフトをもたらす充実したひと時になることでしょう。

引き続き、麻衣美さんからのメッセージを読み進めてみてください。

「 春 」
その立ちあがりは、増していく光りに向けて、 意識が内向きから外向きへと移り変わることからはじまります。 光が少しずつ高まりをみせ、体がゆっくりと開き、 日差しが小さな熱量を帯びて体がほのかにやわらかくなっていきます。 光りは気持ちを明るく華やかにしていきます。 ただ、その明るさはまだバランスが安定しない時でもあります。 体も目覚めはじめたばかりで油分・水分・ホルモンのバランスがとりにくく、 皮膚にもその影響が現れやすい時です。 繊細な春の目覚めの心とお肌は、 この季節ならではの花々にチカラをいただきましょう。

今回のナビゲートハーブには古来から愛されてきた「桜花」を用います。
やさしい桜色のティンクチャーには
シアワセな気分を高めてくれる不思議なチカラがあります。
さらに八重の桜花は桜茶が有名ですが、
細胞を劣化させる糖化を防ぐ抗糖化の働きや
乾燥・寒暖差による肌トラブルを改善する働きが示唆され、
飲むだけでなく外用としてスキンケアに役立てられはじめています。

また、今回から新しく加わるダウジングによって、
心の奥深くにすでに在る歩みの計画や気づきのサイン
そのタイミングなどをリーディングさせていただき、
それぞれの方にこの春のはじまりの想いや
この季節の歩みの方向付けに必要なメッセージをお届けいたします。
桜の花は喜びに満ちた春の光りを存分に受けて開きます。
その喜びとは、はじまりを応援するエネルギーに満ちたものです。
春のはじまりをやさしく包むように励ましてくれるはずです。

心に、そしてお肌に、これからをより輝かせる
応援花「桜花」をはじめとする数々の植物たちのパワー、
そんな植物たちを五感で選び、手仕事していただく “オイルinローション”と、
この季節の歩みやその方向性のご確認に“必要なメッセージ”。
どちらも ご自身のためだけの、とっておきの季節のお仕度になるはずです。
より美しくより健やかに、さらにますます輝く明日のために。

尚、この度よりダウジングでのリーディングを取り入れて行ないますので、
各回 定員4名様までという少人数制に限定させていただきます。
そうすることで、それぞれの方々と出来るだけ向き合わせていただきます。
そして、同席のご縁で結ばれた皆様同士のシェアも
温かい交流となりさらなる勇気や励みとなるはずです。
皆、様々なご縁でつながり、
時にその触れ合いが思わぬインスパイアを呼ぶことも多々あるからです。

ぜひ、新しいリーディング&ハーバルスキンケアワークにご参加ください。

※この「リーディング&ハーバルスキンケア プログラム」は、
 マヒナファーマシーのみで季節ごとに開催させていただきます。
 笹塚ワークルームでのプライベートスキンケアワーク、
 リーディング、フラワーセラピーについては、
 これまで同様に引き続きさせていただいております。
 どちらもお役立ていただけましたら幸いです。

たくさんの愛と感謝を込めて
植物療法家
塩見 麻衣美


ワークショップ詳細

日  時:3月16日(金) 定員に達しました
     昼の会 14:00~
     夜の会 19:30~
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:8,500円(リーディング及びスキンケア材料全て込み・ハーブティー付き)
おみやげ:①リーディングメッセージ 
     ②オイル in ローション1本 (約90~95ml)
     (1本で肌ケアが完結するスキンケア/内容:有機椿オイル・アメジスト水・
      フラワーレメディ・精油・月のハーブティンクチャ―)
定  員:各会4名さま限定(開催人数3名以上)
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
     開催人数に達しない場合は休講とさせていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
本文にワークショップのタイトル、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレス、
ハーブや植物療法に触れたことがありますか?
この会に期待されることがありましたら記載してください。
ご参加が決まりましたらカルテの記載が必要になりますので追ってお知らせいたします。


お話くださる方

塩見麻衣美さん
太陽星座 おうし座・月星座 ふたご座
東京都生れ O型

広告代理店にて販促企画、大手メーカーにて商品開発・商業施設開発に従事。
多忙な日々のなか、自らの不調をきっかけにフラワーエッセンスに出会う。
さらにハーブやアロマテラピーなど自然界の様々な癒しのチカラに助けられ、学びを深めていった。

2006年 ニールズヤードレメディーズ フラワーエッセンス アドバンストコース修了。
2006~2007年 国際植物療法協会(現在 自然療法機構)にて植物療法士1級取得。
2008~2010年 カリス成城 初台店に勤務。販売及び店内ミニワーク講師に従事。
2011年~ カルチャースクールなどでハーブやアロマの講師を務める。
2013年 自然療法機構にて自然療法士取得。 同機構にて講師会員として所属。

現在は、響探求会、マヒナファーマシーストアなどをはじめ
様々なかたちで講師をさせていただいている他、
“月とハーブとこころとお肌” をテーマに自宅ワークルームにて五感でつくる
ハーバルスキンケア “ヒーリングスキンケア” のワークショップを毎月開催。
マヒナファーマシ―Webマガジンのセラピストリレーでは
「月とハーブのヒーリングビューティ」をテーマに寄稿させていただいている。
ライフワークは“月とハーブと心と体” について独自に探求すること。


このページのトップへ








太陽の光をチカラに、花のように生きる
~フラワーカード・リーディング入門〜






フラワーカードリーディングの入門クラスです。
このクラスは、太陽のお昼の時間に軽やかで美しい花のカードを使って、
自分と向き合う一助にする方法を学びながら、
実際にエッセンスを飲んで実体験を重ね日常生活に生かしてゆくクラスです。
ここで使用するバッチのエッセンスのすべて花は、太陽の光と呼応しています。
カードを使うことで花のスピリットとの共感力を呼び覚まし
直感で今のご自分にふさわしいエッセンスを選ぶのに最適なツールです。

太陽の時間にお花の前向きなエネルギーと共鳴して、あなたの内的な面へ働きかけながら
現実の意識や行動を高め起動することを後押ししてゆきます。

「花と光、花と女性」

自然界は、冬至を終えて春の新しいサイクルを経由して夏至に向かっています。
フラワーエッセンスは、太陽の光のエネルギーを
充分に受けて満開に咲いた花を使って作られます。
そして、花は植物の生殖器官です。
それは、わたしたちの中にある女性性を象徴しています。
わたしたちの根底には、 女性的、受容的な性質と
男性的、行動的な性質の両方を持ち合わせています。
男性性が意志の力で物事を具現化する力を表現し
女性性は、受容し豊かに実りをもたらす力を表します。
ちょうど花が宇宙からエネルギーや情報を受け取って
地上のわたしたちに働きかけるように。
わたしたち女性は、五感、感受性で受け取って、
受容力、包容力で 現実にしっかりとつながり
この世界を豊かにする存在です。

このワークショップでは、フラワーエッセンスと
バッチフラワー・ オラクルカードをメインに使っていきます。
フラワーエッセンスで自分自身とつながり、
自分らしく今を生きる 体験を重ねると同時に、
フラワーカードで花が色や形を通して表している
メッセージを受け取る感受性と理解力を育てていきます。
女性と共鳴性が高い花とつながることで、
女性本来の持つ受容し豊かに実らせる能動的なチカラが立ち上がり
ポジティブにわたし自身を導くことができるのです。

バッチフラワーオラクルカードは、色鮮やかでバッチフラワーのポジティブな面を
童話の世界のような分かりやすいタッチで表してくれています。
カードを使うことで花のスピリットを呼び覚まし、
直感で今のご自分にふさわしいエッセンスを選ぶのに最適なツールです。
花のカードを通じてフラワーエッセンスを気軽に選ぶやり方も学んで体験してゆきます。

花の持つ能動的なエネルギー。
それは、自分らしい思いや感覚を現 実に表現してゆくことであり、
女性が内側にすでに備わっている、物事を柔軟に受け入れ、見極め、
育むことによって調和に導く生きるチカラ。
花の語りかけを実際に体験し、理解を深めていくことで内なる女性性を高め
今のご自身の歩みをさらに一歩進める機会にしてみてください。
2018年、フラワーエッセンスを楽しく体験しながら、
ご自身の魂をより前向きに起動させるチューニングにぜひご参加ください。

昼間の時間帯にフラワーエッセンスの学びや体験を深めたい方にオススメです。
ぜひ、気になる方、軽やかにご参加できるクラスです。

オラクルカードを使った「太陽のクラス」を昼間の時間帯に行います。
この4回クラスは、ちょうど立春を過ぎて夏至に向かう、太陽が光の力を強める時期です。
月は無意識とのつながりが深い一方、太陽はわたしたちの意識や意志、行動力や実現力と関わりがあります。
今年は、去年までの努力や行動をいよいよ形にしようと思う方が、とても多くいらっしゃるように感じます。
物事を実現していくのに大切なのは、現実的な意志や行動力、そして無意識とのつながりです。
現実に実行していく時、自分の心の奥にある本当の願いに気づいて、それを尊重すること、
そしてできれば意識と無意識の調和がとれていることは、とても大事です。
この太陽のクラスでは、心を整えて引いたオラクルカードを導きに、ご自身の「今」に焦点を当て
フラワーエッセンスを体験していただきます。
オラクルカードの言葉だけでなく、その根底にある植物のメッセージも受け取りながら、
ご自身の今の経験を深く掘り下げ、意識の方向性や行動力を明確にして進むためのプログラムです。
わたしたちも自然の一部として、自然界との共鳴について学びます。
今回も、明るい光の方向へ成長しようと願う、ご縁のある皆さまとご一緒させていただけるのを楽しみにしています。

谷口 みよ子 *mi-tan


●こんな方におすすめです。

・自分の魅力を自然な形で表現したい方
・夢を形にする意志や行動力に花の力を生かしたい方
・自分を大切にしながら、皆にとっても良いことを見つけたい方
・静かに待つ、見守って受け取る、客観性と冷静さを育てたい方
・花や植物のメッセージに興味が ある方
・花のチカラをもっと知りたい方
・植物や花が大好きな方
・月や太陽のチカラを自分に生かしたい方
・太陽とのつながりを強く感じる方
・自分の女性らしさをもっと大切にしたい方
・フラワーカードでフラワーエッセンスを選びたい方
・自分のために何をしたらよいのかわからない方


ワークショップ詳細

日  程:全4回 第一回目・2月16日(金)、第二回目・3月26日(月)
     第三回目・4月27日(金)、第四回目・5月8日(火)
時  間:13時30分~15時30分
場  所:mahina pharmacy store
参加費用:参加費用:各会 6,480円(税込価格・テキスト、ハーブティー付き) 
     基本的に4回の連続クラスになっております。全クラス参加をお願いいたします。
     お支払は、4回分一括でお支払下さる場合は消費税分1,920円値引きさせていただき24,000円になります。
     各回ごとに分割でお支払いされたい場合は1回 6,480円となります。
     こちらは欠席されてもその回のお支払もお願いしています。
おみやげ:お作りになったフラワーエッセンス
持  物:筆記用具、フラワーオラクルカード※
     ※ すでにお持ちの方はご持参ください。ストアでもご購入いただけます。
     お申し込みの際、詳細をお伝えいたします。
定  員:8名 *定員になり次第締め切らせていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
*各回ごとに分割でお支払いされたい場合は、その旨ご連絡ください。


お話くださる方

谷口みよ子さん
東京生まれ。双子座。
外資系銀行、私立美術館勤務を経て、より自分らしい生き方を模索するなかで、
1997年、フラワーエッセンスに出会う。
以降フラワーエッセンスを役立てて学ぶ過程で、
植物が象徴する自然界のことや、植物、
人間を含む全てにつながりがあることを実感するようになる。
2000年、英国バッチのヒーリングハーブス・プラクティショナー・コース(講師:故ホワード・七歩子氏)、
米国FESインテンシブ・コース(講師:R.キャッツ氏と P.カミンスキ氏)を修了。
スペースハナを主宰し、講座の主催、編集、翻訳、個人セッションなど、
フラワーエッセンスの仕事に広く携わる。現在は講師、翻訳者、プラクティショナーとして活動している。

マヒナファーマシーで「わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ」や
実用基礎/実践活用クラス、季節のワークショップ、フラワーカード・リーディングを担当。
訳書に『エドワード・バッチ著作集』(ジュリアン・バーナード編、BABジャパン、2008年)、
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』
(ジュリアン・バーナード著、英国フラワーレメディー・プログラム、2013年)がある。

スペースハナ http://www.spacehana.info/
フラワーエッセンスの魅力|スペー スハナ BLOG http://spacehana.blog.fc2.com/
フラワーエッセンスの魅力・FB https://www.facebook.com/FlowerEssence.appeal/


このページのトップへ






わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ vol.7
2018年2月スタート
宇宙の時間軸を月と共に生きるフラワーエッセンス




2018年めざめの春に向けて2月からスタートする
月のサイクル「新月、上弦の月、満月、下弦の月」に合わせて
フラワーエッセンスを学び、体験してゆくクラスです。
冬至を終えてゆっくりと夏至に向かう「活動」のサイクルへと
旧暦の新年のスタートは内側を起動させる後押しとなるでしょう。

月は、一番身近な自然界の動きを表現し、わたしたち女性のからだのリズムと同調しています。
その月の歩みに合わせて、自分の内側にひそむ本来の自分を探し、つながってゆく
小さな旅を毎月体験してゆくようなプログラムです。
本来のわたしと出会い、自分らしい歩みに向かう大きなサポートになる体験となるでしょう。
同時に、植物の微細な働きかけをリアルに感じることができ、
フラワーエッセンスの本質に触れる学びにもなります。

この WS では、宇宙の一部である「わたし」が、
自然の営みや宇宙のリズムと調和的に生きてゆくことに焦点を当て、
月のサイクル ( 新月―上弦の月―満月 ―下弦の月 ) に沿った日程で4回の連続クラスとして行います。
月のサイクルに視点を持つことで、自然界から発するエネルギーやメッセージを現実に受け取りながら
自分の内側に深く入り、あらたな調和をもたらすツールとしてフラワーエッセンスを使っていきます。
日常に具体的に役立てられる方法をグループでシェアしていく予定です。
参加者一人ひとりに起こる変容の流れを分かち合いながら進む、とても充実した会です。

植物は、宇宙が生み出すリズムやカタチを示す存在です。
植物からなるフラワーエッセンスは、宇宙とわたしたちをつなぐ知恵とチカラになり、
わたしたちの心や感情に深く調和の作用をもたらす、
力強いハーモナイザー(調整役)になってくれるでしょう。
すべての健やかさは、自らが自分自身とつながり調和していることからはじまり、
それが、宇宙や自然界との調和につながってゆくことだと思います。
そして、その調和が変容を受け入れる勇気になっていくのだと思います。

月に時間軸を合わせ、感情や心の奥に入ってゆくプロセスはとてもパワフルで
現実に深い学びをもたらすこともたくさん出てくるかもしれません。
ご自分と対話してゆくことは勇気を必要とすることも多いものですが、
このプログラムはご自身で、心の奥に暗く潜む静寂の扉を開き
大きな光と新しい風をもたらす特別な体験になってゆくでしょう。
そうして、今をわたしらしく軽やかに生きてゆく知恵を育んでゆく会になることを願っています。

新しい一年のはじまりに、静かにご自分とつながり整えることで
活動的な光の季節に向けて内側から起動する自分らしいエネルギーが開いてゆくことでしょう。
ご自分の新しい年の歩みを大切に過ごすために、ぜひお役立てください。

フラワーエッセンスはいつでもどこでも安全に使えるセルフ・ヘルプのツールの一つ。
本来の自分のバランスを取り戻すサポートとして、調和した植物の生きる力のパターンを持つ、
バッチのフラワーエッセンスを役立てていきます。

*バッチのフラワーエッセンス(フラワーレメディー)は80 年前に
 イギリス人医師バッチ博士が完成させて以来、世界の主な国々で愛用されています。

女性のこころとからだは月の満ち欠けと呼応しています。
私たちは意識せず、自然の力を体と心で感じ取っています。
月は無意識(潜在意識)と深いつながりがあります。
月のサイクル(新月─上弦─満月─下弦)で、
「新月」はいつも新しい始まりを意味しています。
そして「上弦」を経て、「満月」に向かってゆっくりと力を蓄えます。
満月が過ぎると、こんどは「下弦」を経て「新月」に向かい、
不要なものを手放す浄化のプロセスが進みます。
月だけでなく、太陽のサイクルもあります。
太陽は今、6月の夏至に向けて光の力を強めています。
月や太陽、そして植物や生物の成長サイクルなど、
自然界はつねにめぐっています。
2月にスタートする「月のクラス」では、わたしたちも自然の一部として、
自然界の、特に月のリズムを意識しながらフラワーエッセンスを体験します。
自然やご自分とのつながりを強め、
本来の魅力や実力に目覚めて前進するためのプログラムです。
今回も、ご自分の変化や成長を心から願う、ご縁のある皆さまと学び、
変容のプロセスをご一緒させていただけるのを楽しみにしています。

谷口 みよ子 *mi-tan


●こんな方におすすめです。

・自分のことをもっとよく知りたい方
・「心の声」をはっきり聴きたい方
・顕在意識と潜在意識(意識と無意識)のバランスを取りたい方
・自分の心(感情や思い)とうまくつき合いたい方
・植物や花が大好きな方
・自分の女性らしさを大切にしたい方
・自然界と人間とのつながりに興味がある方
・植物のチカラを知りたい方
・自分のために何をしたらよいのかわからない方
・自分の感受性や感性を信頼して育てていきたい方
・自然や月・太陽の影響力に興味がある方
・月や太陽のチカラを自分に生かしたい方
・周囲と調和しながら、自分を大切にしたい方
・夢やヴィジョンを形にしていく方法を探している方
・インスピレーションや気づきを最大限に生かしたい方

ワークショップ詳細 2018年2月スタート (春分~夏至)

開催日時:*第1回 2018年2月16日(金) 《新月》 19:30~21:30
     〈こころのケア〉感情との調和(1)
     ・38種の「12-7-19」の分類と19種のフラワーエッセンスについて(1)
     ・フラワーエッセンスの基本情報と自分のためのエッセンスを選ぶアプローチ

     *第2回 3月26日(月) 《上弦の月》19:30~21:30
     〈からだのケア〉感情との調和(2)
     ・19種のフラワーエッセンスについて(2)
     ・日々の感情と向き合う時のポイント

     *第3回 4月27日(金) 《満月》 19:30~21:30
     〈オーラ・エーテル体のケア〉わたしの思いグセを知る
     ・後天的な気質と先天的なタイプ
     ・後天的な 7 つの気質に対応するフラワーエッセンス
     ・パターン化した言動とは?

