フィトテラピー − 体と心が美しくなる処方箋

縁起の赤の実

あけましておめでとうございます。2019年最初の新月です。
気忙しかった年末年始を経て、今頃ようやくホッとしている・・・なんて方も少なくないかもしれませんね。実は私自身もそんな一人。

さて、今年はじめての新月にお伝えしたい植物は、時節柄、縁起のよいとされている植物「南天」。さかのぼること昨年末、友人がご自宅のお庭から、かわいらしい赤い実のなった南天の枝を切り分け「南天には“難を転ずる”という意味があるそうですよ。よいお年を。」と温かい言葉を添えて下さいました。何だかほっこりと嬉しくなりました。そんなご縁に端を発し、この古き良き植物「南天」について改めて興味を寄せて調べてみました。すると、何と素晴らしい薬草ではないか!と知ることになったのです。

「南天」植物プロフィール
メギ科ナンテン属。12月~1月に実をつける常緑低木。中国では古くから「南天燭」と呼ばれ、喉によい薬用植物として親しまれてきました。日本に渡来した時期は色々な説がありますが奈良時代には薬用植物として伝わっていたようです。南天といえば“南天のど飴~♪”を思い浮かべる方もいるでしょう。その働きは南天の実に含まれる「ナンテニン」という成分をはじめ幾つかの有効成分が、気管支の収縮を抑え気管を広げることで呼吸を楽にさせ咳止めを促すなど喉を健やかな状態へと鎮静させるのだそうです。子供の頃から呼吸器の弱い私にはまさにベストハーブだとわかりました。寒くなるこの季節は乾燥や風邪などで喉を傷めやすくなる時、このような効能のある大地の恵みは有難いですね。

又「南天」といえば赤い実が印象的ですが、“赤”い色合いには古来より“邪気を祓う”という意味も伝えられてきました。赤唐辛子、赤い林檎、柊の赤い実・・・西洋でも赤い実は外部からの邪気を浄化すると言い伝えがあります。“赤”の色彩には血や陽の光りや火など命を養う根源的な強いエネルギーを感じさせ、そのパワーが邪気を祓うことを想起させたようです。ですから世界の様々な地域で魔除けに赤が彩色されるというのも共通しているのですね。そんな赤い実の「南天」、「ナンテン→難を転ずる」という語呂合わせから“縁起のよさ”も伝えられてきました。実をつける時期も年末年始と重なり、ちょうど新しい年をお迎えする縁起のよいお飾りとしても愛され使われてきたのです。

ちなみに“縁起のよい・わるい”とは現在では吉凶の兆しのように使われますが、そもそも“縁起”とは仏教から派生した言葉だそうで、仏教において“縁起”とは因縁生起(いんねんしょうき)すべてのものは因縁によって生起=生まれる・・・という意味なのだそうです。例えば、種が“因”で、そこに土・水・光・風が“縁”となり、美味しい実を“生起”=生むという訳です。

さぁ、今年もはじまったばかり・・・マヒナマガジンをご縁につながる皆さま、ますます素晴らしい縁起を導けるように、よい種をまいて、よい縁とつながり、よき生起を育みたいですね。さらに、難があっても転じて福を成せるように、縁起をかついで「南天」の赤い実を愛でましょう。本年も植物たちとともにより素晴らしい一年でありますように❤・・・あ、そして喉痛には南天入りの喉飴を探してみてください♪ 

2019年1月6日 

 過去の記事 >

過去のselfcareページはこちらです

塩見麻衣美
植物療法士

東京生まれ O型
太陽星座 牡牛座
月星座 双子座

◇これまでの経緯
アパレルメーカー販売を経験後、広告代理店にて店頭販促の企画に従事。後に大手菓子メーカーに転職し、レジャー施設開発プロジェクトにて商業施設の企画開発に携わる。多忙な毎日のなか、心と体に不調を抱えるようになり、2003年にフラワーエッセンスに出逢いその力に魅了される。体の不調は様々なハーブや精油によって癒され、植物のヒーリングパワーに強く引き寄せられるようになる。在職中の2005年頃から本格的に植物療法士を目指し学び始める。資格取得後、「カリス成城」初台店にて販売勤務を経て、現在はフリーの講師業をメインに、高齢者介護施設でのアロマトリートメントのボランティア活動や、ライフテーマとして“月とハーブと心と体”について独自に探求する日々を送っている。

◇学びの経緯
*2006年 ニールズヤードにてフラワーエッセンス講座「ヒーリングハーブス アドバンストコース」修了。
*2006~7年 植物療法講座「ヘルス&ビューティ」コースにて植物療法士1級の資格取得。(国際植物療法協会/現在:一般社団法人自然療法機構認定)
*2012年 自然療法士資格認定を取得。(一般社団法人自然療法機構認定 )

◇活動◇
*笹塚の自宅にて“月とハーブと心と体”をテーマにした小さなワークショップを不定期に開催。
*2011~13年の1月に響探求会にて「月とハーブ」をテーマにお話をさせていただいている。(響探求会では受付のお手伝いもさせていただいている。)
*2013年秋より九段下にて「月のリズムとハーバルビューティ」講座、「仕事に生かせるアロマ&ハーブ」講座などの開講を準備中。

このページのトップへ
Copyrights © 2016 Mahina Pharmacy All Rights Reserved.
当ウェブサイト上のすべての文章や画像などの無断転載・引用はご遠慮ください