information

2020年6月新月

 

2020年6月新月の更新です。
新月の更新は、ワークショップページにて「自由への扉〜そしてその先へ〜」と題して
マヒナファーマシーでおなじみの植物療法翻訳家の谷口みよ子さんと
シュタイナー教育者の虹乃美稀子さんのオンラインでの対談会のお知らせをしています。
まさに博士たちが生き抜いてきた時代と今私たちが体験している時代の共時性の中で
今を生き抜く勇気や新たな発見をみつける会にしたいと思います。
ぜひ、チェックしてみてください。

今日は、「新月」「日食」「夏至」の3つが重なる特別な日。
この新月は、宇宙の暦の大きな切り替え点になる「夏至」と重なる日。
夏至は、昼が最も長く、太陽のチカラが高揚する特別な日。
この日を境に徐々に夜の時間が長くなり、
しっかりエネルギーを蓄え実りの秋に向かってゆきます。
そして、「日食」も同時に起こります。
太陽が一度消えてまた輝き出す日食は、生まれ変わりの象徴ともとらえられる現象。
日本では、天照大神の天岩戸開きの神話と親和性があるとも言われています。
日食が起こる新月は、通常の新月よりも運気への影響力が強いとされています。
夏至で迎えるこのタイミングは、太陽の強い顕在的なチカラが
今の変容を迎えた新たな流れを自分自身の意思の力でしっかり捉え
自分らしく歩むことを後押ししてくれる絶好のタイミングになるのでしょう。
宇宙の計らいを自分らしく受け取って心に決めてゆく日にしたいものです。

2020年6月21日