     *第4回 5月8日(火) 《下弦の月》 19:30~21:30
     〈共鳴を生かす〉生まれ持った気質を探る
     ・12 の生まれ持った気質 (タイプ) について
     ・12 のキーワード

      *内容は場合によって、変更することがあります。


ワークショップ詳細

場  所:mahina pharmacy store
参加費用:参加費用:各会 6,480円(税込価格・テキスト、ハーブティー)
     基本的に4回の連続クラスになっております。全クラス参加をお願いいたします。
     お支払は、4回分一括でお支払下さる場合は消費税分1,920円値引きさせていただき24,000円となります。
     各回ごとに分割でお支払いされたい場合は1回 6,480円となります。
おみやげ:お作りになったフラワーエッセンス
持  物:筆記用具
定  員:各クラス先着8名


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
*各回ごとに分割でお支払いされたい場合は、その旨ご連絡ください。


お話くださる方

谷口みよ子さん
東京生まれ。双子座。
外資系銀行、私立美術館勤務を経て、より自分らしい生き方を模索するなかで、1997年、フラワーエッセンスに出会う。以降フラワーエッセンスを役立てて学ぶ過程で、植物が象徴する自然界のことや、植物、人間を含む全てにつながりがあることを実感するようになる。

2000年、英国バッチのヒーリングハーブス・プラクティショナー・コース(講師:故ホワード・七歩子氏)、米国FESインテンシブ・コース(講師:R.キャッツ氏と P.カミンスキ氏)を修了。スペースハナを主宰し、講座の主催、編集、翻訳、個人セッションなど、フラワーエッセンスの仕事に広く携わる。現在は講師、翻訳者、花療法家として活動中。

マヒナファーマシーで「わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ」や実用基礎/実践活用クラス、季節のワークショップ、フラワーカード・リーディング等を担当。訳書に『エドワード・バッチ著作集』(ジュリアン・バーナード編、BABジャパン、2008年)、『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』(ジュリアン・バーナード著、英国フラワーレメディー・プログラム、2013年がある。

HP スペースハナ http://www.spacehana.info/
BLOG フラワーエッセンスの魅力|スペー スハナ BLOG http://spacehana.blog.fc2.com/
FACEBOOK フラワーエッセンスの魅力・FB https://www.facebook.com/FlowerEssence.appeal/


このページのトップへ



感覚にめざめるからだとこころのためのヨガ「操・みさおヨガ」



わたしたちのからだは、ちゃんと知っているのです。

「操・みさおヨガ」は、からだがすでに知っていることを、ゆったり、やわらかく解きほぐし、
みちびき、めざめさせるヨガです。

「ヨガ」と聞いてイメージするようなアクロバティックで難しいポーズは一切ありませんが、
不思議とからだの感覚がキラキラと目覚めてゆきます。
ご自分のからだの感覚に向き合う、厳かで、静かに、優しく、凛ととしたあたたかなひと時です。
感覚に目覚めはじめると、無意識に自分がとらわれていたことや
古い観念のようなものが少しずつ外れて、シンプルで軽やかなこころとからだに変化してゆきます。
無意識のとらわれから解放されてゆくと、本来の自分に戻りほっこりと大らかなこころで
ご自分を信頼してゆくことができます。
日々の暮らしの中で、季節のめぐりの中で、パターン化された思いぐせから
からだとこころがゆらぎやすい毎日を過ごしています。
セルフケアとしてご自分の中心に戻る場所として、ご自分のタイミングでご参加してください。
ヨガを始める前に、ポイントとなる臓器やチャクラにオイルを塗って
からだとエネルギーがスムーズに循環していくようにしてヨガに入ります。
季節によってからだや精神のゆらぎがありますので、
毎月、季節に合わせたからだとこころのバランスを調整していくようなプログラムです。
ヨガやからだを動かすことが苦手な方でも安心して受けて頂けるようなゆるやかなヨガです。
また、女性特有の病気、妊娠にむけてのからだ作り、
出産後のからだを健やかに戻したい方に特におすすめです。

教えてくださる桜内操先生は、ヨガ歴30年以上のお母さん先生です。
カルチャーセンターで女性ヨガを10年担当された後、
産院で不妊治療中の方の体質改善ヨガやマタニティーヨガのクラスを受け持たれ、
現在は、不妊や女性特有のからだの悩みに応じて、
日々の暮らしのなかで使えるヨガ教室を行われています。
震災後から、福島のお母さんたちと子供さんを対象にした
保養プログラム「ちいさなたび」で、
お母さんたちのからだ立て直しのヨガクラスを担当。
太陽のようにきらきらした笑顔とユーモアと笑いを交えながら、
ひとりひとりに丁寧に向き合って教えて下さるみさお先生のクラスは人気です。
いつも好奇心と自身と対話する学びを積極的にもたれて、
あらゆる自然療法などから得た体験や知恵をヨガを通して
わたし達に惜しげもなくシェアして下さいます。
毎回6名限定の小さなクラスで開催します。


ワークショップ詳細

★1月「厳寒期の冷え対策」
冷えにとらわれたからだの緊張を緩ましながら
できるだけ表にでる熱を少なくする。
首、手首、足首を冷やさない。
足の付根をマッサージして血行を良くすることで丹田を温める。

日  時:2018年1月29日(月)13:30〜15:30
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:4,000円(税込価格・ヨガ時に使用するオイル代、お茶)
持  物:お水、五本指靴下、敷物
定  員:6名さま
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。

このクラスは、母子保養プログラムちいさなたびを応援しています。
参加費用の中から一部寄付させていただきます。
毎年、仙台で行われる週末保養プログラムに使われます。
ちいさなたびの活動はこちら http://www.chiitabi.com


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


このページのトップへ



workshop:90 再生のセレモニー・シュタイナークリスマスアドヴェント



今年を締めくくるにふさわしいシュタイナーの
聖なるプログラム・クリスマスアドヴェントセレモニー。
一年を通して深めたシュタイナーの学びと体験。
燃え盛った魂への問いかけ、あなたがあなたであることを
模索しためまぐるしい一年だったことでしょう。
シュタイナーの思想は、今のわたしたちにとって自分の霊性をみつめ
宇宙、自然界への理解に大きなサポートになるメッセージにあふれてました。

冬至。
わたしたちの魂の象徴となるりんごのみつろうキャンドルと共に、
もみの木の回廊のなかを静かに、静かに入り、冬至の深い闇の世界を体験します。
その闇の奥から照らされる光はわたしたちの魂の光です。
このセレモニーを体験することで、今年のご自分が経験したたくさんの熱量を鎮め
新しいサイクルを迎える冬至に、ご自分の光が新たに生まれ変わり立ち上がってゆく体験を
仲間と共に分かち合い確認する機会となります。
とても聖なる、かけがえのない瞬間です。
わたしは、ひとりではない。
静かな勇気と感動に包まれる特別なひととき。
聖なる心の再生を祝うクリスマスセレモニーは、白の衣服でご参加ください。
一年の締めくくりに乙女の心で。
透明なわたしを迎えるために。

仙台でシュタイナー幼稚園を主宰している
虹乃美稀子さんを迎えてみなさんと体験してゆくワークショップです。
会では、アドヴェントの座学とセレモニーに使うりんごのみつろうキャンドルと
シュタイナーらしい羊毛ひつじ作りの手仕事をしながらセレモニーに臨んでゆきます。
今年も終わりに近づいてきて、がんばったご自分にセレモニーを通して対話し
また新しいめぐりに備える機会になりますように。

冬至。
それは一年の中でいちばん、日の光が弱まる日。
闇がひときわ深まる日。
その日、私たちは自らの内側に深く入り込み、内なる光を見つけます。
ちいさなその光は、自分自身の魂の成長を導く自我の光であり
新しい年の自分の在りようを内側から導いていく、大切な光です。

シュタイナーの思想のもとに祝われるクリスマスのアドヴェント(待降節)・セレモニーは、
とても静かで厳かです。
ほのかに甘く香るミツロウのりんごろうそくを手に、
床にしつらえた、永遠のいのちの象徴であるモミの枝の渦巻きを歩きます。
渦巻きは、人間の精神の内側に深く入っていくことを表します。
そうして「わたし」の奥深くに魂の光を見つけ、ろうそくに火を灯すのです。

りんごの赤は、あたたかな血液の流れる肉体を持った私たち人間の魂を象徴しています。
そこに灯される、ちいさなみつろうの光。
一年で一番光が弱まる冬至に向かうこの季節に、
私たちの魂は光を受け入れる器となって、その器に光を宿します。
クリスマスは内なる光の再誕を祝う、精神的でそして常に新しい祝祭です。

セレモニーは古来より、大いなる自然界とのつながりを意識的に取り戻す機会でもありました。
冬至の闇から新しく生まれる小さな光を内側に灯し、
来年の自分自身の歩く道を照らす光としましょう。

それは、わたししか知らない新しい道。
星の明かりに照らされて歩む道。
その道をともに歩んでくれる小さな羊も、今年は一緒に作りましょう。
どうぞお楽しみに。

虹乃美稀子


ワークショップ詳細

日  時:12月21日(木)午前の会 10時30〜 / 夜の会 19時30〜
場  所:mahina pharmacy store
参加費用:5,000円(税込価格・ハーブティー)
おみやげ:再生を象徴する白の衣服やなにか身につけてご参加ください。
     お作りになった物(羊毛のひつじ、りんごのみつろうキャンドル)
持  物:筆記用具、りんごの芯抜き
定  員:各会10名さま(開催人数4名以上)
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。

お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
開催人数に達しない場合は、休講させていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


お話くださる方

虹乃美稀子さん
spaceship 仙台ゆんた主宰、虹のこども園 園長/担任
1994年~2001年 仙台市保育士として保育所や児童相談所に勤務。
2000年 仙台ゆんた オープン。
2001年~2005年 シュタイナー幼児教育者養成コース(横浜)に学ぶ。
2006年、シュタイナ―親子クラスを開く。
2008年、シュタイナー教育を実践する「虹のこども園 」を開園。
子どもたちをありのままに、健やかに育てることが困難な現代において、
自然育児に光を見いだす母親と子どもたちのための育児サポートを行っている。
震災後、「母子週末保養プロジェクト ちいさなたびJAPAN」の活動も始める。
《ウェブサイト》http://spaceship-yunta.com


このページのトップへ



workshop:89 感覚にめざめるからだとこころのためのヨガ「操・みさおヨガ」



わたしたちのからだは、ちゃんと知っているのです。

「操・みさおヨガ」は、からだがすでに知っていることを、ゆったり、やわらかく解きほぐし、
みちびき、めざめさせるヨガです。

「ヨガ」と聞いてイメージするようなアクロバティックで難しいポーズは一切ありませんが、
不思議とからだの感覚がキラキラと目覚めてゆきます。
ご自分のからだの感覚に向き合う、厳かで、静かに、優しく、凛ととしたあたたかなひと時です。
感覚に目覚めはじめると、無意識に自分がとらわれていたことや
古い観念のようなものが少しずつ外れて、シンプルで軽やかなこころとからだに変化してゆきます。
無意識のとらわれから解放されてゆくと、本来の自分に戻りほっこりと大らかなこころで
ご自分を信頼してゆくことができます。
日々の暮らしの中で、季節のめぐりの中で、パターン化された思いぐせから
からだとこころがゆらぎやすい毎日を過ごしています。
セルフケアとしてご自分の中心に戻る場所として、ご自分のタイミングでご参加してください。
ヨガを始める前に、ポイントとなる臓器やチャクラにオイルを塗って
からだとエネルギーがスムーズに循環していくようにしてヨガに入ります。
季節によってからだや精神のゆらぎがありますので、
毎月、季節に合わせたからだとこころのバランスを調整していくようなプログラムです。
ヨガやからだを動かすことが苦手な方でも安心して受けて頂けるようなゆるやかなヨガです。
また、女性特有の病気、妊娠にむけてのからだ作り、
出産後のからだを健やかに戻したい方に特におすすめです。

教えてくださる桜内操先生は、ヨガ歴30年以上のお母さん先生です。
カルチャーセンターで女性ヨガを10年担当された後、
産院で不妊治療中の方の体質改善ヨガやマタニティーヨガのクラスを受け持たれ、
現在は、不妊や女性特有のからだの悩みに応じて、
日々の暮らしのなかで使えるヨガ教室を行われています。
震災後から、福島のお母さんたちと子供さんを対象にした
保養プログラム「ちいさなたび」で、
お母さんたちのからだ立て直しのヨガクラスを担当。
太陽のようにきらきらした笑顔とユーモアと笑いを交えながら、
ひとりひとりに丁寧に向き合って教えて下さるみさお先生のクラスは人気です。
いつも好奇心と自身と対話する学びを積極的にもたれて、
あらゆる自然療法などから得た体験や知恵をヨガを通して
わたし達に惜しげもなくシェアして下さいます。
毎回6名限定の小さなクラスで開催します。


ワークショップ詳細

★12月「完全に保温する」
首、足首、手首、冷えの侵入を防ぐこと。
特に、内くるぶしは、骨盤、子宮に関係するところなので、しっかり温めること。
冷えを緩めて気のめぐりをあげる。

日  時:2017年12月18日(月)13:30〜15:30
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:4,000円(税込価格・ヨガ時に使用するオイル代、お茶)
持  物:お水、五本指靴下、敷物
定  員:6名さま
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。

このクラスは、母子保養プログラムちいさなたびを応援しています。
参加費用の中から一部寄付させていただきます。
毎年、仙台で行われる週末保養プログラムに使われます。
ちいさなたびの活動はこちら http://www.chiitabi.com


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


このページのトップへ






workshop : 88

水の浄化・小豆夜
~冬至を前に、白い水の清め~



昨年、五穀豊穣を祝う秋に、宮城の造り酒屋 はさまや酒店12代目当主・かの香織さんを迎えて
日本酒造りを通して古来から日本の四季のめぐりのお話を伺う会を開催しました。
今回は小豆夜と題して、めまぐるしく起動した今年を振り返りながら
冬至に向けて高まったエネルギーを鎮めて
また来年への新しい光のサイクルを迎える清めの会です。

かの香織さんが丁寧に仕込んだ日本の霊水である日本酒と小豆。
冬至の頃に東北では小豆かぼちゃを食べて病気を払い、
悪い種、毒を排出することを願って食すそうです。
小豆のあれやこれやと日本酒をいただきながら、
かのさんから日本古来の浄化や年の瀬師走ならではの伝統の祓いの習わし
浄めの文化のお話をお聞きします。
浄めの水と食すことで心身を浄化し、また新たな一年を迎えるひと時にしたいと思います。
今年がんばった心身を鎮めにぜひお越しください。


ワークショップ詳細

日  時:12月7日(木)19:30~22:00
場  所:mahina pharmacy store(最寄り駅:下北沢)
参加費用:6,000円(日本酒と小豆夜特製の祓いの御食(みけ))


お申し込み方法

満員御礼 ありがとうございました!
マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


お話しくださる方

かの香織さん
音楽家、日本酒醸造家

バンドデビューを経て、91 年ソニーミュージックエンターテインメントよりソロデビュー。
多数のアーティストとコラボレーションに取り組む。現在までに18 枚のソロアルバムを発表。
独自のアーティスト活動の他、まざまなフィールドへの楽曲提供、作詞作曲家としても活動。
近年では、実家の造り酒屋「はさまや酒造店」の12 代目を継承。
アーティストの視点で食の分野においてもクリエイティブの世界を広げている。
震災前よりチャリティー活動に参加。一般社団法人「みやぎびっきの会」理事として音楽を通し、
故郷のために、子どもたちの心の支援を中心に支援活動に奔走する日々を送る。
音楽や食を通して本格的に、生涯のミッションとして、自然環境に向けた支援を本格的に始動。
2016 年、世界中の傷ついたすべての人達にむけて一般財団法人「OVER THE RAINBOW基金」設立。

オフィシャルウェブサイト http://www.caolina.net/
はさまや酒造店 http://e-na.co.jp/bansui/

  right photo by Kiyotaka Shishido


このページのトップへ

workshop:87 感覚にめざめるからだとこころのためのヨガ「操・みさおヨガ」



わたしたちのからだは、ちゃんと知っているのです。

「操・みさおヨガ」は、からだがすでに知っていることを、ゆったり、やわらかく解きほぐし、
みちびき、めざめさせるヨガです。

「ヨガ」と聞いてイメージするようなアクロバティックで難しいポーズは一切ありませんが、
不思議とからだの感覚がキラキラと目覚めてゆきます。
ご自分のからだの感覚に向き合う、厳かで、静かに、優しく、凛ととしたあたたかなひと時です。
感覚に目覚めはじめると、無意識に自分がとらわれていたことや
古い観念のようなものが少しずつ外れて、シンプルで軽やかなこころとからだに変化してゆきます。
無意識のとらわれから解放されてゆくと、本来の自分に戻りほっこりと大らかなこころで
ご自分を信頼してゆくことができます。
日々の暮らしの中で、季節のめぐりの中で、パターン化された思いぐせから
からだとこころがゆらぎやすい毎日を過ごしています。
セルフケアとしてご自分の中心に戻る場所として、ご自分のタイミングでご参加してください。
ヨガを始める前に、ポイントとなる臓器やチャクラにオイルを塗って
からだとエネルギーがスムーズに循環していくようにしてヨガに入ります。
季節によってからだや精神のゆらぎがありますので、
毎月、季節に合わせたからだとこころのバランスを調整していくようなプログラムです。
ヨガやからだを動かすことが苦手な方でも安心して受けて頂けるようなゆるやかなヨガです。
また、女性特有の病気、妊娠にむけてのからだ作り、
出産後のからだを健やかに戻したい方に特におすすめです。

教えてくださる桜内操先生は、ヨガ歴30年以上のお母さん先生です。
カルチャーセンターで女性ヨガを10年担当された後、
産院で不妊治療中の方の体質改善ヨガやマタニティーヨガのクラスを受け持たれ、
現在は、不妊や女性特有のからだの悩みに応じて、
日々の暮らしのなかで使えるヨガ教室を行われています。
震災後から、福島のお母さんたちと子供さんを対象にした
保養プログラム「ちいさなたび」で、
お母さんたちのからだ立て直しのヨガクラスを担当。
太陽のようにきらきらした笑顔とユーモアと笑いを交えながら、
ひとりひとりに丁寧に向き合って教えて下さるみさお先生のクラスは人気です。
いつも好奇心と自身と対話する学びを積極的にもたれて、
あらゆる自然療法などから得た体験や知恵をヨガを通して
わたし達に惜しげもなくシェアして下さいます。
毎回6名限定の小さなクラスで開催します。


ワークショップ詳細

★11月「寒さに備えるからだ」
冬らしい気候になってくます。
身をすくめて、縮こまるので、上半身が緊張して固くなる。骨盤が本格的に左から閉まってくる。
ひざの上が冷えてくるので腰まわりをしっかり温めること。
冷えによってはじまる緊張を緩ませ背骨に活力を取り戻し整えてゆきます。

日  時:2017年11月13日(月)13:30〜15:30
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:4,000円(税込価格・ヨガ時に使用するオイル代、お茶)
持  物:お水、五本指靴下、敷物
定  員:6名さま
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。

このクラスは、母子保養プログラムちいさなたびを応援しています。
参加費用の中から一部寄付させていただきます。
毎年、仙台で行われる週末保養プログラムに使われます。
ちいさなたびの活動はこちら http://www.chiitabi.com


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


このページのトップへ






workshop : 86

記憶をたどる繕い時間
〜ダーニングマッシュルームと温かいスープの会〜



駆け抜けるいつもの時間を止めて、ふと手を動かしてみませんか。

ミスミノリコさんは、ディスプレイスタイリストさんであり、
愛着がありながらすでに使い古され傷ついてしまったもの達に光を当て、
愛着印を込めて繕いをするチャーミングなアーティストです。
彼女と話しているといつもはっとさせられます。

「穴、シミ、虫食いもひとつの出来事であり思い出。
 それをまた自分なりの印として直してゆく。
 それは記憶を愛しみ、紡がれる時間につながってゆく。」

わたしたちは、日々忙しい時間軸のなかで消費してゆく時代に生きています。
時間に追われることで忘れてしまっていることがたくさんあります。
使い続けたものや重ねてきた時間のなかにある懐かしさや記憶もそのひとつでしょう。
前進する毎日だからこそ、時には、そうしたかけがえのない時を思い出し
その懐かしさを愛しむことも生きるチカラになるはずです。
この会は、お繕いの手仕事を通して、
そうした心の優しさも思い出すようなひと時になればと思っています。

