フィトテラピー − 体と心が美しくなる処方箋

植物にならう

お花は色彩豊かに、若葉は青く美しく、自然がいっそう輝く季節です。
そんな今、世界は新しいウィルスに騒然としています。ニュース情報に様々な想いを募らせ、仕事や必要な外出時には、やはり緊張感を感じて無意識にも呼吸は浅くなり体を固くししまい消耗…そんな方も多いかと思います。

同時に、今大切にすべきは何か・・・を、改めて想い巡らせている方も多いですね。例えば、免疫をあげる食事の見直しだったり、密になった家族との暮らし方の工夫だったり、自分を保つことが自分以外の誰かを大切にすることにつながるのだという基本に立ち返ったり。そうした想いのちいさな変化が意識や行ないを少しずつ変容させます。それはさらに地域や国をも動かし、同様に変わりつつある世界とともに調和できれば・・・健やかに美しく平和な世界の礎になるはずです。この事態は、今の地球からの必要なサインであり、メッセージではないかと感じています。

この困難な事態のなかで、自然環境に現れている変化にそのサインを感じることができます。例えば、諸外国では、人の動きが止められ交通量の減少により大気が清浄されました。又、運航するゴンドラが無くなったことで運河の水の透明度が蘇ったという現実も。そんな出来事に、自然が、地球が、何かを教えてくれているように感じるのです。身近なことでも感じます。この事態に、時に恐れを感じますが、恐れを感じるからこそ、ささやかな労わりの言葉に今まで以上に気持ちを温められたり、誰かのためにこれまでになく知恵を絞り出そうと務めたり、新たなことへのチャレンジに踏み出してみたり、そして又、花々の美しさがより際立って輝いて見えたり、太陽に照らされる新緑が心にグッと染み入ったりと・・・その気持ちの変化や豊かな感受性も呼応しています。きっとすでに皆々さんも体感されていることですね。

ちなみに植物たちは、この地球に人類よりもずっと前に誕生しました。陸上植物が生まれたのは約4億年前。霊長類誕生がおよそ7千万年前ですから彼らが大先輩なのは言うまでもありません。そんな植物たちは、原始のころから地球上に発生する様々な過酷といえる環境変化に応じて乗り越えてきました。例えば、長い水不足を乗り越えた樹木は水分節約を覚え、夏の大地からの水分を一気に吸収しないよう努めるようになります。又、ライフサイクルの短い草花は環境変化に合わせて生きるに必要な遺伝子の種類を活性させたり、変異させたりします。植物たちは、地球の鼓動、つまり自然のリズムにしっかりと呼応し、時に忍耐強く、時に柔軟に、その生き方を変えてきたのです。

この事態も地球規模の環境変化だと感じています。このサインをしっかり受け取り自身の生き方を変えていく時なのではないでしょうか。そして、そんな今こそ、植物たちの忍耐力、柔軟さにならうべきだと感じています。植物療法士として、ひと際それを痛感します。変化のあり方は人によって様々だと思いますが、キーワードは「植物にならい、地球に呼応する 」です。
地球に呼応する・・・難しく聞こえるかもしれませんが、個人で行なえる簡単な方法があります。自らが植物になったイメージワークで地球とつながってみてください。

〈植物にならうイメージワーク やり方 〉
リラックスして座り、目を閉じて、腹式呼吸をゆっくり3回してください。次に、あなたは自分の好きにイメージする植物になります。そして、自分(植物になった自分)のその根っこを地球のコアにぐぅーっと伸ばし、イメージする地球のコアの光りとつながってください。その時、五感もしっかりつかって感じ入ってくださいね。植物と化した自分の根をおろしている大地、その湿った感じや土の香り、さし込む木漏れ日の暖かさ、緑の匂いや葉に滴る露のキラッと輝く情景・・・などなど。地球のコアの光りとつながった植物の根は、全身を光りで満たし、さらに美しい花、あるいは、美味しそうな実を稔らせるまでイメージを膨らませ感じてください。どんな花が咲くでしょう。どんな実が生るでしょう。そして、その恵みに喜びを、ただ、ただ感じてください。体内のエネルギーがみなぎりすっきりします。考えるのではなく、感じる・・ただそれだけです。

写真はおよそ2週間前に見た桜です。
今年は驚くほど長い間、その美しい姿を見せてくれました。好きな植物は色々ありますが「桜」はやはり別格です。桜は、新たなステージへと向かう清々しい気力、希望に満ちた明るい光りを、より一層感じさせてくれるからです。ですから今年は、桜の花の光りに、充分に照らされ応援されたと感じています。・・・ではさて、すでに光りを沢山いただいた私たち・・・今後はその光りをどう自らのエネルギーに換えるのでしょうか。まだまだ学び人である私、この事態のなかで生き抜くチカラに活かしつつも、さらに明るい未来のために、このエネルギーを体現していければ・・・と思っています。時おり植物になって地球に呼応するイメージワークも行ないながら。

今日は新月…まさに五感を研ぎ澄ませ、植物にならう・・・にぴったりの牡牛座の新月です。
ひき続きご自愛してください。

2020年4月23日 

 過去の記事 >

過去のselfcareページはこちらです

塩見麻衣美
植物療法士

東京生まれ O型
太陽星座 牡牛座
月星座 双子座

◇これまでの経緯
アパレルメーカー販売を経験後、広告代理店にて店頭販促の企画に従事。後に大手菓子メーカーに転職し、レジャー施設開発プロジェクトにて商業施設の企画開発に携わる。多忙な毎日のなか、心と体に不調を抱えるようになり、2003年にフラワーエッセンスに出逢いその力に魅了される。体の不調は様々なハーブや精油によって癒され、植物のヒーリングパワーに強く引き寄せられるようになる。在職中の2005年頃から本格的に植物療法士を目指し学び始める。資格取得後、「カリス成城」初台店にて販売勤務を経て、現在はフリーの講師業をメインに、高齢者介護施設でのアロマトリートメントのボランティア活動や、ライフテーマとして“月とハーブと心と体”について独自に探求する日々を送っている。

◇学びの経緯
*2006年 ニールズヤードにてフラワーエッセンス講座「ヒーリングハーブス アドバンストコース」修了。
*2006~7年 植物療法講座「ヘルス&ビューティ」コースにて植物療法士1級の資格取得。(国際植物療法協会/現在:一般社団法人自然療法機構認定)
*2012年 自然療法士資格認定を取得。(一般社団法人自然療法機構認定 )

◇活動◇
*笹塚の自宅にて“月とハーブと心と体”をテーマにした小さなワークショップを不定期に開催。
*2011~13年の1月に響探求会にて「月とハーブ」をテーマにお話をさせていただいている。(響探求会では受付のお手伝いもさせていただいている。)
*2013年秋より九段下にて「月のリズムとハーバルビューティ」講座、「仕事に生かせるアロマ&ハーブ」講座などの開講を準備中。

このページのトップへ
Copyrights © 2016 Mahina Pharmacy All Rights Reserved.
当ウェブサイト上のすべての文章や画像などの無断転載・引用はご遠慮ください