フィトテラピー − 体と心が美しくなる処方箋

よろこびの春の花

春ですね~~。
芽吹き、花咲き・・・自然界の彩りが美しい時。
暖かい陽ざしのなか、澄んだ青い空に草花が映えて、何とも心弾む季節です。ただ、花粉症のわたしはネトルのハーブサプリメントが手放せない時期でもあります。それでも、何かがはじまるような高まる気分を感じさせてくれる春が大好きです。春におすすめしたいハーブは色々ありますが、今回は、古来より愛されてきた、様々な人生のはじまりを応援してきた喜びのエネルギーに満ちた花・・・「桜」について記していきたいと思います。 

「桜」は、その淡いピンク色の花が、何とも幸せな気持ちを運んでくれますね。
満開の花の様子も、桜吹雪の散り際も、春の情景には欠かせない美しい風情です。しかし「桜」はけして美しいだけではありません。神様の宿る樹とも言い伝えられてきた桜、春のゆらぎやすい気持ちや、体をサポートしてくれる秘めたチカラをもっているのです。 

「山桜」の樹皮で作られる日本独特の生薬「桜皮(オウヒ)」と呼ばれる自然薬があります。これは“鎮咳”といって咳を鎮める効果が高く季節の変わり目の喉痛や咳止めに使われます。浄化作用にも働きデトックスにもチカラを発揮してくれます。
さらに、「桜」の花も“抗・糖化作用”という働きが高く認められており、細胞を若く保つことをサポートしてくれます。“糖化”というのは細胞の老化現象のひとつで、食事などで糖質(白米やデザートなど)を摂り過ぎた際に、余分な糖質がタンパク質と結びついて老化促進物質“AGE”を生み出し細胞を劣化させてしまうことを指します。冬場になるとよく食べるお餅やおうどんなどの美味しい炭水化物も体内では糖になります。もちろん炭水化物も必要な栄養素ですが、摂り過ぎや冬場に溜め込みすぎていると、体内で余分な糖になり細胞の糖化を引き起こします。「桜」の花はそんな糖化現象を起こさないよう、糖化を抑制する“抗・糖化”に働いてくれるのです。細胞レベルで体を健康に保つことはもちろん、肌細胞にとっても若々しく美しく・・・を維持することに役立ちます。
「桜」はまさに素晴らしいアンチエイジングな和ハーブなのです。 

「桜」の花の摂り方は簡単です。
「桜の塩漬け」を入手してください。食用には八重桜の塩漬けが一般的です。桜の塩を水で軽く洗い流し、水分をティッシュオフして白湯に入れて飲んで下さい。花びらが開いて見た目にも美しく、ほのかな桜の香りもいただけて、いつもの白湯が季節の風情豊かなものになります。リラックス作用もありますので夜に飲むのもおすすめです。ゆったりと体とお肌を若々しく保ってくれます。

植物のチカラを学び探求していくと、季節にそくした自然の営みのなかに・・・わたしたちの心身の健やかさや美しくあることに欠かせない恵みがたくさんあると、つくづく気づかされます。改めて感謝の気持ちいっぱいになり、しっかりと使わせていただきたいと思ってしまいます^^。

4月に「桜」についてのさらなるお話をさせていただきます。そして、錬金術師からはじまり中世の修道士たちが薬として受け継いできた薬酒=エリキシールを「桜」で作る手仕事もさせていただきます。「桜」のチカラを、この喜びに満ちた春の季節に、ご自身に役立ててみませんか。ハーブでひと手間のセルフケア・・・より健やかな毎日のために、ぜひご一緒しましょう。

゚・*。*・゜次回は5月の新月にお会いしましょう。*:.。. ・。.:*・゜

§WSのお知らせ§

季節のお薬箱ハーブレッスン メディシナルハーブ「桜」
・日  時:4月15日(土)14:00~16:00
・場  所:マヒナファーマシーストア(最寄駅:下北沢)
・参加費用:5,000円/(材料全て込み ・桜のお茶とおやつ付き)
・おみやげ:お作りになった桜のエリキシール 約70ml

詳細はこちらから

2017年3月28日 

 過去の記事 >

過去のselfcareページはこちらです

塩見麻衣美
植物療法士

東京生まれ O型
太陽星座 牡牛座
月星座 双子座

◇これまでの経緯
アパレルメーカー販売を経験後、広告代理店にて店頭販促の企画に従事。後に大手菓子メーカーに転職し、レジャー施設開発プロジェクトにて商業施設の企画開発に携わる。多忙な毎日のなか、心と体に不調を抱えるようになり、2003年にフラワーエッセンスに出逢いその力に魅了される。体の不調は様々なハーブや精油によって癒され、植物のヒーリングパワーに強く引き寄せられるようになる。在職中の2005年頃から本格的に植物療法士を目指し学び始める。資格取得後、「カリス成城」初台店にて販売勤務を経て、現在はフリーの講師業をメインに、高齢者介護施設でのアロマトリートメントのボランティア活動や、ライフテーマとして“月とハーブと心と体”について独自に探求する日々を送っている。

◇学びの経緯
*2006年 ニールズヤードにてフラワーエッセンス講座「ヒーリングハーブス アドバンストコース」修了。
*2006~7年 植物療法講座「ヘルス&ビューティ」コースにて植物療法士1級の資格取得。(国際植物療法協会/現在:一般社団法人自然療法機構認定)
*2012年 自然療法士資格認定を取得。(一般社団法人自然療法機構認定 )

◇活動◇
*笹塚の自宅にて“月とハーブと心と体”をテーマにした小さなワークショップを不定期に開催。
*2011~13年の1月に響探求会にて「月とハーブ」をテーマにお話をさせていただいている。(響探求会では受付のお手伝いもさせていただいている。)
*2013年秋より九段下にて「月のリズムとハーバルビューティ」講座、「仕事に生かせるアロマ&ハーブ」講座などの開講を準備中。

このページのトップへ
Copyrights © 2016 Mahina Pharmacy All Rights Reserved.
当ウェブサイト上のすべての文章や画像などの無断転載・引用はご遠慮ください