懐かしさを愛しむ。

静かに手を動かすだけで、温かな記憶や気配が立ち上がる。
それは、自分の中にある大切な感覚に結びつき、
きっと、かけがえのない癒しの時間になるでしょう。

冬の支度を兼ねながら、繕いたい懐かしセーター、ほっこりのくつ下やマフラー、
日々使い続けるリネンのバックなどを持ち寄って、
そんなおしゃべりをしながら手仕事をしてみませんか。

ダーニングマッシュルームというマッシュルーム型の木の道具を使って、
ピンときたカラフルな糸で織るように繕います。
そこにステッチや刺繍を合わせ、自分だけのしるしを作ります。
忘れてしまっていた目線、これまでの時を愛しむように、
ミスミさんがチャーミングな視点でニッコリ魔法をかけて、
嬉しい今のカタチとなって蘇りますよ。

そして、お繕いの後は、みなさんでシェアリングしながら温かいランチをしましょう。
ピリカタントの西野優さんが今回の温かい会に美味しいものを添えてくれます。
繕い仕事に使うダーニングマッシュルームにちなんで
温かいマッシュルームスープと小さなプレートを用意してくださいます。
こちらも楽しみにしていてくださいね。
この冬は、お繕いをした懐かしい物たちが
寒い冬にほっこりと優しい存在でいてくれると嬉しいですね。
お繕いのものがない方にはこちらで生地をご用意いたします。
不器用でお裁縫苦手と思っている方も、丁寧にアドバイスしていきますので
ご一緒にチクチク楽しみましょう。


ついてしまったシミひとつ、うっかりあけてしまった穴ひとつも
その人の重ねてきた日々の出来事と捉え
寄り添うようなお繕いを心がけています。
ワークショップでは技法を伝えるだけでなく
手しごとが繋ぐ心地よい場作りが出来たらと思います。
当日はダーニングマッシュルームと
ニードルパンチを使用するお繕いの方法を学びましょう。
覚えておくとシミや穴あきも楽しい出来事になりますよ。
みなさまと温かなスープと針と糸の時間を
ご一緒出来るのを楽しみにしています。

ミスミノリコ


   

   


ワークショップ詳細

開催日時:2017年11月12日(日) 11:00〜14:00
場  所:mahina pharmacy store
参加費用:6,500円(税込価格・受講料・材料費(針、糸)・スーププレート&ハーブティー)
    *ダーニングマッシュルームを購入希望の方は、別途 2,780円(税込)になります。
持  物:筆記用具、繕いたいもの、糸切りバサミ、
     ダーニングマッシュルームをお持ちの方はご持参ください。
     お持ちではない方は、お貸し出しします。
     繕いたいもの(穴のあいた靴下やセーターなど。
     穴の大きさは3センチくらいまで。極端に厚手のものや薄手のものは避けてください。
     お繕いできない場合もございます)
     お繕いするものがない方は、こちらで生地をご用意いたします。
     ない方もお気軽にご参加ください。
定  員:8名


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
本文にワークショップのタイトル、お名前、住所、電話番号、メールアドレス、
繕いたいものが分かれば事前にお知らせください。


お話しくださる方

ミスミノリコ
ディスプレイデザイナー/暮らしの装飾家

店舗のディスプレイや雑誌、書籍のスタイリングなどで幅広く活躍する一方で
ふだんの暮らしに取り入れられる、デコレーションアイデアや手作りの楽しさを発信している。
著書『繕う暮らし』、共著『手作りスタンプのアイデア帖』(共に主婦と生活社)が好評発売中。
ダーニングマッシュルームをはじめいくつかの技法を織り交ぜたお繕いのワークショップも多数開催。
今年7月には個展&ワークショップ『繕う暮らしとスタンプアイデア展』
(gallery doux dimonche/青山)を開催、
9月にはグループ展&ワークショップ
『de l'oeil a la main expo japon』(Klin d'oeil/ Paris)などに参加、
活躍の場を広げている。
HP www.room504.jp

 


西野優
旅する料理家・ピリカタント主宰

北海道十勝出身。父は農家の息子、母はもやし屋の娘。書籍の編集・旅人・ピリカタント書店を経て、
料理を生業に。ハーブとスパイスと季節の食材で、古今東西織り交ぜた無国籍な料理、
人と土地を結ぶ料理、旅の香る食卓を描く。
www.pirkatanto.com
www.instagram.com/pirkatanto



このページのトップへ



workshop:85 感覚にめざめるからだとこころのためのヨガ「操・みさおヨガ」



わたしたちのからだは、ちゃんと知っているのです。

「操・みさおヨガ」は、からだがすでに知っていることを、ゆったり、やわらかく解きほぐし、
みちびき、めざめさせるヨガです。

「ヨガ」と聞いてイメージするようなアクロバティックで難しいポーズは一切ありませんが、
不思議とからだの感覚がキラキラと目覚めてゆきます。
ご自分のからだの感覚に向き合う、厳かで、静かに、優しく、凛ととしたあたたかなひと時です。
感覚に目覚めはじめると、無意識に自分がとらわれていたことや
古い観念のようなものが少しずつ外れて、シンプルで軽やかなこころとからだに変化してゆきます。
無意識のとらわれから解放されてゆくと、本来の自分に戻りほっこりと大らかなこころで
ご自分を信頼してゆくことができます。
日々の暮らしの中で、季節のめぐりの中で、パターン化された思いぐせから
からだとこころがゆらぎやすい毎日を過ごしています。
セルフケアとしてご自分の中心に戻る場所として、ご自分のタイミングでご参加してください。
ヨガを始める前に、ポイントとなる臓器やチャクラにオイルを塗って
からだとエネルギーがスムーズに循環していくようにしてヨガに入ります。
季節によってからだや精神のゆらぎがありますので、
毎月、季節に合わせたからだとこころのバランスを調整していくようなプログラムです。
ヨガやからだを動かすことが苦手な方でも安心して受けて頂けるようなゆるやかなヨガです。
また、女性特有の病気、妊娠にむけてのからだ作り、
出産後のからだを健やかに戻したい方に特におすすめです。

教えてくださる桜内操先生は、ヨガ歴30年以上のお母さん先生です。
カルチャーセンターで女性ヨガを10年担当された後、
産院で不妊治療中の方の体質改善ヨガやマタニティーヨガのクラスを受け持たれ、
現在は、不妊や女性特有のからだの悩みに応じて、
日々の暮らしのなかで使えるヨガ教室を行われています。
震災後から、福島のお母さんたちと子供さんを対象にした
保養プログラム「ちいさなたび」で、
お母さんたちのからだ立て直しのヨガクラスを担当。
太陽のようにきらきらした笑顔とユーモアと笑いを交えながら、
ひとりひとりに丁寧に向き合って教えて下さるみさお先生のクラスは人気です。
いつも好奇心と自身と対話する学びを積極的にもたれて、
あらゆる自然療法などから得た体験や知恵をヨガを通して
わたし達に惜しげもなくシェアして下さいます。
毎回6名限定の小さなクラスで開催します。


ワークショップ詳細

★10月「秋の冷えによって食欲が増す。」
夏の緩んだからだが秋の冷えによって背骨が緊張する。よって脳の司令が曖昧になって食べ過ぎてしまい、
同時に、冬に向けて動物的な防御で食べすぎてしまう。消化器官や腎臓のツボが集まる膝の下が冷える。
冷えによってはじまる緊張を緩ませ背骨に活力を取り戻す。

日  時:2017年10月16日(月)13:30〜15:30
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:4,000円(税込価格・ヨガ時に使用するオイル代、お茶)
持  物:お水、五本指靴下、敷物
定  員:6名さま
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。

このクラスは、母子保養プログラムちいさなたびを応援しています。
参加費用の中から一部寄付させていただきます。
毎年、仙台で行われる週末保養プログラムに使われます。
ちいさなたびの活動はこちら http://www.chiitabi.com


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


このページのトップへ






workshop : 84

季節のお薬箱ハーブレッスン vol.2
冬の支度・メディシナルハーブとマヌカハニーでつくる「のどのケアスプレー」



春からはじまったメディシナルハーブの第二回目のクラスです。
このクラスは、植物と親しみ、ご自分や大切な方のために活かす
セルフケアに具体的に使うことができる
メディシナルハーブの学びと体験を深めるクラスです。
年々、季節を乗り越えて、新しい季節に調和してゆくのが大変と
感じてらっしゃる方も多いことでしょう。
今回は、乾燥の季節に入ってきたトラブルにぴったりな
「のどのスプレー」づくりを通してハーブの学びを深めてゆきます。
季節の変わり目から寒くなる時期のからだにスムーズに移行できるように
風邪の予防になるのどのケアについて知識を広げてゆきます。
合わせて、この時期のご自身の陥りやすいからだの状況を振り返って
セルフケアできるようなアドバイスをしてゆきます。
おなじみのスキンケアワークショップで植物の美しさを伝えくださる
植物療法士の塩見麻衣美さんのクラスです。
この時期は、冬仕度にぴったりな手仕事が楽しい時です。
冬のからだの様子を学びながら、
ご自身のケアアイテムの準備する機会をぜひご一緒いたしましょう。


11月にもなると乾燥で粘膜がダメージを受けやすくなりますね。
咳込むような喉風邪が流行りはじめるのもこの時期です。
そんな季節のハーブレッスンのテーマは “ 喉ケア ” です。
喉に良い緑のチカラで乾燥と寒さの時期を
軽やかに乗り切りましょう。

今回のメインハーブは、「タイム」と「ブルーマロウ」です。
気管支の弱い私は、喉が不調になると
ブルーマロウに助けられています。
喉を労わるやさしいハーブです。
また、タイムも優秀なハーブです。
お料理に使われるハーブとしても有名ですが、
その抗菌力の高さは素晴らしく17世紀の占星術薬草家ニコラス・カルペパーも
「タイムは肺や気管支に対して極めて優れた薬剤だ」と伝えています。
肺をはじめとする呼吸器は、命を輝かせるための入り口のようなものです。
生きるために必要な酸素エネルギーを取り込む大切な器官なのです。
古代エジプト人は肺を含む呼吸器系は現世にとどまらず
来世にとっても大事な器官だと信じていました。
さらに肺という器官は中医学の世界においては
“生気” を支配する重要な器官だとみなしています。

ハーブは体の健康と心の健やかさをを導く
自然界の大いなるチカラのひとつです。
季節のからだに起こる状態をケアするアイテムとして、
現実的に今役立つハーブを使いこなしそれを体感することで、
より植物と仲良くなりホリスティックなケアで健やかな毎日を送ることができます。
これからの季節、タイムとブルーマロウで喉を労り、生気を養い健やかさを維持し
光の時間が少ない時期になりますが、ご自身の輝きを大切にいたしましょう。
今回、手仕事する簡単にできるハーブとマヌカハニーの
“ 喉スプレー ” を作ってお持ち帰りいただきます。
アルコールは使いませんので、1歳以上のお子さんからお使いいただけます。
ぜひ、ご自身の内側にある自然と共鳴する健やかさを養うための
ハーブレッスンにご一緒しませんか。

植物療法士 塩見麻衣美


ワークショップ詳細

日  時:11月15日(水)
     昼の会 13:30~16:00
     夜の会 19:30~22:00
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:5,000円(材料全て込み・ハーブティー付き)
おみやげ:お作りになったのどスプレー
定  員:各会6名さま(開催人数4名以上)
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
     開催人数に達しない場合は休講とさせていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
本文にワークショップのタイトル、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレス、
ハーブや植物療法に触れたことがありますか?
この会に期待されることがあります?を記載してください。

お話しくださる方

塩見麻衣美さん
太陽星座 おうし座・月星座 ふたご座
東京都生れ O型

広告代理店にて販促企画、大手メーカーにて商品開発・商業施設開発に従事。
多忙な日々のなか、自らの不調をきっかけにフラワーエッセンスに出会う。
さらにハーブやアロマテラピーなど自然界の様々な癒しのチカラに助けられ、学びを深めていった。

2006年 ニールズヤードレメディーズ フラワーエッセンス アドバンストコース修了。
2006~2007年 国際植物療法協会(現在 自然療法機構)にて植物療法士1級取得。
2008~2010年 カリス成城 初台店に勤務。販売及び店内ミニワーク講師に従事。
2011年~ カルチャースクールなどでハーブやアロマの講師を務める。
2013年 自然療法機構にて自然療法士取得。 同機構にて講師会員として所属。

現在は、響探求会、マヒナファーマシーストアなどをはじめ
様々なかたちで講師をさせていただいている他、
“月とハーブとこころとお肌” をテーマに自宅ワークルームにて五感でつくる
ハーバルスキンケア “ヒーリングスキンケア” のワークショップを毎月開催。
マヒナファーマシ―Webマガジンのセラピストリレーでは
「月とハーブのヒーリングビューティ」をテーマに寄稿させていただいている。
ライフワークは“月とハーブと心と体” について独自に探求すること。

このページのトップへ



workshop : 83 akikoさんに学ぶ、はじめましてアーユルヴェーダ・シリーズ
〜わたしの体質に合ったアーユルヴェーダオイルづくり・前編〜
「夏のからだを癒やし、秋のからだへ美しくチューニングする」




昨年の秋にジャズアーティストのakikoさんを迎えて開催した「はじめまして、アーユルヴェーダ」
専門性のあるアーユルヴェーダを分かりやすく、日常で実践できる知恵をたくさんシェアしていただき
とても充実した会になりました。
今まさに、アーユルヴェーダを実践できる心身のタイミングです。
猛烈な湿度と灼熱の暑さが高まった夏を経験し、その心身は焼き尽くされた疲労を味わっています。
この秋、心身のチューニングする知恵と自然界のエネルギーを通訳するアーユルヴェーダを使って
まさに高まった夏の熱「火」を癒やして、秋のからだへと整える体験型のワークショップです。

今回は、アーユルヴェーダで代表的なセサミオイルをベースに、
あなたの体質を読み解いたオリジナルオイルを作り
そのオイルを使って身体を癒やすマッサージを実践してゆきます。
心身を整えながらアーユルヴェーダの基本的な知恵を
日常に実践できる具体的な方法を教えていただきます。



教えて下さる方は、アーユルヴェーダのスペシャリストで
様々な自然療法にも造詣が深いジャズアーティストのakikoさん。
ジャズ・アーティストとして活躍されているakikoさんは、五感をフルに使った声を通した表現、
音を使ってチャクラやからだのチューニングを日々実践しながら、
アーユルヴェーダの原理を身体に取り入れた活動をされています。
アーユルヴェーダや様々な植物療法、ヨガを通して、からだを現実の世界にチューニングさせ
美しく起動させることを実践している素晴らしい女性です。

インドの叡智・アーユルヴェーダから、自分自身で心身を具体的に整えて癒やす方法をご一緒に学びましょう。
ここで作られたオイルは、持ち帰って自宅でこの時期のケアに使っていただけます。
ぜひ、ご参加お待ちしてます。


蒸し暑かった夏から、風が吹く秋へと移り変わるこの季節。
アーユルヴェーダで言うなら、夏の「ピッタ(火)」がたまり
疾患が出やすい時期です。
またこれからやってくる「ヴァータ(風)」にも備えたい、
大切な時期でもあります。
今回はアーユルヴェーダの5元素の基本的なお話に始まり、
それぞれの体調を嗅覚で整えるためのオイル作りをします。
アーユルヴェーダで代表的なのがセサミオイルです。
脱臭したオーガニックセサミオイルをベースに、
アーユルヴェーダの考えを元にエッセンシャルオイルを選び
自分だけのオリジナルオイルを作ります。
また、出来上がったオイルでセルフマッサージをするときのポイントを学びます。
アーユルヴェーダの理念に沿いつつも知識にとらわれすぎることなく、
現代に生きる私たちが実際に生活に使える知恵=ナチュロパシーしてのアーユルヴェーダを
みなさんとシェアできる会にしたいと思います。

akiko


ワークショップ詳細

開催日時:2017年9月25日(月) 19:30~21:20
内  容:アーユルヴェーダの5元素のお話
     アーユルヴェーダ・アロマテラピー
     オリジナルオイル作り
     アーユルヴェーダ・マッサージ
     アーユルヴェーダ・セルフマッサージ
     呼吸と瞑想
場  所:mahina pharmacy store
参加費用:6,000円(税込価格・テキスト、ハーブティー)
おみやげ:お作りになったアーユルヴェーダオイル
持  物:筆記用具、ハンドタオル
定  員:10名


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。

お話しくださる方

akikoさん
2001年、ユニバーサルミュージック傘下の名門ジャズ・レーベル「ヴァーヴ」初の日本人女性シンガーとしてデビュー。
既存のジャズの枠に捕らわれない幅広い音楽活動で人気を博し、現在までに22枚のアルバムを発表。
国内でのコンサートツアー、TVCMやドラマでの歌唱提供始め、
パリ、ロンドン、ニューヨーク、リオ・デジャネイロ、オスロ、ニューオリンズなど、海外でのレコーディングも多く、
また、ヨーロッパでのツアーやジャズ・フェスティバルの参加など、国内外で活躍している。
これまでに「ジャズ・ディスク大賞」や「Billboard Japan Music Award」を始め、数々のミュージックアワードを受賞。
2003年には、エスティー・ローダより日本人女性に送られる美の賞
「ディファンイニング・ビューティー・アワード」を授与される。
一方、英国アーユルヴェーダカレッジ日本付属校認定アーユルヴェーダライフスタイリスト、
日本ナチュラルヒーリングセンター認定アーユルヴェーダ・ホームドクター及びライフコンサルタントの資格を取得し、
2013年からはアーユルヴェーダのワークショップやスリランカでのリトリートツアーなども実施している。
デビュー15周年となる2016年6月にアーユルヴェーダのコンセプトを元に5種類に分けた
5枚組みベストアルバム「Elemental Harmony」をリリース。国内外のツアー、フェスやイベント等に参加予定。
http://www.akiko-jazz.com


このページのトップへ






workshop : 82

秋の健やかなお肌へ・美しい魔法でスキンケアづくり
~フランキンセンスの美の魔法~



猛烈に高鳴った夏も静かな雨とともに静まり、秋へと移行してきました。
秋は、夏の強い日差しで疲れた肌、
そして、太陽の強烈な光のエネルギーを浴びた心身を癒やす時。
この秋、再生に導くフランキンセンスの登場です。
2015年秋、フランキンセンスに贅沢に包まれるスキンケアの会を開催しました。
香り高いフランキンセンスのエネルギーは、
夏の疲れをみごとに開放し活力が高鳴る特別な体験へと導きました。
そう、強い刺激にさらされた今のわたしたちにぴったりの植物なのです。

植物の王様のようなフランキンセンス。
この香りを香ったことがありますか。
スパイシーで重厚な香りは、すーっと、内側のエネルギーを真っ直ぐに立ち上げ
力強い活力と深い野生の感覚を呼び起こすパワフルさを感じるでしょう。
この時期の、心、からだ、お肌に、フランキンセンスの極上の効能と香りがしっかり働きかけてくれます。

あなたの五感に響き合う植物たちを引き寄せて、健やかな秋肌に導くワークです。
開催されるタイミングは、欠けてゆく半月の頃。
この季節は月のチカラが増し、心身との共鳴が深くなる季節。
まさに感覚が研ぎ澄まされていく時です。
今年も後半に入り、心身の疲労もでてくる頃です。
手肌の触覚、嗅覚、視覚、野生のチカラ、
そして直感などの内的なアンテナを呼び覚まし
あなたに必要なパワフルな癒やしのアイテム作りにぜひご参加ください。


この夏は蒸し暑くも少し涼やかな時も多く、早くもほのかに秋の気配を感じますね。
さて、もうすぐ秋の肌ケアの季節です。
この10月は、太陽を支配星にもつ「フランキンセンス」をナビゲートハーブに、
夏の疲れた肌を癒やす “ ヒーリング オイル in スキンケアローション ” の
手仕事をご一緒しましょう。

「フランキンセンス」

歴史は古く、紀元前エジプトでは、
神官が太陽神とつながるために薫香として焚きました。
そして、傷の治療にも使われた貴重なこのハーブは、
イエスキリストの誕生に際して献上された神聖なハーブでした。
現在でも内的な神秘のチカラを導くためにその香りを瞑想などに用います。
また、現代においては細胞再生を促す抗酸化力が高く評価され、
ナチュラルコスメのアンチエイジングスキンケアに
用いられている信頼の美のハーブでもあります。

このワークで使用する「フランキンセンス」は
最高品質と言われるオマーン産ロイヤルホジャリ。

会では、オマーン産のフランキンセンスを薫香として焚き、
その香りとエネルギーによって
皆さまの素晴らしい感性を引き出し植物との豊かな出会いに導きます。
今回のスキンケア基剤は、月のサイクルに沿って手仕事した
フランキンセンスのハーブティンクチャ-・ひかりのエッセンス・
メディシナルグレードの精油などです。
(もちろんフランキンセンス以外にも様々な豊かなハーブや精油、
フラワーレメディをご用意しています。)



夏の疲れ肌を労わり再生力をもたらすフランキンセンス。
季節が移ろう今、心を穏やかに内省へと向わせ、神聖な領域へと導くフランキンセンス。
そんな素晴らしい自然界のサポートとともに、
あなたの波動にフィットしたオイル in ローションが出来上がります。
たっぷりと約1ヶ月~2ヶ月ほど寄り添ってくれる ヒーリングスキンケア になります。

また、さらに当日には、サプライズのエッセンスもご用意いたします。
内省へと誘われる季節に、植物たちと共に
サポーターとなってくれる素晴らしいエッセンスたちです。
ご参加の皆さま、お楽しみにされてください。

より健やかに、より美しく。
こころとお肌のための秋のスペシャルワークで、
お会いできることを楽しみにしています。

塩見麻衣美


ワークショップ詳細

日  時:2017年10月11日(水)
     昼の会 13:30~16:00
     夜の会 19:30~22:00
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:6,500円(材料全て込み・ハーブティー付き)
おみやげ:お作りになったオイル in ローション 約95ml
     1本で肌ケアが完結する全身用スキンケアとなります。
     内容:植物オイル・アメジスト水・ひかりのエッセンス・フラワーレメディ・
     精油・ハーブティンクチャ―等が入ります。
定  員:8名さま(開催人数4名以上) 
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
     開催人数に達しない場合は休講とさせていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
ハーブ、精油、フラワーエッセンスなどを使われたことがあるか。
そして、肌に関するお悩みやご質問がありましたら当日出来るだけお答えいたしますのでご記入ください。

お話しくださる方

塩見麻衣美さん
太陽星座 おうし座・月星座 ふたご座
東京都生れ O型

広告代理店にて販促企画、大手メーカーにて商品開発・商業施設開発に従事。
多忙な日々のなか、自らの不調をきっかけにフラワーエッセンスに出会う。
さらにハーブやアロマテラピーなど自然界の様々な癒しのチカラに助けられ、学びを深めていった。

2006年 ニールズヤードレメディーズ フラワーエッセンス アドバンストコース修了。
2006~2007年 国際植物療法協会(現在 自然療法機構)にて植物療法士1級取得。
2008~2010年 カリス成城 初台店に勤務。販売及び店内ミニワーク講師に従事。
2011年~ カルチャースクールなどでハーブやアロマの講師を務める。
2013年 自然療法機構にて自然療法士取得。 同機構にて講師会員として所属。

現在は、響探求会、マヒナファーマシーストアなどをはじめ様々なかたちで講師をさせていただいている他、
“月とハーブとこころとお肌” をテーマに自宅ワークルームにて五感でつくる
ハーバルスキンケア “ヒーリングスキンケア” のワークショップを毎月開催。
マヒナファーマシ―Webマガジンのセラピストリレーでは
「月とハーブのヒーリングビューティ」をテーマに寄稿させていただいている。
ライフワークは“月とハーブと心と体” について独自に探求すること。

このページのトップへ



workshop:81 月と共にわたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ vol.6
2017年 秋・9月スタート
宇宙の時間軸を月と共に生きるフラワーエッセンス



2017年、猛暑の夏を越えて秋の気配を感じながら、冬至に向けて季節は流れを進めています。
このクラスは、月のサイクル「新月、上弦の月、満月、下弦の月」に合わせて
フラワーエッセンスを学び、体験してゆく人気のクラスです。
秋、季節の風景も落ち着き、徐々に冬至に向けて意識とエネルギーは内側に向かってゆきます。
フラワーエッセンスと月の共鳴は、繊細でとらえどころのない心の奥深くに働きかけ
一人ひとりに必要な変容の流れをもたらします。

月は、一番身近な自然界の動きを表現し、わたしたち女性のからだのリズムと同調しています。
その月の歩みに合わせて、自分の内側にひそむ本来の自分を探し、つながってゆく
小さな旅を毎月体験してゆくようなプログラムです。
本来のわたしと出会い、自分らしい歩みに向かう大きなサポートになる体験となるでしょう。
同時に、植物の微細な働きかけをリアルに感じることができ、
フラワーエッセンスの本質に触れる学びにもなります。

この WS では、フラワーエッセンスの開発者・バッチ博士の翻訳もされた谷口みよ子先生を迎えて
宇宙の一部である「わたし」が自然の営みや宇宙のリズムと調和的に生きてゆくことに焦点を当て、
月のサイクル ( 新月―上弦の月―満月 ―下弦の月 ) に沿った日程で4回の連続クラスとして行います。
月のサイクルに視点を持つことで、自然界から発するエネルギーやメッセージを現実に受け取りながら
植物を熟知したみよ子先生のナビゲートの元に、自分の内側に深く入り、
あらたな調和をもたらすツールとしてフラワーエッセンスを使っていきます。
そして、日常に具体的に役立てられる方法をグループでシェアしていく予定です。

植物は、宇宙が生み出すリズムやカタチを示す存在です。
植物からなるフラワーエッセンスは、宇宙とわたしたちをつなぐ知恵とチカラになり、
わたしたちの心や感情に深く調和の作用をもたらす、
力強いハーモナイザー(調整役)になってくれるでしょう。
すべての健やかさは、自らが自分自身とつながり調和していることからはじまり、
それが、宇宙や自然界との調和につながってゆくことだと思います。
そして、その調和が変容を受け入れる勇気になっていくのだと思います。

月に時間軸を合わせ、感情や心の奥に入ってゆくプロセスはとてもパワフルで
現実に深い学びをもたらすこともたくさん出てくるかもしれません。
ご自分と対話してゆくことは勇気を必要とすることも多いものですが、
このプログラムはご自身で、心の奥に暗く潜む静寂の扉を開き
大きな光と新しい風をもたらす特別な体験になってゆくでしょう。
そうして、今をわたしらしく軽やかに生きてゆく知恵を育んでゆく会になることを願っています。

今年、最後の月のクラスです。
冬至にむけて今年やり残したことを顕在化してゆく後押しに、ぜひご参加ください。

フラワーエッセンスはいつでもどこでも安全に使えるセルフ・ヘルプのツールの一つ。
本来の自分のバランスを取り戻すサポートとして、調和した植物の生きる力のパターンを持つ、
バッチのフラワーエッセンスを役立てていきます。

*バッチのフラワーエッセンス(フラワーレメディー)は80 年前に
 イギリス人医師バッチ博士が完成させて以来、世界の主な国々で愛用されています。

月の満ち欠けは不思議なほど
女性のこころ・からだと
呼応しています。

私たちは自然の月の力を無意識に
体と心で感じ取っているのです。

月は無意識(潜在意識)と
深いつながりがあります。

ちょうど季節は秋から冬至に向かい、
無意識の力を感じ取りやすくなる時─

それまで気づかなかったことに
気づいたり、

知らないうちに心にふたをしていたことが
浮上したり、
心静かに内省することを促されるタイミングです。
私たちはこの時、
新しい行動のために必要な
浄化や解放、土台作りを促されます。

秋の「月のクラス」は
そんな季節の巡りの中で行われます。

自然界の月の力と季節(太陽)の力を後押しに、
フラワーエッセンスを体験しながら
ご自分とのつながりを強め、
本来の魅力や実力に目覚めて行動を起こすためのプログラムです。

今回も「変わりたい。そのための行動を起こしたい」と
心から願う、ご縁のある皆さんと
変化・変容のプロセスをご一緒させて
いただけることを楽しみにしています。

谷口 みよ子 *mi-tan


●こんな方におすすめです。

・自分のことをもっとよく知りたい方
・「心の声」をはっきり聴きたい方
・顕在意識と潜在意識(意識と無意識)のバランスを取りたい方
・自分の心(感情や思い)とうまくつき合いたい方
・植物や花が大好きな方
・自分の女性らしさを大切にしたい方
・自然界と人間とのつながりに興味がある方
・植物のチカラを知りたい方
・自分のために何をしたらよいのかわからない方
・自分の感受性や感性を信頼して育てていきたい方
・自然や月・太陽の影響力に興味がある方
・月や太陽のチカラを自分に生かしたい方
・周囲と調和しながら、自分を大切にしたい方
・夢やヴィジョンを形にしていく方法を探している方
・インスピレーションや気づきを最大限に生かしたい方

ワークショップ詳細 2017年9月スタート (秋分~冬至)

開催日時:*第1回 2017年9月20日(水) 《新月》 19:30~21:20
     〈こころのケア〉感情との調和(1)
     ・38種の「12-7-19」の分類と19種のフラワーエッセンスについて(1)
     ・フラワーエッセンスの基本情報と自分のためのエッセンスを選ぶアプローチ

     *第2回 10月27日(金) 《上弦の月》 19:30~21:30 
     〈からだのケア〉感情との調和(2)
     ・19種のフラワーエッセンスについて(2)
     ・日々の感情と向き合う時のポイント

     *第3回 11月1日(水) 《満月》 19:30~21:30
     〈オーラ・エーテル体のケア〉わたしの思いグセを知る
     ・後天的な気質と先天的なタイプ
     ・後天的な 7 つの気質に対応するフラワーエッセンス
     ・パターン化した言動とは?

     *第4回 12月11日(月) 《下弦の月》 19:30~21:30
     〈共鳴を生かす〉生まれ持った気質を探る
     ・12 の生まれ持った気質 (タイプ) について
     ・12 のキーワード

      *内容は場合によって、変更することがあります。


ワークショップ詳細

場  所:mahina pharmacy store
参加費用:参加費用:各会6,500円(税込価格・テキスト、ハーブティー)
     基本的に4回の連続クラスになっております。全クラス参加をお願いいたします。
     お支払は、4回分一括でお支払下さる場合は1,000円値引きさせていただき25,000円となります。
     各回ごとに分割でお支払いされたい場合は1回6,500円となります。
おみやげ:お作りになったフラワーエッセンス
持  物:筆記用具、ハンドタオル
定  員:各クラス先着8名


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
*各回ごとに分割でお支払いされたい場合は、その旨ご連絡ください。


お話くださる方

谷口みよ子さん
東京生まれ。双子座。
外資系銀行、私立美術館勤務を経て、より自分らしい生き方を模索するなかで、
1997年、フラワーエッセンスに出会う。
以降フラワーエッセンスを役立てて学ぶ過程で、
植物が象徴する自然界のことや、植物、
人間を含む全てにつながりがあることを実感するようになる。
2000年、英国バッチのヒーリングハーブス・プラクティショナー・コース(講師:故ホワード・七歩子氏)、
米国FESインテンシブ・コース(講師:R.キャッツ氏と P.カミンスキ氏)を修了。
スペースハナを主宰し、講座の主催、編集、翻訳、個人セッションなど、
フラワーエッセンスの仕事に広く携わる。現在は講師、翻訳者、プラクティショナーとして活動している。

マヒナファーマシーで「わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ」や
実用基礎/実践活用クラス、季節のワークショップ、フラワーカード・リーディングを担当。
訳書に『エドワード・バッチ著作集』(ジュリアン・バーナード編、BABジャパン、2008年)、
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』
(ジュリアン・バーナード著、英国フラワーレメディー・プログラム、2013年)がある。

スペースハナ http://www.spacehana.info/
フラワーエッセンスの魅力|スペー スハナ BLOG http://spacehana.blog.fc2.com/
フラワーエッセンスの魅力・FB https://www.facebook.com/FlowerEssence.appeal/


このページのトップへ



workshop:80 太陽と共にわたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ vol.2
2017年 秋・9月スタート
太陽の光をチカラに、花のように生きる
~フラワーカード・リーディング入門〜



春にはじまったフラワーカードリーディングの入門クラスです。
このクラスは、お昼間の太陽の時間に、
内的な面へ働きかけながら現実の意識や行動を後押しするクラスです。
自分のなかの現実的な意識や行動力にフォーカスしてゆきます。
軽やかで美しい花のカードを使って、自分と向き合う一助にする方法を学びながら、
実際にエッセンスを飲んで実体験を重ねて日常生活に生かしてゆくクラスです。
太陽の時間にお花の前向きなエネルギーと共鳴して、
今の自分に必要なメッセージを受け取ることができます。
これからの冬至に向けてのサイクルは、
内なる自分と通じやすくその受け取ったメッセージとの共鳴性も高くなるでしょう。

「花と光」

バッチのエッセンスのすべて花は、太陽の光と呼応しています。
そして、太陽の光のエネルギーを充分に受けて満開に咲いた花を使って作られます。
花は植物の生殖器官です。
そう、わたしたちの中の女性性を象徴しています。

わたしたちの根底には、女性的、受容的な性質と
男性的、行動的な性質の両方があります。
男性性が意志の力で物事を具現化する力を表現し
女性性は、受容し豊かに実りをもたらす力を表します。
ちょうど花が宇宙からエネルギーや情報を受け取って
地上のわたしたちに働きかけるように。
わたしたち女性は、五感、感受性で受け取って、
受容力、包容力で 現実にしっかりとつながり
この世界を豊かにする存在です。

このワークショップでは、ツールとして、
フラワーエッセンスと花のカードを使います。
フラワーエッセンスで自分自身とつながり、
自分らしく今を生きる 体験を重ねると同時に、
フラワーカードで花が色や形を通して表している
メッセージを受け取る感受性と理解力を育てていきます。
花のカードを通じてフラワーエッセンスを気軽に選ぶやり方も学んで体験してゆきます。

花の持つ能動的なエネルギー。
それは、自分らしい思いや感覚を現 実に表現してゆくことであり、
女性が内側にすでに備わっている、物事を柔軟に受け入れ、見極め、
育むことによって調和に導く生きるチカラ。
花の語りかけを実際に体験し、理解を深めていくことで内なる女性性を高め
今のご自身の歩みをさらに一歩進めるためのプログラムです。
2017年、フラワーエッセンスを楽しく体験しながら、
ご自身の魂をより前向きに起動させるチューニングの機会として
ぜひご参加ください。

講座では、バッチフラワー・ オラクルカードをメインに使っていきます。
色鮮やかでバッチフラワーのポジティブな面を童話の世界のような
分かりやすいタッチで表してくれています。
カードを使うことで花のスピリットを呼び覚まし、
直感で今のご自分にふさわしいエッセンスを選ぶのに最適なツールです。
カードを紐解きながら、花がもたらすメッセージを
受け取るひと時はヒーリングパワーに溢れてます。

●こんな方におすすめです

・自分の魅力を自然な形で表現したい方
・夢を形にする意志や行動力に花の力を生かしたい方
・自分を大切にしながら、皆にとっても良いことを見つけたい方
・静かに待つ、見守って受け取る、客観性と冷静さを育てたい方
・花や植物のメッセージに興味が ある方
・花のチカラをもっと知りたい方
・植物や花が大好きな方
・月や太陽のチカラを自分に生かしたい方
・太陽とのつながりを強く感じる方
・自分の女性らしさをもっと大切にしたい方
・フラワーカードでフラワーエッセンスを選びたい方
・自分のために何をしたらよいのかわからない方

ワークショップ詳細 2017年9月スタート (秋分~冬至) 全4回
*第1回 2017年9月21日(木) 13:30~15:30
・意識と無意識
・太陽と月と人間
・フラワーエッセンスの基本情報(1)
・《実習》フラワーカード・リーディング~1

*第2回 10月23日(月) 13:30~15:30
・フラワーエッセンスの四大元素
・フラワーエッセンスの基本情報(2)
・《実習》フラワーカード・リーディング~2

*第3回 第3回 11月22日(水) 13:00~15:30 → 11月21日(火)13:30~15:30 日程変更となりました
・植物の四大元素
・フラワーエッセンスの基本情報(3)
・《実習》フラワーカード・リーディング~3

*第4回 12月22日(金) 13:30~15:30
・人間の四大元素
・フラワーエッセンスの基本情報(4)
・《実習》フラワーカード・リーディング~4


ワークショップ詳細

時  間:13時30分~15時30分
場  所:mahina pharmacy store
参加費用:参加費用:各会6,600円(税込価格・テキスト、お茶)
     基本的に4回の連続クラスになっております。全クラス参加をお願いいたします。
     お支払は、4回分一括でお支払下さる場合は1,000円値引きさせていただき25,000円となります。
     各回ごとに分割でお支払いされたい場合は1回6,500円となります。
おみやげ:お作りになったフラワーエッセンス
持  物:筆記用具、フラワーオラクルカード※
     ※ すでにお持ちの方はご持参ください。ストアでもご購入いただけます。
     お申し込みの際、詳細をお伝えいたします。
定  員:8名 *定員になり次第締め切らせていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
*各回ごとに分割でお支払いされたい場合は、その旨ご連絡ください。


お話くださる方

谷口みよ子さん
東京生まれ。双子座。
外資系銀行、私立美術館勤務を経て、より自分らしい生き方を模索するなかで、
1997年、フラワーエッセンスに出会う。
以降フラワーエッセンスを役立てて学ぶ過程で、
植物が象徴する自然界のことや、植物、
人間を含む全てにつながりがあることを実感するようになる。
2000年、英国バッチのヒーリングハーブス・プラクティショナー・コース(講師:故ホワード・七歩子氏)、
米国FESインテンシブ・コース(講師:R.キャッツ氏と P.カミンスキ氏)を修了。
スペースハナを主宰し、講座の主催、編集、翻訳、個人セッションなど、
フラワーエッセンスの仕事に広く携わる。現在は講師、翻訳者、プラクティショナーとして活動している。

マヒナファーマシーで「わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ」や
実用基礎/実践活用クラス、季節のワークショップ、フラワーカード・リーディングを担当。
訳書に『エドワード・バッチ著作集』(ジュリアン・バーナード編、BABジャパン、2008年)、
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』
(ジュリアン・バーナード著、英国フラワーレメディー・プログラム、2013年)がある。

スペースハナ http://www.spacehana.info/
フラワーエッセンスの魅力|スペー スハナ BLOG http://spacehana.blog.fc2.com/
フラワーエッセンスの魅力・FB https://www.facebook.com/FlowerEssence.appeal/


このページのトップへ



workshop:79 はじめてのシュタイナーシリーズ 体験ワークショップ
「秋分の敷居を越える~ミカエル祭~」



春からはじまったシュタイナーの体験と学びのプログラム。
シュタイナーの思想のなかでも、特に、人間と自然界の共鳴の視点と
有機的な人生観をみつけることを目指した体験と学びの会です。
春からの座学に続いて、今回は、秋のセレモニーを通して体験を深めてゆきます。
前半は座学、後半は手仕事やからだを動かしながら身体感覚で受け取ります。

燃え盛った夏を越すと自然界は冬至に向けて、流れを進めてゆきます。
秋の心身のチューニングにもなる秋の祝祭・ミカエル祭。
これまでの座学で学んだことを踏まえて、そして、はじめてシュタイナーの世界に触れる方にも
実際に感覚体験として味わえるシュタイナーの世界を満喫してください。
言葉や理論で理解しにくい世界ですが、その世界観の理解と、
子どもの頃に感じた無邪気さや大らかなものに包まれる柔らかな安心感覚が蘇る体験です。

気になった方、ぜひ、ご参加ください。


シュタイナー教育で大切にされている秋の祝祭といえば、
秋分の頃のミカエル祭です。
大天使ミカエルは、正義と勇気の象徴であり、
自らの内側に、自らの思考の力によって正義の剣を持つ、
そんな力強いイメージのお祭りでもあります。

シュタイナー幼稚園では、この小さな祝祭を、
正義の炎である「赤」の色を象徴として
様々な手仕事や飾り付け、そしてうたや踊りを通して楽しみます。
大人の私たちにとっても、秋は自分の内と外に、
物質界と精神界の均衡をもたらす大事な季節となります。
実り豊かな大地の恵みを得るこの季節に、人間は物質的な豊かさだけに安んじずに、
秋分から冬至に向かって自分自身の内側に耳を澄ましていくことも始めるのです。
そして、夏至に極まった自然界の太陽の力の陰りとは逆に、
秋分を過ぎて私たち人間の内なる精神の光は輝きを増していく季節になることを、
感じて頂けたら幸いです。

このワークショップでは、小さなこども心に帰って、
愛と正義の剣をイメージしてりんごを一人ずつ星形に切り込む遊びをします。
また、秋分から日が短くなる冬至に向けての窓辺を飾る、
陽の光を愛おしむような真っ赤なトランスパレントスターを作りましょう。

座学を通して学んだシュタイナーの世界観を基に、
祝祭のワークショップを通して、実際に感覚体験としてのシュタイナーの世界を
楽しんでもらえることと思います。
ミカエル祭では、正義と勇気を象徴して赤い色でお祝いします。
ぜひ、服装やもちものに何か赤いものを身につけていらして下さいね。

虹乃美稀子


ワークショップ詳細

日時:9月28日(木) 午前の会 10時30〜 / 夜の会 19時30〜
参加費用:5,000円(ハーブティー付き)
お土産:手仕事したトランスパレント、りんごのオブジェ
持ち物:正義と勇気を象徴する赤をなにかひとつ、身につけてきてください。
   (赤い服、髪飾り、スカーフ、バッジなどなんでもよいです)、
   りんごをきるくだものナイフ、スティックのり
持物:筆記用具
定員:各会10名さま(開催人数4名以上)

お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
開催人数に達しない場合は、休講させていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


お話くださる方

虹乃美稀子さん
spaceship 仙台ゆんた主宰、虹のこども園 園長/担任
1994年~2001年 仙台市保育士として保育所や児童相談所に勤務。
2000年 仙台ゆんた オープン。
2001年~2005年 シュタイナー幼児教育者養成コース(横浜)に学ぶ。
2006年、シュタイナ―親子クラスを開く。
2008年、シュタイナー教育を実践する「虹のこども園 」を開園。
子どもたちをありのままに、健やかに育てることが困難な現代において、
自然育児に光を見いだす母親と子どもたちのための育児サポートを行っている。
震災後、「母子週末保養プロジェクト ちいさなたびJAPAN」の活動も始める。
《ウェブサイト》http://spaceship-yunta.com


このページのトップへ



workshop:78 はじめてのシュタイナーシリーズ 座学② 人生の7年周期を生きる



春からはじまったシュタイナーの体験と学びのプログラム。
今回は、座学の2回目になります。
シュタイナーの思想のなかでも、特に、人間と自然界の共鳴の視点、
有機的な人生観をみつける知恵になることを目指した体験と学びの会です。

シュタイナーの思想では、人間の成長発達は7年周期であるという大原則があります。
そしてこの7年のリズムは子ども時代だけではなく、実は大人になっても続きます。
7年ごとの人生の隠された課題をみつめて、
自分の人生を振り返り、そして、今後の自分らしい人生を迎えてゆくための
良き知恵をみつけるきっかけになりますように。

今年は、自分自身との本来のつながりや自分ならではの在り方をみつめる機会が
多い方もいらっしゃると思います。
きっと、自分の道とつながるヒントや叡智と出会えるはずです。

気になった方、ぜひ、ご参加くださいませ。


シュタイナー教育の中では、人間の成長発達の大きな節目が7年ごとにあると考えられています。
生まれ落ちてから7才まではからだを作ること、そしてからだに結びつく「意志」を育てること。
14才までは、魂の領域である「感情」を育てること。
そして21才で成人するまでの7年間で精神の領域である「思考」を育てるという、
大きな成長の課題があるのです。

こうした7年ごとの人間の成長発達の過程は、シュタイナー教育のアプローチの大切な柱となっています。
しかし実は成人を迎えたあとも、人は7年ごとに大きく変化していくとシュタイナーは話しています。
自分の人生を振り返ったときに、またこれからの人生を見渡すときに、「7年ごとの変化」を知ることは、
人生の地図を持つような手がかりになるかもしれません。
かけがえのない「わたし」として生まれて来た人生を「わたし」のものにするために。
大人になってからも、からだが衰えはじめても、成長していくものの秘密を知るために。
「人生の7年周期」の歩みについて、お話します。

虹乃美稀子


ワークショップ詳細

日  時:7月20日(木) 午前の会 10:30~12:30
    :7月20日(木) 夜の会  19:30~21:30 満員御礼
場  所:mahina pharmacy store(最寄り駅:下北沢)
参加費用:4,500円(ハーブティー付き)
持  物:筆記用具
定  員:各会10名さま(開催人数4名以上)
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
     開催人数に達しない場合は、休講させていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


このページのトップへ






workshop : 77

フラワーエッセンス・夏至のワークショップ
光のチカラを後押しに、心を決める



2017年も半年がたちました。
今年は、これまでになく時の流れが加速しているように感じてらっしゃる方も多いことと思います。
なにか、慌ただしい、外から追い立てられる、物事の展開が良くも悪いも早い。
太陽の季節を迎えた自然界では、高揚するかのように植物の成長が早く
強いエネルギーの立ち上がりがあるようです。
それと同調するわたしたち人間の世界も同じように加速したエネルギーで起動しています。
太陽の光が最高潮に高鳴る夏至に向かって、
その高なりはじりじりと現実のなかで事象や体験として現れています。

マヒナのフラワーエッセンスの先生でおなじみのみーたんこと谷口みよ子先生を迎えて、
古来から日本女性と深いゆかりを持つ
〈ウィステリア・藤の花〉に導かれて開催する夏至のプログラムです。
大和撫子であるわたしたちにそれぞれに備わった高い霊性が力強く起動され
あなたらしい魂の喜びを満喫する一年になりますよう、あらためてご自身とのつながりを深めてください。
みよ子先生からの力強いメッセージが続きます。
ぜひ、読み進めてください。
今年、後半に向かって自分らしい実り多きめぐりにしてゆきたいですね。

みなさまのご参加お待ちしています。


今年も夏至がやってきます。
夏至は、太陽が一番高い位置に上り、 光の力が最高潮に達する時。
私たちにとっては、 これまでの行動を見直して、
本来のヴィジョンに向けてさらに高い視点で方向を定め
カタチにしていくことを決めるタイミングです。
はっきりと、 実りを得る=実現させるのだと決めて行動する気運が高まります。
夏至が終わると本格的な夏を経て季節は秋に向かいます。
秋は植物の実りの季節、豊穣を祝うタイミングです。
秋の実りの時に向け、 夏至はこれまでの行動を振り返り、
自分なりの成果を認めた上で軌道修正も必要になるかもしれません。
自分のヴィジョンへと向かう方向をはっきりさせ、 具体的に行動しようと決めることが大切です。
あなたが 「こうしよう」「こんな風に変えていこう」と思ったことはどのように進んでいますか?
「いい感じで進んでる」と思えることもあれば、
「やっぱりダメ」とちょっぴりあきらめムードな こともあるかもしれません。
忙しく日々を過ごしていると、自分の願いやヴィジョンは何だったかと
思い出せなくなることも珍しくありません。

思い出しましょう。ご自分の願いを。
大切にしましょう。ご自分のヴィジョンを。

そして、実りを得るためにどのように方向を定めていくのか。
光のチカラが一番強くなる夏至は、ものごとを明確にとらえて決断するのにとても良いタイミングです。
太陽の光を後押しに、心に光を当てましょう。
自分の限界は自分が設定するもの。
その限られた見方や自己イメージも、私たちは新たにすることができるのです。
ご自身の高い意識や本来の願いとつながり、 目指すヴィジョンを生きようと決めることです。

藤の花はあなたの新しい決断をサポートしてくれるでしょう。
5月から満開を迎える薄紫色の花は 房になって垂れ下がる形をしています。
日本に古くから自生し、 古事記にも登場する、 私たちにはゆかりの深い植物です。
この花は古の時代から 女性を象徴する花でもありました。
天から下に向かって垂れる姿は、
私たちの高い意識、霊性が 地上の世界に下りて 実を結ぶ姿を象徴しています。
高い意識から受け取るインスピレーションや本来の願いを、この現実の世界で 形にすること。
夏至はそのための行動を はっきりと決めるのに 良いタイミングです。

藤は 5月から6月にかけて満開になると、早い花は夏至のころに実をつけます。
種は落ちると その場所で芽を出します。
この花と同じように、私たちが実りを得ることも約束されています。
心配する必要はありません。心配や恐れを横におき、自分の願いに正直なって向き合ってみる。

今回のワークショップでは、これまでの行動、努力を見直し認めた上で
実現に向けて必要な方向を見出し、先へと進む心を決めるワークショップです。

谷口みよ子 mi-tan


ワークショップ詳細

日  程:6月21日(水)
時  間:午後の部 13:30~15:30
      夜の部 19:30〜21:30
場  所:mahina pharmacy store(最寄駅:下北沢)
参加費用:5,000円(税込価格・テキスト、お茶+おやつ)
おみやげ:お作りになったフラワーエッセンス
持  物:筆記用具
定  員:各会8名 *定員になり次第締め切らせていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。ハーブ、精油、フラワーエッセンスなどを使われたことがあるか。そして、肌に関するお悩みやご質問がありましたら当日出来るだけお答えいたしますのでご記入ください。


教えてくださる方

谷口みよ子さん
東京生まれ。双子座。
外資系銀行、私立美術館勤務を経て、より自分らしい生き方を模索するなかで、
1997年、フラワーエッセンスに出会う。
以降フラワーエッセンスを役立てて学ぶ過程で、
植物が象徴する自然界のことや、植物、
人間を含む全てにつながりがあることを実感するようになる。
2000年、英国バッチのヒーリングハーブス・プラクティショナー・コース(講師:故ホワード・七歩子氏)、
米国FESインテンシブ・コース(講師:R.キャッツ氏と P.カミンスキ氏)を修了。
スペースハナを主宰し、講座の主催、編集、翻訳、個人セッションなど、
フラワーエッセンスの仕事に広く携わる。現在は講師、翻訳者、プラクティショナーとして活動している。

マヒナファーマシーで「わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ」や
実用基礎/実践活用クラス、季節のワークショップ、フラワーカード・リーディングを担当。
訳書に『エドワード・バッチ著作集』(ジュリアン・バーナード編、BABジャパン、2008年)、
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』
(ジュリアン・バーナード著、英国フラワーレメディー・プログラム、2013年がある。

スペースハナ http://www.spacehana.info/
フラワーエッセンスの魅力|スペー スハナ BLOG http://spacehana.blog.fc2.com/
フラワーエッセンスの魅力・FB https://www.facebook.com/FlowerEssence.appeal/


このページのトップへ






workshop : 76

夏至・美しい魔法でスキンケアづくり
カモミールの優しい魔法で美しく



蔵王のきれいな水と風と土で育ったジャーマン・カモミールは、マヒナファーマシーでも大人気のハーブです。
カモミールの香りに包まれると、わたしは大切に守られた存在であることを思い出させてくれます。
母性に抱かれるほっこりとした愛情のような安心感は、目まぐるしく動き回っている心身を落ち着かせてくれます。
まさに、女性は、永遠の少女。
カモミールは、その心と感覚を思い出させるように可愛らしい気持ちが立ち上がってきます。
昨年も大好評だった蔵王の初摘みジャーマン・カモミールをナビゲートハーブにした
スキンケアワークの季節がやってきました。
この時期いっきに開花するカモミールは、夏至に向かって繊細な光のエネルギーを目いっぱい取り込んでいます。
収穫したてのキラキラしたカモミールを使って、今年も乙女であるあなたを癒やすスキンケアづくりです。
カモミール乙女、ぜひ、ご参加ください!


初夏に向かう高まる光りのエネルギーをまとった蔵王のカモミールは、
本当に香り豊かでこの季節の心とお肌にチカラ強く働きかけてくれます。
わたし自身も毎年心待ちにして止まないマヒナファーマシーのカモミールです。
この蔵王に育つカモミールで抽出したハーブティンクチャ-は、
そのやさしくもエネルギーの高さに感激してしまいます。
なぜなら、お肌だけでなく心にも爽やかにやさしく寄り添ってくれるからです。

6月は梅雨の時期。自然界には欠かせない命を輝かせるための雫滴る季節です。
それはお肌にとっても光りの高まる熱の渇きを程よくしっとりとさせてくれる恵みでもあります。
ただ、エアコンなどの冷気による寒暖差や、強い紫外線A波によるダメージがあるのも事実。
又、時に光りを遮る雲に覆われ、グレーな空模様に心の動きも鈍る場合も…。
そんなこの季節の心とお肌のためのスキンケアには、
やはりこの季節ならではの旬のハーブ カモミールが大きな助けになります。

ジャーマン・カモミールは、胃もたれ緩和や生理痛ケア、
風邪予防等のハーブティとして最もポピュラーなハーブです。
そして実は、ヨーロッパでは外用としても、古くからとても効果的なハーブとして愛されてきました。
消炎やアレルギー緩和に役立ち肌の痒みをケアする等の肌ケアのチカラが
信頼されておりナチュラルスキンケアの定番ハーブのひとつなのです。
さらに、やさしく温めるその働きから母が子を健やかに守るハーブとしても親しまれてきた愛に満ちたハーブです。
わたし自身の体感でも、カモミールはお茶としての薬効はもちろん、ハーブティンクチャ-として肌ケアに役立ち、
さらに、気持ちをやわらかく温め慈愛を導くように感じています。我が家では、まさに欠かせないメディシナルハーブです。

今回もまた初摘みをすぐにカモミール油・ハーブティンクチャ―・光りのエッセンス…などへと仕込みます。
もちろん、他にもチカラをくれるたくさんの植物たちをご用意しています。
五感を響かせてご自身に必要な植物たちを引き寄せてください。
そしてぜひ、この初摘みカモミールをはじめ、心に響くスキンケアをご一緒にご体感ください。

塩見麻衣美


ワークショップ詳細

日  時:2017年6月20日(火曜)
     昼の会 13:30~16:00
     夜の会 19:30~22:00
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:6,500円(材料全て込み・ハーブティー付き)
おみやげ:お作りになったオイル in ローション 約95ml
     1本で肌ケアが完結する全身用スキンケアとなります。
     内容:植物オイル・アメジスト水・ひかりのエッセンス・フラワーレメディ・
     精油・ハーブティンクチャ―等が入ります。
定  員:8名さま(開催人数4名以上) 
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
     開催人数に達しない場合は休講とさせていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。ハーブ、精油、フラワーエッセンスなどを使われたことがあるか。そして、肌に関するお悩みやご質問がありましたら当日出来るだけお答えいたしますのでご記入ください。


このページのトップへ



workshop:75 はじめてのシュタイナーシリーズ 座学① 人間の四つの気質



4月に、はじめましてのシュタイナーというタイトルでお話会を開催しました。
R・シュタイナーはどんな人物だったのか、そこにある深くて広い思想。
今に生きるわたしたちに必要なメッセージや知恵となるシュタイナーの世界へ
話し手の虹乃美稀子さんが分かりやすく導いてくれる会になりました。
難解と呼ばれるシュタイナーの思想。
本を読んで難しくて挫折した経験を持つ方も多いと思います。
今年連続で開催するクラスは、座学と祝祭のワークショップです。
思想を頭で理解することではなく、五感を通して感覚体験の中から理解できるように
テーマ別に分かりやすく、基本を学び体験でお伝えする講座です。

今回、第一回目の座学は、「人間の4つの気質」というテーマです。
シュタイナーは人間の気質を4つに分類することにより、その人間理解を深めています。
それぞれの気質は、私たちの内面と外面にどのような表れ方をするのか、
またその長所と短所も眺めてみましょう。
大切なのは、持って生まれた気質を矯正して標準化させるのではなく、
気質そのものをその軌道に上手に載せてあげることです。
気質論は、自分自身をより深く知り、活かすことのできるようになるひとつの指標となります。

教えてくださる虹乃美稀子さんは、人と間近に接する保育の仕事のなかで
難解なシュタイナーの思想を現実の世界で実感し
その体験から分かりやすく解釈して伝えてくれます。
シュタイナーの世界を知りたい方、宇宙や自然をより近くに感じたい、
暮らしに取り入れていきたい、と考えてる方
季節を身近に、自然界のサイクルや自然と人のつながりを深く知りたい方
植物と仲良くなりたい、植物療法を学んでいる方には必聴です。

ぜひご参加ください。


シュタイナーは人間の気質を4つに分類することにより、その人間理解を深めています。
こうした分類は、シュタイナーの全くのオリジナルではなく、
古代ギリシア以来、西洋世界で用いられてきた人間を観察し、
理解しようとするアプローチを、より深く洞察したものです。

私たち人間の本質は自我であり、その自我は輪廻しつつ成長していく、
とシュタイナーは考えていました。
そうしたことを踏まえた上で、自我(こころの深みの中にある”たましい”のようなもの)の
成長のための意識や行為を「自己教育」とも呼んでいます。

人間の気質について知ろうとすることは、他ならず自分自身をよく観察するところから始まります。
自身を観察しようとするその見えない瞳は、はたして「だれの」瞳なのでしょうか。
どこから、見つめているのでしょうか。

一緒に、そんなことを考えながら気質のお話を通して自分自身を見つめてみましょう。
もうすぐ夏至の季節。
アントロポゾフィーでは、太陽の高度が一番高くなるこの頃、
人間の自我は勢いを増す自然界にその身を委ね、意識は暗くなる、と言います。
自然界とチューニングし、日常の自我を鎮まらせたときに、
暗い意識の中から受け取る光があるかもしれません。

 この強い日ざしの中で
 叡智の知らせを 受けなさい。
 宇宙の美に帰依しつつ
 お前の中に お前を感じながら 生きなさい。
 そうすれば 人間自我が 自分を見失っても
 宇宙の自我の中に 自分を見つけ出すことができる。
  魂のこよみ 第11週より/ルドルフ・シュタイナー(高橋巌訳)

虹乃美稀子


ワークショップ詳細

日  時:6月15日(木) 午前の会 10:30~12:30
    :6月15日(木) 夜の会  19:30~21:30 満員御礼
場  所:mahina pharmacy store(最寄り駅:下北沢)
参加費用:4,500円(ハーブティー付き)
持  物:筆記用具
定  員:各会10名さま(開催人数4名以上)
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
     開催人数に達しない場合は、休講させていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


このページのトップへ



workshop:74 感覚にめざめるからだとこころのためのヨガ「操・みさおヨガ」



わたしたちのからだは、ちゃんと知っているのです。

「操・みさおヨガ」は、からだがすでに知っていることを、ゆったり、やわらかく解きほぐし、
みちびき、めざめさせるヨガです。

「ヨガ」と聞いてイメージするようなアクロバティックで難しいポーズは一切ありませんが、
不思議とからだの感覚がキラキラと目覚めてゆきます。
ご自分のからだの感覚に向き合う、厳かで、静かに、優しく、凛ととしたあたたかなひと時です。
感覚に目覚めはじめると、無意識に自分がとらわれていたことや
古い観念のようなものが少しずつ外れて、シンプルで軽やかなこころとからだに変化してゆきます。
無意識のとらわれから解放されてゆくと、本来の自分に戻りほっこりと大らかなこころで
ご自分を信頼してゆくことができます。
日々の暮らしの中で、季節のめぐりの中で、パターン化された思いぐせから
からだとこころがゆらぎやすい毎日を過ごしています。
セルフケアとしてご自分の中心に戻る場所として、ご自分のタイミングでご参加してください。
ヨガを始める前に、ポイントとなる臓器やチャクラにオイルを塗って
からだとエネルギーがスムーズに循環していくようにしてヨガに入ります。
季節によってからだや精神のゆらぎがありますので、
毎月、季節に合わせたからだとこころのバランスを調整していくようなプログラムです。
ヨガやからだを動かすことが苦手な方でも安心して受けて頂けるようなゆるやかなヨガです。
また、女性特有の病気、妊娠にむけてのからだ作り、
出産後のからだを健やかに戻したい方に特におすすめです。

教えてくださる桜内操先生は、ヨガ歴30年以上のお母さん先生です。
カルチャーセンターで女性ヨガを10年担当された後、
産院で不妊治療中の方の体質改善ヨガやマタニティーヨガのクラスを受け持たれ、
現在は、不妊や女性特有のからだの悩みに応じて、
日々の暮らしのなかで使えるヨガ教室を行われています。
震災後から、福島のお母さんたちと子供さんを対象にした
保養プログラム「ちいさなたび」で、
お母さんたちのからだ立て直しのヨガクラスを担当。
太陽のようにきらきらした笑顔とユーモアと笑いを交えながら、
ひとりひとりに丁寧に向き合って教えて下さるみさお先生のクラスは人気です。
いつも好奇心と自身と対話する学びを積極的にもたれて、
あらゆる自然療法などから得た体験や知恵をヨガを通して
わたし達に惜しげもなくシェアして下さいます。
毎回6名限定の小さなクラスで開催します。


ワークショップ詳細

★新緑「初夏に向けて、陽のエネルギーに対応したからだづくり」

5月のからだは、段々、陽の気が高まり免疫力も高まってきます。
気が上昇する季節に入ってくるので、丹田にチカラをつけて神経を整え
陽の気のめぐりに合わせてゆくからだの状態をつくります。
同時に、自律神経を整える動きも大切にしてゆきます。

日  時:2017年5月29日(月)14:30〜17:00
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:4,000円(税込価格・ヨガ時に使用するオイル代、お茶)
持  物:お水、五本指靴下、敷物
定  員:6名さま
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。

このクラスは、母子保養プログラムちいさなたびを応援しています。
参加費用の中から一部寄付させていただきます。
毎年、仙台で行われる週末保養プログラムに使われます。
ちいさなたびの活動はこちら http://www.chiitabi.com


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


このページのトップへ








workshop : 73

季節のお薬箱ハーブレッスン vol.1
メディシナルハーブ「 桜 」



マヒナファーマシーでは、植物療法を日常に、自分や大切な方のために活かす
セルフケア&セルフヒーリングをお伝えしています。
季節の変わり目は、からだや心の切り替えが難しく、自分に合ったケアがとても大切になってきてます。
年々、季節を乗り越えて、新しい季節に調和してゆくのが大変と感じてらっしゃる方も多いことでしょう。
この春、植物と親しみ、ご自分のセルフケアに具体的に使うことができる
メディシナルハーブの学びと体験を深めるクラスが新しくはじまります。
すっかりおなじみになったスキンケアのワークショップで植物の美しさを伝えくださる
植物療法士の塩見麻衣美さんの新しいクラスです。
第一回目は、春を迎える象徴的な植物であり、わたしたち日本人にとって古来から大切してきた「桜」。
桜は、美しさを鑑賞するような存在ですが、実は、この季節のからだを助けるチカラがあります。
しなやかな語り口で心身の感覚に柔らかく響く麻衣美さんのお話を聞きながら
ご自分のからだに役立つ桜のエリキシールを作りましょう。
季節をまるごとからだに取り入れて、
春に立ち上がる心身のサポートになる機会にぜひしてみてください。


ひかりに満ちた春の季節に、植物のチカラを生かした
“季節のお薬箱” になるような
ハーブレッスンをさせていただくことになりました。
自分の健やかさに役立てるハーブの会です。

心身を整えるために、植物のチカラをいただく方法やその植物の働きについてお話します。
小さな手仕事もします。
自分を大事にするための、ほんのひと手間をライフスタイルのなかに取入れてみませんか?
ここでの小さな手仕事は、まさに自分の “ 季節のお薬箱”のひと品になるはずです。

この春のお話は「桜」。

桜は古来より春の象徴的なお花として愛されてきました。
今回は、そんな桜花の美しさだけではなく、その秘めたるメディシナルハーブとしてのチカラについて
お話させていただきたいと思います。
さらに、桜の花のもつ働きを生かしたエリキシール(薬用酒)も作ります。

太陽の光りが熱を帯びてくる春に、葉をつける前に花を咲かせる樹「桜」。
その桜の花の放つ満開な様子は「喜び」に満ちています。
そして、喜びのなかにある和ハーブとしての顔のひとつは、細胞の若々しさを保つチカラ。
ますます桜咲く春が愛おしくなるでしょう。
自分のための小さなハーブレッスン・・・ぜひ、ご一緒しませんか。

植物療法士 塩見 麻衣美


ワークショップ詳細

日  時:4月15日(土) 14:00~16:00
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:5,000円(材料全て込み・桜のお茶とおやつ付き)
おみやげ:お作りになった桜のエリクシール
定  員:8名さま(開催人数4名以上) 
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
     開催人数に達しない場合は休講とさせていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
本文にワークショップのタイトル、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


教えてくださる方

塩見麻衣美さん
太陽星座 おうし座・月星座 ふたご座
東京都生れ O型

広告代理店にて販促企画、大手メーカーにて商品開発・商業施設開発に従事。
多忙な日々のなか、自らの不調をきっかけにフラワーエッセンスに出会う。
さらにハーブやアロマテラピーなど自然界の様々な癒しのチカラに助けられ、学びを深めていった。

2006年 ニールズヤードレメディーズ フラワーエッセンス アドバンストコース修了。
2006~2007年 国際植物療法協会(現在 自然療法機構)にて植物療法士1級取得。
2008~2010年 カリス成城 初台店に勤務。販売及び店内ミニワーク講師に従事。
2011年~ カルチャースクールなどでハーブやアロマの講師を務める。
2013年 自然療法機構にて自然療法士取得。 同機構にて講師会員として所属。

現在は、響探求会、マヒナファーマシーストアなどをはじめ様々なかたちで講師をさせていただいている他、
“月とハーブとこころとお肌” をテーマに自宅ワークルームにて五感でつくる
ハーバルスキンケア “ヒーリングスキンケア” のワークショップを毎月開催。
マヒナファーマシ―Webマガジンのセラピストリレーでは
「月とハーブのヒーリングビューティ」をテーマに寄稿させていただいている。
ライフワークは“月とハーブと心と体” について独自に探求すること。


このページのトップへ



workshop:72 感覚にめざめるからだとこころのためのヨガ「操・みさおヨガ」



わたしたちのからだは、ちゃんと知っているのです。

「操・みさおヨガ」は、からだがすでに知っていることを、ゆったり、やわらかく解きほぐし、
みちびき、めざめさせるヨガです。

「ヨガ」と聞いてイメージするようなアクロバティックで難しいポーズは一切ありませんが、
不思議とからだの感覚がキラキラと目覚めてゆきます。
ご自分のからだの感覚に向き合う、厳かで、静かに、優しく、凛ととしたあたたかなひと時です。
感覚に目覚めはじめると、無意識に自分がとらわれていたことや
古い観念のようなものが少しずつ外れて、シンプルで軽やかなこころとからだに変化してゆきます。
無意識のとらわれから解放されてゆくと、本来の自分に戻りほっこりと大らかなこころで
ご自分を信頼してゆくことができます。
日々の暮らしの中で、季節のめぐりの中で、パターン化された思いぐせから
からだとこころがゆらぎやすい毎日を過ごしています。
セルフケアとしてご自分の中心に戻る場所として、ご自分のタイミングでご参加してください。
ヨガを始める前に、ポイントとなる臓器やチャクラにオイルを塗って
からだとエネルギーがスムーズに循環していくようにしてヨガに入ります。
季節によってからだや精神のゆらぎがありますので、
毎月、季節に合わせたからだとこころのバランスを調整していくようなプログラムです。
ヨガやからだを動かすことが苦手な方でも安心して受けて頂けるようなゆるやかなヨガです。
また、女性特有の病気、妊娠にむけてのからだ作り、
出産後のからだを健やかに戻したい方に特におすすめです。

教えてくださる桜内操先生は、ヨガ歴30年以上のお母さん先生です。
カルチャーセンターで女性ヨガを10年担当された後、
産院で不妊治療中の方の体質改善ヨガやマタニティーヨガのクラスを受け持たれ、
現在は、不妊や女性特有のからだの悩みに応じて、
日々の暮らしのなかで使えるヨガ教室を行われています。
震災後から、福島のお母さんたちと子供さんを対象にした
保養プログラム「ちいさなたび」で、
お母さんたちのからだ立て直しのヨガクラスを担当。
太陽のようにきらきらした笑顔とユーモアと笑いを交えながら、
ひとりひとりに丁寧に向き合って教えて下さるみさお先生のクラスは人気です。
いつも好奇心と自身と対話する学びを積極的にもたれて、
あらゆる自然療法などから得た体験や知恵をヨガを通して
わたし達に惜しげもなくシェアして下さいます。
毎回6名限定の小さなクラスで開催します。


ワークショップ詳細

★春「春の目覚め、からだを知って、自分で整える。」
春のからだは、冬の時期に内側に光を抱え込んだままの固いからだを、
やわらかい新芽が芽吹くように、優しく扱いながらゆったりと骨盤から開いていきます。
冬に使いすぎた肝臓、腎臓のバランスを取り活性化させてゆきます。
停滞した流れを動かし軽やかな循環を作ってゆきます。
からだを調整することで、春の移ろいやすい情緒も安定してゆきます。

日  時:4月10日(月)13:30〜16:00
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:4,000円(税込価格・ヨガ時に使用するオイル代、お茶)
持  物:お水、五本指靴下、敷物
定  員:6名さま
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。

このクラスは、母子保養プログラムちいさなたびを応援しています。
参加費用の中から一部寄付させていただきます。
毎年、仙台で行われる週末保養プログラムに使われます。
ちいさなたびの活動はこちら http://www.chiitabi.com


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


このページのトップへ






workshop : 71

お話会「はじめましてのシュタイナー」



これまで、シュタイナーの世界観を体験できたら、と、
季節ごとにシュタイナーの季節のセレモニーを
体験する会を開催してきました。
都会で暮らしていても、宇宙や自然とのつながりを大切にその世界観と感覚を持ちながら
現実的な営みを実現したいと考える方も多いのではないでしょうか。
単に、好奇心やその世界観を味わうだけではなく、より日常に、捉え方に、生き方に。
そうして、できるだけ、からだに優しいものを取り入れて、植物のある暮らし
自分らしい生き方に意識を傾けるようになってきているように思います。
シュタイナーの思想は、大いなる宇宙と有機的なわたしたちのつながりを新鮮な視点で教えてくれています。
新しい意識に目覚め、見えないもの、曖昧なものへの微妙な情緒をさとる感受性。
きっと、これからの時代、シュタイナー的な感受性が自分らしく生きるチカラになってくれるはずです。
そして、宇宙や自然界が発しているエネルギーを理解する、新しい感性の扉を開けてくれることになるでしょう。
今年は、季節の体験と合わせて意識的にその世界を知ってみる講座をはじめます。

宇宙や自然をより近くに感じたい、暮らしに取り入れていきたい、と考えてる方
季節を身近に、自然界のサイクルや自然と人のつながりを深く知りたい方
植物と仲良くなりたい、植物療法を学んでいる方
に向けて、企画したプログラムです。
仙台で自主幼稚園を主宰する虹乃美稀子さんをお迎えして、具体的な学びや体験の前に
まずは、基本的なシュタイナーの世界観やメッセージを知っていただくお話会です。
虹乃さんのお話は、一見して難解に感じるシュタイナーの思想を
とても分かりやすく感覚に響く語りと解釈で伝えてくださいます。
はじめてのシュタイナーの会にぜひ、ご参加ください。


「シュタイナー」という人の名前は、おそらくオーガニックな暮らしや
内的な自己探求に関心を持ち始めるとどこかで一度は耳にするでしょう。
それは「バイオダイナミック農法」と呼ばれる有機農法の化粧品や食品であったり、
もしくは「シュタイナー教育」の教育現場の話であったりするかもしれません。
医療や治療教育の現場で、または「ライアー」といった楽器や「オイリュトミー」と呼ばれる
身体芸術などのアートの場で話題になることもあります。

いったい「シュタイナー」とはどんなひとだったのでしょう。
その残された多数の講演録や著作は難解で、
なかなか導きがないとひとりで読み解くのは難しいものです。
かくいう私も、まだその深遠な思想の入り口に立っています。

しかし、その深遠な思想の中には、難解であると遠くから眺めるばかりではもったいない
黄金の智慧と気づきがたくさん詰まっているようです。
私自身は、保育という仕事を通して20歳の時にシュタイナーに出会い、紆余曲折の中で
気づけばシュタイナー幼稚園を自ら開き、今年で10年目を迎えることになりました。

シュタイナー思想は、固まったイデオロギーではありません。
それはいつもクリエイティブで各人の本質的な自由が内包されています。
そして、とても、未来的です。
「はじめましてのシュタイナー」では、シュタイナーの思想に初めて触れる方のために、
その基本となる宇宙観、人間観についてお話します。
楽しみながら学びましょう。

 ちいさなひかり わたしのなかに
 ちいさなひかり あなたのなかに
 ちいさなくらし このあしもとに
 ほしのめぐりと ひびきあわせて

虹乃美稀子


ワークショップ詳細

日  時:4月4日(火) 昼の回 14:00~16:00 新設いたしました
    :4月4日(火) 夜の回 19:30~21:30 満員御礼
場  所:mahina pharmacy store(最寄り駅:下北沢)
参加費用:3,500円(ハーブティー付き)
持  物:筆記用具
定  員:10名さま(開催人数4名以上)
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
     開催人数に達しない場合は、休講させていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、
お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


〈6月からの連続講座のお知らせ〉

6月から学びの座学や季節のセレモニーの体験のプログラムがあります。
詳細は、あらためてお知らせしますが、こんな内容のプログラムです。
シュタイナーの思想を分かりやすく、基本を学びと体験でお伝えする講座です。

虹乃美稀子さんが保育という仕事とともに、
私生活でも支えとなってきたシュタイナーの思想について
今年は年間の座学と祝祭のワークショップを通して、
頭と身体と五感を様々に使いながらご紹介していきたいと思います。
シュタイナーの思想が難解と呼ばれることのひとつには、
本を読み頭だけで理解するのは難しいということが挙げられます。
五感を通して感覚体験の中から理解することが重要だからです。
ワークショップではそうした体験の機会を大切にしたいと考えています。
現代人は理知的な方向に偏りすぎて生命力が弱りがちですが、
現代生活の中で生命力を取り戻す具体的な方法も
シュタイナーは示唆してくれています。

第1回 6月15日(木) 座学「人間の4つの気質」
シュタイナーは人間の気質を4つに分類することにより、その人間理解を深めています。
どのタイプにはどんな食べ物が適していて、どんな楽器がフィットするのか?
自分自身をよりよく知るひとつの指標にもなります。

第2回 7月20日(木) 座学「人生の7年周期」
シュタイナーの思想では、人間の成長発達は7年周期であるという大原則があります。
そしてこの7年のリズムは子ども時代だけではなく、実は大人になっても続きます。
7年ごとの人生の隠された課題とは何でしょう。
自分の人生を振り返り、今後を見通してみましょう。

第3回 9月28日(木) 祝祭ワークショップ「ミカエル祭のセレモニー」
秋分の敷居を越えるという秋のミカエル祭は人智学の中で祝われる独自の祝祭です。
外界の日の光は弱まっていく季節ですが、
人間は逆に内的な内なる光を意識的に強めていくことができます。
それはー思考が意志を支配するーという人間としての修練にも繋がって行きます。
正義と勇気を象徴する赤いものを身につけて集まるパワフルなセレモニーです。

第4回 12月21日(木)祝祭ワークショップ「アドヴェント・セレモニー」
自然界の光が一番弱まる冬至の頃、人間は自身の中に聖なる光を再び見出そうとします。
ほのかに甘く香るミツロウのりんごろうそくを灯し、
床にしつらえた永遠のいのちの象徴であるモミの枝の渦巻きを歩くセレモニーは
一年の締めくくりと、自分自身の内的な再誕生を経験する、貴重な年に一度の体験となります。


お話くださる方

虹乃美稀子さん
spaceship 仙台ゆんた主宰、虹のこども園 園長/担任
1994年~2001年 仙台市保育士として保育所や児童相談所に勤務。
2000年 仙台ゆんた オープン。
2001年~2005年 シュタイナー幼児教育者養成コース(横浜)に学ぶ。
2006年、シュタイナ―親子クラスを開く。
2008年、シュタイナー教育を実践する「虹のこども園 」を開園。
子どもたちをありのままに、健やかに育てることが困難な現代において、
自然育児に光を見いだす母親と子どもたちのための育児サポートを行っている。
震災後、「母子週末保養プロジェクト ちいさなたびJAPAN」の活動も始める。
《ウェブサイト》http://spaceship-yunta.com


このページのトップへ






workshop : 70

「ハワイに伝わる浄化のお話」



昨年9月にお迎えしたハワイ島のMana Yuimi Koikeさんを再びお迎えして
ハワイに古来から伝わる奥深い浄化の知恵をシェアしていただく会です。
ネイティブハワイアンから教えてもらった古代ハワイに伝わる浄化の方法と
マナさんがハワイ島で実践している浄化のある暮らしは、
とても興味深いエッセンスがたくさんです。

ひとことで「浄化」というと、特別な行為のように思えますが、
ハワイの大自然のなかで生きるマナさんにとって、浄化は、毎日の日課だそうです。
呼吸をすることと同じくらいあたりまえで自然なこと。
そう、気持ちの良いこと。

朝日を浴びながら自然に向かって体を動かす。
浄化と活力を再生させる植物を毎日摂る。
森羅万象のなかで活かされることに感謝の祈り(チャント)を捧げる。

ハワイ伝統の浄化方法は、さまざま。
身体、心、魂、そして、暮らし方とあらゆる方向性を整えることができます。
ハワイのaloha(アロハ)な心、エネルギーからはじまる浄化作用は、
心身の奥深いところまで働きかけます。

植物・ティーリーフやカヴァを使った、心、魂、身体の浄化の儀式。
海でのみそぎ、海水とオレナ(うこん)を使う浄化。
愛、赦し、感謝の分かち合いホオポノポノによる浄化。
祈り〜チャント〜言霊による波動。
祝詞、麻、塩、御鈴を使った古来日本で伝わってきた祓いの方法。
断食、植物を使ったからだの浄化

大自然に包まれたハワイの植物や大地のダイナミックなエネルギーから
語り継がれる調和に導く方法。
気持ち良い気の流れ、前に進んでゆくエネルギーの道を作るのも
浄化の行為からはじまるのかもしれません。

会では、マナさんがハワイ島の暮らしのなかで実践している、
心身のチューニングに摂取している
ハワイの植物・オレナ(うこん)、ジンジャー、ノニを味わってみたり、
フラや舞の動きを使ってからだにエネルギーを取り込む動きを体験してゆきます。

ハワイ島の原始的なエネルギーに触れて内側の活力が蘇る体験になりそうです。
新しいめぐりが立ち上がる春に、心身をクリアにして整える助けになる機会になりそうです。
とても楽しみですね。


ワークショップ詳細

日  時:4月2日(日)16:00~18:00 満員御礼
場  所:mahina pharmacy store(最寄り駅:下北沢)
参加費用:3,500円(ハワイアンハーバルティとマナさん特製のロウビーガンスイーツ付き)


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、
お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


お話くださる方



Mana Yuimi Koikeさん
2009年よりハワイ島在住。舞踊家(舞、フラ)、ヨガ、気功講師、
野草クラフター(ハワイの土地で育つもの、うけとれるものを使ってスキン、フードをつくる)。
3歳の頃から、クラシックバレエ、日本舞踊を学ぶ、 幼少からのアトピー体質の改善のために、
15歳よりヨガと気功、玄米菜食をはじめる。 18歳のときに断食で体質、
心の生まれ変わりを体験する。
その後、ハワイで3年のロウビーガンを経て、自然に近く生きていくことを実践中。
ハワイの古典フラ、日本の古神道、神道の舞~を学び、 気功、ヨガ、
舞が日々の生活のはじまりにあり、自然界と調和する(和)ライフスタイル。
ハワイと日本で、日本の古神道の歌と舞を分かち合うことをライフワークとしている。
ハワイのリトリートでは、 ターラの舞、カタカムナの舞、アマスワの舞、
気功、ヨガ、デトックスコーチをしている。


このページのトップへ






workshop : 69

ハワイの創世神話『クムリポ』朗読会
クムリポの言霊 ー 音で感じる神話の世界 -



前回の感動を今一度体験したいという声を受けて、2回目となるハワイが生まれた神話
「クムリポ」の朗読会を開催します。
2000行からなるこの壮大な物語は、宇宙の光と闇からはじまり、
海底から生命の息吹が立ち上がる描写が瑞々しく描かれていています。
一行一行、命が生まれる描写を言霊で聞くたびに、からだの細胞が喜びに包まれてきます。
今回も、アラスカや世界の神話に精通し翻訳もされている、
あ。わ。の月でおなじみの赤阪友昭さんがハワイの神話の原書から
日本語に翻訳したものを特別にシェアしてくださる朗読会です。
そして、ハワイ島からMana Yuimi Koikeさんに、
クムリポのチャントとフラも披露していただきます。
ハワイ語のクムリポのチャントをみなさんもご一緒に詠唱して、
音霊の響きをぜひからだで感じてみてください。
クムリポを知ることで、宇宙のはじまりや自然界とわたしたちの大いなるつながりを
あらためて深く感じることができるように思います。

もともと神話は、独りの語り部の物語る言葉からはじまった。
文字はなく、あるのは言葉として発せられる音が作り出す空間のみ。
音はその空間に共存する人々の意識と共鳴して、あるエネルギーを創り出す。
それは「親和力」とでも言えばいいのだろうか。
神話の言葉と人々の現実の世界が交差する場所では、
ある種のエネルギー変化が起こり、
それは身体感覚を通して現実世界へも影響を与える。

古代の智慧の伝承であるクムリポを歌おう。
その音霊は、古えより繋がる魂の響きそのもの。
私たちの身体は、その響きを頼りに彼らの世界へと深く潜ってゆく。
深く蒼い海底を彷徨うように、神話の言葉の中へ。
いま、旅をはじめよう。

赤阪友昭


ワークショップ詳細

日  時:3月26日(日)17:00~19:00
場  所:mahina pharmacy store(最寄り駅:下北沢)
参加費用:2,500円(ドリンク付き)


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、
お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


お話くださる方

赤阪友昭(写真家) 1963年大阪生まれ。写真家。雑誌『Switch』や『Coyote』などに写真・文章を寄稿。
北米海岸の先住民族と過ごした時間を一冊にまとめた
写真集『The Myth -神話の風景から-』がある。
現在は、山に残された原初の信仰、縄文文化や祭祀儀礼を取材。
また、福島県立博物館のプロジェクトに関わり、南相馬を拠点に被災地の撮影を続けている。
http://www.akasakatomoaki.net

「あ。わ。の月」プロジェクト
月をキーワードとして、森羅万象の世界へ足を踏み入れようというプロジェクトです。
「あ」は「はじまり」、「わ」は「おわり」のこと。
「月」を知ることは命の「はじまり」と「おわり」と「はじまり」を知ることです。
https://www.facebook.com/awanotsuki/

Mana Yuimi Koikeさん
2009年よりハワイ島在住。舞踊家(舞、フラ)、ヨガ、気功講師、
野草クラフター(ハワイの土地で育つもの、うけとれるものを使ってスキン、フードをつくる)。
3歳の頃から、クラシックバレエ、日本舞踊を学ぶ、 幼少からのアトピー体質の改善のために、
15歳よりヨガと気功、玄米菜食をはじめる。 18歳のときに断食で体質、
心の生まれ変わりを体験する。
その後、ハワイで3年のロウビーガンを経て、自然に近く生きていくことを実践中。
ハワイの古典フラ、日本の古神道、神道の舞~を学び、 気功、ヨガ、
舞が日々の生活のはじまりにあり、自然界と調和する(和)ライフスタイル。
ハワイと日本で、日本の古神道の歌と舞を分かち合うことをライフワークとしている。
ハワイのリトリートでは、 ターラの舞、カタカムナの舞、アマスワの舞、
気功、ヨガ、デトックスコーチをしている。


このページのトップへ






workshop : 68

「植物の魔女・空民の 藍の水光栽培WS」



自然界が芽吹く季節になりました。
植物の季節になると、仙台の魔女・空民が植物で
毎日をワクワクさせるメッセージを届けに来てくれます。
東北の震災を体験して、日常的に活かせる工夫とアイディアがつまった
空民スタイルの植物と仲良くなるワークショップです。

去年は、藍を食すWSを開催して大変反響がありました。
いよいよ藍の時代の始まりです。
藍は、染色でよく使われている美しいあのインディゴブルーです。
そして、宇宙の色。
古代エジプトでも染色に使われていたり解毒のために用いられていました。
日本でも古くは解毒や浄化のために葉や茎を乾燥させたものを
お茶にして飲んだりしていたそうです。
抗酸化作用、免疫調整作用、抗菌作用など、有効成分が多く、
からだへの浄化力の高い藍は、スーパーフードとしても期待されているようです。
藍は染色に使うだけでなく古代の人たちもしていたように、食べて、お茶にして
日々の心身の浄化に気軽に親しんでゆきたい植物です。

藍の魅力が高鳴ったところで、
今回は、ご自分で藍を育てることができる方法を学ぶ会です。
畑がなかったり、土栽培で育てられない環境の方も
省スペースでも沢山増やして育てることができる
水光栽培の方法を学びます。
都会で植物を育てたい方に、画期的な方法です。
市販のキットも沢山ありますが、身近な材料で育てる事が可能です。
水光栽培は、植物によっても育て方がいろいろ違います。
今回は、藍の種の蒔き方と育て方がメインになります。
自宅ですぐにはじめられる種まきセットが付いています。
東北では8〜9ヶ月位水光栽培で育てられますが、
暖かいところでは二回種まきができて一年中育てることも可能な植物です。
食べる為に少し育てられたら、次は染める為に増やしてみてください。
ほんのわずかなスペースでも元気に育つそうです。
自信が持てたら、土耕栽培、畑を見つけて
ナチュラルな環境でチャレンジしてみてください。
空民は、震災の時、放射能汚染で畑や庭の野菜が食べられなくなった時に、
水光栽培の野菜たちに助けられたそうです。
自然と距離のある生活環境や災害などの出来事が起こる時代です。
現実的な方法を柔軟に体験しながら、植物との新しいコミュニケーションを知ることは
新しい生きる知恵につながるとても素敵なことです。
植物が好きな方、藍に興味がある方、浄化が必要な方、ぜひご参加ください。
空民の自由な発想で植物とつながる感覚をたくさん感じて、
ワクワクの種をみつけてください。




ワークショップ詳細

日  時:2017年3月25日(土)
     朝のクラス 11:00〜13:00 満員御礼
     昼のクラス 14:00〜16:00
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:7,500円
持  物:筆記用具
おみやげ:藍の種まきセット
定  員:各クラス8名さま(開催人数4名以上)
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
     開催人数に達しない場合は休講とさせていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
お申込みの際に、参加者のお名前、人数、住所、お電話、メールアドレス、
参加希望のきっかけやご質問などがありましたら事前にお伝えください。


教えてくださる方

及川久実さん(仙台在住・クラフト作家)
水光栽培、芳香蒸留水、クラフトなど「いまを愉しむWS」を開催。
著書に『及川久美のドールハウス』『はじめてのミニチュアクラフト』など。


このページのトップへ



workshop:67 感覚にめざめるからだとこころのためのヨガ「操・みさおヨガ」



わたしたちのからだは、ちゃんと知っているのです。

「操・みさおヨガ」は、からだがすでに知っていることを、ゆったり、やわらかく解きほぐし、
みちびき、めざめさせるヨガです。

「ヨガ」と聞いてイメージするようなアクロバティックで難しいポーズは一切ありませんが、
不思議とからだの感覚がキラキラと目覚めてゆきます。
ご自分のからだの感覚に向き合う、厳かで、静かに、優しく、凛ととしたあたたかなひと時です。
感覚に目覚めはじめると、無意識に自分がとらわれていたことや
古い観念のようなものが少しずつ外れて、シンプルで軽やかなこころとからだに変化してゆきます。
無意識のとらわれから解放されてゆくと、本来の自分に戻りほっこりと大らかなこころで
ご自分を信頼してゆくことができます。
日々の暮らしの中で、季節のめぐりの中で、パターン化された思いぐせから
からだとこころがゆらぎやすい毎日を過ごしています。
セルフケアとしてご自分の中心に戻る場所として、ご自分のタイミングでご参加してください。
ヨガを始める前に、ポイントとなる臓器やチャクラにオイルを塗って
からだとエネルギーがスムーズに循環していくようにしてヨガに入ります。
季節によってからだや精神のゆらぎがありますので、
毎月、季節に合わせたからだとこころのバランスを調整していくようなプログラムです。
ヨガやからだを動かすことが苦手な方でも安心して受けて頂けるようなゆるやかなヨガです。
また、女性特有の病気、妊娠にむけてのからだ作り、
出産後のからだを健やかに戻したい方に特におすすめです。

教えてくださる桜内操先生は、ヨガ歴30年以上のお母さん先生です。
カルチャーセンターで女性ヨガを10年担当された後、
産院で不妊治療中の方の体質改善ヨガやマタニティーヨガのクラスを受け持たれ、
現在は、不妊や女性特有のからだの悩みに応じて、
日々の暮らしのなかで使えるヨガ教室を行われています。
震災後から、福島のお母さんたちと子供さんを対象にした
保養プログラム「ちいさなたび」で、
お母さんたちのからだ立て直しのヨガクラスを担当。
太陽のようにきらきらした笑顔とユーモアと笑いを交えながら、
ひとりひとりに丁寧に向き合って教えて下さるみさお先生のクラスは人気です。
いつも好奇心と自身と対話する学びを積極的にもたれて、
あらゆる自然療法などから得た体験や知恵をヨガを通して
わたし達に惜しげもなくシェアして下さいます。
毎回6名限定の小さなクラスで開催します。


ワークショップ詳細

★春「春の目覚め、からだを知って、自分で整える。」
春のからだは、冬の時期に内側に光を抱え込んだままの固いからだを、
やわらかい新芽が芽吹くように、優しく扱いながらゆったりと骨盤から開いていきます。
冬に使いすぎた肝臓、腎臓のバランスを取り活性化させてゆきます。
停滞した流れを動かし軽やかな循環を作ってゆきます。
からだを調整することで、春の移ろいやすい情緒も安定してゆきます。

日  時:3月14日(火)13:30~16:00
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:4,000円(税込価格・ヨガ時に使用するオイル代、お茶)
持  物:お水、五本指靴下、敷物
定  員:6名さま
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。

このクラスは、母子保養プログラムちいさなたびを応援しています。
参加費用の中から一部寄付させていただきます。
毎年、仙台で行われる週末保養プログラムに使われます。
ちいさなたびの活動はこちら http://www.chiitabi.com


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


このページのトップへ






workshop : 66

「太陽の光をチカラに、花のように生きる
 ~フラワーカード・リーディング入門」



空を見上げれば、私たちの頭上には、月があり、太陽があり、星が あります。

月が人間の無意識や感情に深くつながっているとすれば、
太陽は人間の意識や意志、行動力、能動的な力に関わっています。
植物は太陽の光を受け取ってエネルギーに変える「光合成」というはたらきをして成長し、
植物そのものの個性を発揮してゆきます。
その個性は、地上に生きるわたしたちの内的な心や感情、未知なる
魂の歩みに働きかける素晴らしいチカラを持っています。

これまで、月の時間に、月のサイクルに合わせて深い内的な変容を体験する会を開催してきました。
今回、太陽の時間に、内的な面へ働きかけながら現実の意識や行動を後押しする昼間のクラスを企画しました。
自分のなかの現実的な意識や行動力にフォーカスしてゆきます。
軽やかで美しい花のカードを使って、自分と向き合う一助にする方法を学びながら、
実際にエッセンスを飲んで実体験を重ねて日常生活に生かしてゆくクラスです。

「花と光」

バッチのエッセンスのほとんどすべての花は、太陽の光と呼応しています 。
そして、太陽の光のエネルギーを充分に受けて満開に咲いた花を使って作られます。
花は植物の生殖器官です。
そう、わたしたちの中の女性性を象徴しています。

わたしたちの根底には、女性的、受容的な性質と
男性的、行動的な性質の両方があります。
男性性が意志の力で物事を具現化する力を表現し
女性性は、受容し豊かに実りをもたらす力を表します。
ちょうど花が宇宙からエネルギーや情報を受け取って
地上のわたしたちに働きかけるように。
わたしたち女性は、五感、感受性で受け取って、
受容力、包容力で 現実にしっかりとつながり
この世界を豊かにする存在です。

このワークショップでは、ツールとして、
フラワーエッセンスと花のカードを使います。
フラワーエッセンスで自分自身とつながり、
自分らしく今を生きる 体験を重ねると同時に、
フラワーカードで花が色や形を通して表している
メッセージを受け取る感受性と理解力を育てていきます。
花のカードを通じてフラワーエッセンスを気軽に選ぶやり方も学んで体験してゆきます。

花の持つ能動的なエネルギー。
それは、自分らしい思いや感覚を現 実に表現してゆくことであり、
女性が内側にすでに備わっている、物事を柔軟に受け入れ、見極め、
育むことによって調和に導く生きるチカラ。
花の語りかけを実際に体験し、理解を深めていくことで内なる女性性を高め
今のご自身の歩みをさらに一歩進めるためのプログラムです。
2017年、フラワーエッセンスを楽しく体験しながら、
ご自身の魂をより前向きに起動させるチューニングの機会として
ぜひご参加ください。



講座では、バッチフラワー・ オラクルカードをメインに使っていきます。
色鮮やかでバッチフラワーのポジティブな面を童話の世界のような
分かりやすいタッチで表してくれています。
カードを使うことで花のスピリットを呼び覚まし、
直感で今のご自分にふさわしいエッセンスを選ぶのに最適なツールです。
カードを紐解きながら、花がもたらすメッセージを
受け取るひと時はヒーリングパワーに溢れてます。

●こんな方におすすめです

・自分の魅力を自然な形で表現したい方
・夢を形にする意志や行動力に花の力を生かしたい方
・自分を大切にしながら、皆にとっても良いことを見つけたい方
・静かに待つ、見守って受け取る、客観性と冷静さを育てたい方
・花や植物のメッセージに興味が ある方
・花のチカラをもっと知りたい方
・植物や花が大好きな方
・月や太陽のチカラを自分に生かしたい方
・太陽とのつながりを強く感じる方
・自分の女性らしさをもっと大切にしたい方
・フラワーカードでフラワーエッセンスを選びたい方
・自分のために何をしたらよいのかわからない方


ワークショップ詳細

日  程:全4回 第一回目・3月13日(月)、第二回目・4月13日(木)
     第三回目・5月15日(月)、第四回目・6月16日(金)
時  間:13時30分~15時30分
場  所:mahina pharmacy store
参加費用:参加費用:各会5,400円(税込価格・テキスト、お茶+おやつ)
     基本的に4回の連続クラスになっております。全クラス参加をお願いいたします。
     お支払は、4回分一括でお支払下さる場合は1,600円値引きさせていただき20,000円となります。
     各回ごとに分割でお支払いされたい場合は1回5,400円となります。
おみやげ:お作りになったフラワーエッセンス
持  物:筆記用具、フラワーオラクルカード※
     ※ すでにお持ちの方はご持参ください。ストアでもご購入いただけます。
     お申し込みの際、詳細をお伝えいたします。
定  員:8名 *定員になり次第締め切らせていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
*各回ごとに分割でお支払いされたい場合は、その旨ご連絡ください。


お話しくださる方

谷口みよ子さん
東京生まれ。双子座。
外資系銀行、私立美術館勤務を経て、より自分らしい生き方を模索するなかで、
1997年、フラワーエッセンスに出会う。
以降フラワーエッセンスを役立てて学ぶ過程で、
植物が象徴する自然界のことや、植物、
人間を含む全てにつながりがあることを実感するようになる。 2000年、英国バッチのヒーリングハーブス・プラクティショナー・コース(講師:故ホワード・七歩子氏)、
米国FESインテンシブ・コース(講師:R.キャッツ氏と P.カミンスキ氏)を修了。
スペースハナを主宰し、講座の主催、編集、翻訳、個人セッションなど、
フラワーエッセンスの仕事に広く携わる。現在は講師、翻訳者、プラクティショナーとして活動している。

マヒナファーマシーで「わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ」や
実用基礎/実践活用クラス、季節のワークショップ、フラワーカード・リーディングを担当。
訳書に『エドワード・バッチ著作集』(ジュリアン・バーナード編、BABジャパン、2008年)、
『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』
(ジュリアン・バーナード著、英国フラワーレメディー・プログラム、2013年がある。

スペースハナ http://www.spacehana.info/
フラワーエッセンスの魅力|スペー スハナ BLOG http://spacehana.blog.fc2.com/
フラワーエッセンスの魅力・FB https://www.facebook.com/FlowerEssence.appeal/


このページのトップへ



workshop:66 感覚にめざめるからだとこころのためのヨガ「操・みさおヨガ」



わたしたちのからだは、ちゃんと知っているのです。

「操・みさおヨガ」は、からだがすでに知っていることを、ゆったり、やわらかく解きほぐし、
みちびき、めざめさせるヨガです。

「ヨガ」と聞いてイメージするようなアクロバティックで難しいポーズは一切ありませんが、
不思議とからだの感覚がキラキラと目覚めてゆきます。
ご自分のからだの感覚に向き合う、厳かで、静かに、優しく、凛ととしたあたたかなひと時です。
感覚に目覚めはじめると、無意識に自分がとらわれていたことや
古い観念のようなものが少しずつ外れて、シンプルで軽やかなこころとからだに変化してゆきます。
無意識のとらわれから解放されてゆくと、本来の自分に戻りほっこりと大らかなこころで
ご自分を信頼してゆくことができます。
日々の暮らしの中で、季節のめぐりの中で、パターン化された思いぐせから
からだとこころがゆらぎやすい毎日を過ごしています。
セルフケアとしてご自分の中心に戻る場所として、ご自分のタイミングでご参加してください。
ヨガを始める前に、ポイントとなる臓器やチャクラにオイルを塗って
からだとエネルギーがスムーズに循環していくようにしてヨガに入ります。
季節によってからだや精神のゆらぎがありますので、
毎月、季節に合わせたからだとこころのバランスを調整していくようなプログラムです。
ヨガやからだを動かすことが苦手な方でも安心して受けて頂けるようなゆるやかなヨガです。
また、女性特有の病気、妊娠にむけてのからだ作り、
出産後のからだを健やかに戻したい方に特におすすめです。

教えてくださる桜内操先生は、ヨガ歴30年以上のお母さん先生です。
カルチャーセンターで女性ヨガを10年担当された後、
産院で不妊治療中の方の体質改善ヨガやマタニティーヨガのクラスを受け持たれ、
現在は、不妊や女性特有のからだの悩みに応じて、
日々の暮らしのなかで使えるヨガ教室を行われています。
震災後から、福島のお母さんたちと子供さんを対象にした
保養プログラム「ちいさなたび」で、
お母さんたちのからだ立て直しのヨガクラスを担当。
太陽のようにきらきらした笑顔とユーモアと笑いを交えながら、
ひとりひとりに丁寧に向き合って教えて下さるみさお先生のクラスは人気です。
いつも好奇心と自身と対話する学びを積極的にもたれて、
あらゆる自然療法などから得た体験や知恵をヨガを通して
わたし達に惜しげもなくシェアして下さいます。
毎回6名限定の小さなクラスで開催します。


ワークショップ詳細

★冬 2月「呼吸を深く、光のからだになる」
冬のからだは、骨盤がスムーズに閉じて体に冷えを抱え込まないように、
骨盤、肩 胛骨を調整して、新しい年を迎えて心が軽やかに立ち上がるよう
呼吸を深く降ろしてゆきます

日  時:2月13日(月)13:30~16:00
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:4,000円(税込価格・ヨガ時に使用するオイル代、お茶)
持  物:お水、五本指靴下、敷物
定  員:6名さま
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。

このクラスは、母子保養プログラムちいさなたびを応援しています。
参加費用の中から一部寄付させていただきます。
毎年、仙台で行われる週末保養プログラムに使われます。
ちいさなたびの活動はこちら http://www.chiitabi.com


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


このページのトップへ






workshop : 65

美しい魔法でスキンケアづくり
オレンジの花の魔法で目覚める春
「ビターオレンジの花・ネロリ」



太陽の光溢れるなか、新しい年を迎えましたね。
まだまだ冬の厳しい寒さの真っ最中なので、昨年の疲れや滞りがうまく抜けきれず
心身は冷えにさらされて潤いと活力を失っている状態です。
でも、自然界は冬至を越して日々確実に春の光に向けて動き出しています。

年々、季節を問わず活動の立ち上がりが早まり、気ぜわしい動きをされている方も多いことでしょう。
まだ体が季節を感じとる前の鎮まっている時期でも、
心身を明るく調節して気持ちよく健やかな日々過ごしたいものです。
心身が今のように鎮まっている、緊張している、疲労や停滞感を感じている時こそ
植物の働きがとても前向きな元気を与えてくれます。
こうした季節こそ、植物を味方にしていきましょう。

マヒナマガジンのセルフケアページで、植物のチカラでお肌の美しさを引き出す連載でもおなじみの
植物療法士の塩見麻衣美さんの人気のスキンケアワークショップです。
今回は、大人の女性にぴったりなビターなオレンジの香りを放つ
「ネロリ」をナビゲートハーブにしたワークです。
ビターオレンジの花は、冬の寒さで乾燥し活力を失ったお肌を蘇させるチカラがありながら、
同時に鎮まっているからだを目覚めさせるようにチャクラを整えるアプローチをしてゆきます。
お肌を整える感性が立ち上がると心も明るく目覚めてゆきます。
立ち上がりの春に向けて、冬眠していた五感を目覚めさせながら
あなただけの気持ち良いアイテムづくりをしてこれからに向けて整えてゆくワークです。
ぜひ、ご一緒しましょうっ!


2月・・・まだまだ寒さの中にある早春です。
でも植物たちはそろそろ目覚めの準備に入ります。
春の足音はまだ目には見えませんが、2月の節分を経た後には、
新たな氣運と新たな大地のエネルギーが植物たちをはじめ自然界すべてに注ぎ込まれます。
草花たちは開花や芽吹きに向けて根の活動をはじめます。
わたしたちの心とお肌も自然界のかすかな動きに
呼び覚まされるように無意識に春を感じはじめる時です。
温もりを大切にしながら、目覚めの準備をいたしましょう。
今回のワークは、新月に向けて感覚の研ぎ澄まされていく時に行ないます。
寒さの中にある“ かすかな春の息吹 ” を感じ取るために。

この春のナビゲートハーブは、ひと足早い「ビターオレンジの花・ネロリ」。
ビターオレンジの花は春の終わりから咲きはじ、
その白いお花は光りの喜びに溢れた春のエネルギーに満ちています。
今回はそんな春の喜びをひと足先にいただきながらワークしていきます。
精油では「ネロリ」と呼ばれ、甘すぎず成熟した
大人の女性を感じさせるアロマとして愛されています。
その働きは素晴らしく、冬の寒さで硬くなったお肌に
活性を与え弾力やハリをもたらすとともに
穏やかな収れん作用が春肌をやさしくデトックスへと導きます。
さらに「ネロリ」は第8チャクラ(頭頂チャクラのさらに上のチャクラ)に通じ
肉体と心を宇宙と調和させるよう導くと言われています。
それは自然界ではじまる春の訪れにゆっくりと波長を合わせられるようにチャクラ全体を整え
寄り添うように春の目覚めを誘います。

また、ビターオレンジの花の白さは“純潔さ”を象徴すると伝えられ、
古くから花嫁の花飾りにも使われてきました。
新しく迎える光りの季節のはじまりだからこそ、
その純粋で無垢な気持ちに共鳴するこの白いお花に
本来の自分らしさ”を導いてもらいましょう。
周りとともにある“純粋なわたし”が、
これからはじまる新しい何か・・・を、より自分らしくカタチ作っていくために。
太陽に親和性のある「ビターオレンジの花」の魔法は、
自然界のリズムに呼応するように促しやさしく目覚めを導き
内面の鏡であるお肌をより健やかにより美しく整えてくれます。

この春からの新しい自分をますます輝かせる、心とお肌に響くスキンケアワークです。
ご一緒できる皆さま、お会いできますこと心より楽しみにしております。

塩見麻衣美


ワークショップ詳細

日  時:2月22日(水)
     昼の会 13:30~16:00
     夜の会 19:30~22:00 満員御礼
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:6,500円(材料全て込み・ハーブティー付き)
おみやげ:お作りになったオイル in ローション 約95ml
     1本で肌ケアが完結する全身用スキンケアとなります。
     内容:植物オイル・アメジスト水・ひかりのエッセンス・フラワーレメディ・
     精油・ハーブティンクチャ―等が入ります。
定  員:8名さま(開催人数4名以上) 
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。
     開催人数に達しない場合は休講とさせていただきます。


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
ハーブ、精油、フラワーエッセンスなどを使われたことがあるか。
そして、肌に関するお悩みやご質問がありましたら
当日出来るだけお答えいたしますのでご記入ください。


お話しくださる方

塩見麻衣美さん
太陽星座 おうし座・月星座 ふたご座
東京都生れ O型

広告代理店にて販促企画、大手メーカーにて商品開発・商業施設開発に従事。
多忙な日々のなか、自らの不調をきっかけにフラワーエッセンスに出会う。
さらにハーブやアロマテラピーなど自然界の様々な癒しのチカラに助けられ、学びを深めていった。

2006年 ニールズヤードレメディーズ フラワーエッセンス アドバンストコース修了。
2006~2007年 国際植物療法協会(現在 自然療法機構)にて植物療法士1級取得。
2008~2010年 カリス成城 初台店に勤務。販売及び店内ミニワーク講師に従事。
2011年~ カルチャースクールなどでハーブやアロマの講師を務める。
2013年 自然療法機構にて自然療法士取得。 同機構にて講師会員として所属。

現在は、響探求会、マヒナファーマシーストアなどをはじめ様々なかたちで講師をさせていただいている他、
“月とハーブとこころとお肌” をテーマに自宅ワークルームにて五感でつくる
ハーバルスキンケア “ヒーリングスキンケア” のワークショップを毎月開催。
マヒナファーマシ―Webマガジンのセラピストリレーでは
「月とハーブのヒーリングビューティ」をテーマに寄稿させていただいている。
ライフワークは“月とハーブと心と体” について独自に探求すること。


このページのトップへ






workshop : 64

わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ vol.5
2017年2月スタート

宇宙の時間軸を月と共に生きるフラワーエッセンス



2017年めざめの春に向けて2月からスタートする
月のサイクル「新月、上弦の月、満月、下弦の月」に合わせて
フラワーエッセンスを学び、体験してゆくクラスです。
2年目となるこのクラスは、今年も2月と9月に開催し今回で5回目になります。

はじまりの春と満ちてゆく秋に行われるクラスは、どちらも参加者一人ひとりに起こる
変容の流れを分かち合いながら進む、とても充実した会になりました。
月は、一番身近な自然界の動きを表現し、わたしたち女性のからだのリズムと同調しています。
その月の歩みに合わせて、自分の内側にひそむ本来の自分を探し、つながってゆく
小さな旅を毎月体験してゆくようなプログラムです。
本来のわたしと出会い、自分らしい歩みに向かう大きなサポートになる体験となるでしょう。
同時に、植物の微細な働きかけをリアルに感じることができ、
フラワーエッセンスの本質に触れる学びにもなります。

この WS では、宇宙の一部である「わたし」が、
自然の営みや宇宙のリズムと調和的に生きてゆくことに焦点を当て、
月のサイクル ( 新月―上弦の月―満月 ―下弦の月 ) に沿った日程で4回の連続クラスとして行います。
月のサイクルに視点を持つことで、自然界から発するエネルギーやメッセージを現実に受け取りながら
自分の内側に深く入り、あらたな調和をもたらすツールとしてフラワーエッセンスを使っていきます。
日常に具体的に役立てられる方法をグループでシェアしていく予定です。

植物は、宇宙が生み出すリズムやカタチを示す存在です。
植物からなるフラワーエッセンスは、宇宙とわたしたちをつなぐ知恵とチカラになり、
わたしたちの心や感情に深く調和の作用をもたらす、
力強いハーモナイザー(調整役)になってくれるでしょう。
すべての健やかさは、自らが自分自身とつながり調和していることからはじまり、
それが、宇宙や自然界との調和につながってゆくことだと思います。
そして、その調和が変容を受け入れる勇気になっていくのだと思います。

月に時間軸を合わせ、感情や心の奥に入ってゆくプロセスはとてもパワフルで
現実に深い学びをもたらすこともたくさん出てくるかもしれません。
ご自分と対話してゆくことは勇気を必要とすることも多いものですが、
このプログラムはご自身で、心の奥に暗く潜む静寂の扉を開き
大きな光と新しい風をもたらす特別な体験になってゆくでしょう。
そうして、今をわたしらしく軽やかに生きてゆく知恵を育んでゆく会になることを願っています。

冬至を終えてゆっくりと夏至に向かう「活動」のサイクルに、
とても意味のあるプログラムになることと思います。
新しい一年のはじまりに、静かにご自分とつながり整えることで
活動的な光の季節に向けて内側から起動する自分らしいエネルギーが開いてゆくことでしょう。
ご自分の新しい年の歩みを大切に過ごすために、ぜひお役立てください。

フラワーエッセンスはいつでもどこでも安全に使えるセルフ・ヘルプのツールの一つ。
本来の自分のバランスを取り戻すサポートとして、調和した植物の生きる力のパターンを持つ、
バッチのフラワーエッセンスを役立てていきます。

*バッチのフラワーエッセンス(フラワーレメディー)は80 年前に
 イギリス人医師バッチ博士が完成させて以来、世界の主な国々で愛用されています。


先日2016年の「月の4回クラス」が終わりました。
今回も「変わりたい。そのための行動を起こしたい」と
心から願う皆さんとともに体験して学ぶ、
かけがえのない時間でした。

月のサイクルをベースに
フラワーエッセンス体験を深めるこの連続クラスで、

2017年は月の満ち欠けを意識しながら
月の影響の下にある自然界の植物と人間という視点でも
フラワーエッセンスをとらえていきたいと思います。

次回のクラスでも、
自分らしく生きることを本気で願う
ご縁のある方々と
変化・変容のプロセスをご一緒させて
いただけることを楽しみにしています。

谷口 みよ子 *mi-tan


ワークショップ詳細 9月スタート(秋分~冬至)


ワークショップ詳細 2017年2月スタート (新年~春分)

開催日時:*第1回 2017年2月26日(日) 《新月》 18:00~20:00 *時間変更あり
     〈こころのケア〉感情との調和(1)
     ・38種の「12-7-19」の分類と19種のフラワーエッセンスについて(1)
     ・フラワーエッセンスの基本情報と自分のためのエッセンスを選ぶアプローチ

     *第2回 3月5日(日) 《上弦の月》 18:00~20:00 *時間変更あり
     〈からだのケア〉感情との調和(2)
     ・19種のフラワーエッセンスについて(2)
     ・日々の感情と向き合う時のポイント

     *第3回 4月11日(火) 《満月》 19:30~21:30
     〈オーラ・エーテル体のケア〉わたしの思いグセを知る
     ・後天的な気質と先天的なタイプ
     ・後天的な 7 つの気質に対応するフラワーエッセンス
     ・パターン化した言動とは?

     *第4回 5月19日(金) 《下弦の月》 19:30~21:30
     〈共鳴を生かす〉生まれ持った気質を探る
     ・12 の生まれ持った気質 (タイプ) について
     ・12 のキーワード

      *内容は場合によって、変更することがあります。


場  所:mahina pharmacy store
参加費用:参加費用:各会5,400円(税込価格・テキスト、お茶+おやつ)
     基本的に4回の連続クラスになっております。全クラス参加をお願いいたします。
     お支払は、4回分一括でお支払下さる場合は1,600円値引きさせていただき20,000円となります。
     各回ごとに分割でお支払いされたい場合は1回5,400円となります。
おみやげ:お作りになったフラワーエッセンス
持  物:筆記用具、ハンドタオル
定  員:各クラス先着7名


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。
*各回ごとに分割でお支払いされたい場合は、その旨ご連絡ください。


教えてくださる方

谷口みよ子さん
東京生まれ。双子座。
外資系銀行、私立美術館勤務を経て、より自分らしい生き方を模索するなかで、1997年、フラワーエッセンスに出会う。以降フラワーエッセンスを役立てて学ぶ過程で、植物が象徴する自然界のことや、植物、人間を含む全てにつながりがあることを実感するようになる。

2000年、英国バッチのヒーリングハーブス・プラクティショナー・コース(講師:故ホワード・七歩子氏)、米国FESインテンシブ・コース(講師:R.キャッツ氏と P.カミンスキ氏)を修了。スペースハナを主宰し、講座の主催、編集、翻訳、個人セッションなど、フラワーエッセンスの仕事に広く携わる。現在は講師、翻訳者、プラクティショナーとして活動している。

マヒナファーマシーで「わたしに出会うフラワーエッセンスシリーズ」や実用基礎/実践活用クラス、季節のワークショップ、フラワーカード・リーディングを担当。訳書に『エドワード・バッチ著作集』(ジュリアン・バーナード編、BABジャパン、2008年)、『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』(ジュリアン・バーナード著、英国フラワーレメディー・プログラム、2013年がある。

HP スペースハナ
Blog フラワーエッセンスの魅力|スペースハナ
Facebook 「フラワーエッセンスの魅力


このページのトップへ



workshop:63 感覚にめざめるからだとこころのためのヨガ「操・みさおヨガ」



わたしたちのからだは、ちゃんと知っているのです。

「操・みさおヨガ」は、からだがすでに知っていることを、ゆったり、やわらかく解きほぐし、
みちびき、めざめさせるヨガです。

「ヨガ」と聞いてイメージするようなアクロバティックで難しいポーズは一切ありませんが、
不思議とからだの感覚がキラキラと目覚めてゆきます。
ご自分のからだの感覚に向き合う、厳かで、静かに、優しく、凛ととしたあたたかなひと時です。
感覚に目覚めはじめると、無意識に自分がとらわれていたことや
古い観念のようなものが少しずつ外れて、シンプルで軽やかなこころとからだに変化してゆきます。
無意識のとらわれから解放されてゆくと、本来の自分に戻りほっこりと大らかなこころで
ご自分を信頼してゆくことができます。
日々の暮らしの中で、季節のめぐりの中で、パターン化された思いぐせから
からだとこころがゆらぎやすい毎日を過ごしています。
セルフケアとしてご自分の中心に戻る場所として、ご自分のタイミングでご参加してください。
ヨガを始める前に、ポイントとなる臓器やチャクラにオイルを塗って
からだとエネルギーがスムーズに循環していくようにしてヨガに入ります。
季節によってからだや精神のゆらぎがありますので、
毎月、季節に合わせたからだとこころのバランスを調整していくようなプログラムです。
ヨガやからだを動かすことが苦手な方でも安心して受けて頂けるようなゆるやかなヨガです。
また、女性特有の病気、妊娠にむけてのからだ作り、
出産後のからだを健やかに戻したい方に特におすすめです。

教えてくださる桜内操先生は、ヨガ歴30年以上のお母さん先生です。
カルチャーセンターで女性ヨガを10年担当された後、
産院で不妊治療中の方の体質改善ヨガやマタニティーヨガのクラスを受け持たれ、
現在は、不妊や女性特有のからだの悩みに応じて、
日々の暮らしのなかで使えるヨガ教室を行われています。
震災後から、福島のお母さんたちと子供さんを対象にした
保養プログラム「ちいさなたび」で、
お母さんたちのからだ立て直しのヨガクラスを担当。
太陽のようにきらきらした笑顔とユーモアと笑いを交えながら、
ひとりひとりに丁寧に向き合って教えて下さるみさお先生のクラスは人気です。
いつも好奇心と自身と対話する学びを積極的にもたれて、
あらゆる自然療法などから得た体験や知恵をヨガを通して
わたし達に惜しげもなくシェアして下さいます。
毎回6名限定の小さなクラスで開催します。


ワークショップ詳細

★冬・1月「新しいめぐりのからだへ」
昨年の過度に疲労したからだを冷えを取り、血流とリンパの流れを良くすることで
新しいめぐりのからだにチューニングしていきます。
骨盤、肩甲骨を調整して、新しい年を迎えて心が軽やかに立ち上がれるように
呼吸を深く降ろしてゆきます。

日  時:1月16日(月)13:30~15:30
場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
参加費用:4,000円(税込価格・ヨガ時に使用するオイル代、お茶)
持  物:お水、五本指靴下、敷物
定  員:6名さま
     お申し込みは先着順となります。定員に達し次第募集を締め切ります。

このクラスは、母子保養プログラムちいさなたびを応援しています。
参加費用の中から一部寄付させていただきます。
毎年、仙台で行われる週末保養プログラムに使われます。
ちいさなたびの活動はこちら http://www.chiitabi.com


お申し込み方法

マヒナファーマシーお問い合わせのページからお申し込みください。本文にワークショップのタイトル、参加ご希望の会、お名前、住所、年齢、参加人数、メールアドレスを記載してください。


このページのトップへ