マヒナからのメッセージ

展示「光を集める2020」



すっかり春の光が差し込んできてますね。
昨日から写真家・砂原文さんの写真展「光を集める2020」がはじまりました。
昨年に続いて新たに撮りおろした写真含めて20点が展示されています。
植物、動物、ひと、自然界。
すべて、有機的なものを包む光の存在。
光をとらえる文さんの眼差しは
そのものを慈しむ優しさ、愛しさのように感じる。
やわらか。
ほっとする。
緊張がほどけるような光。
からだと心は、素直に感じる。
そう、ぜひ、感じにいらしてください。
マヒナファーマシーは、この展示にちなんで光のオイルとスプレーをご紹介してます。
光の季節とスムーズに出会えますように。
さて、今日は、春からのワークショップをご紹介しています。
今年もパワーアップしたシュタイナーの学び。
そして、フラワーエッセンスの谷口みよ子先生の新しいプログラムは、
ケルトから暦や植物を紐解き、体験していきます。
どちらも先人の智慧を今に生かすものです。
好奇心の目を開いて春からご一緒に体験と学びをしてみませんか。

2020年2月9日 

< 新しい記事過去の記事 >

旧diaryページはこちらです

なかやまあきこ
マヒナファーマーシー

69年、山口生まれ。おひつじ座。
音楽業界でアーティストマネージメントやCDの宣伝・制作の仕事を経て、03年にハワイヒーリングワーク・ロミロミと出逢い、ハワイ・オアフ島、ノエラニ・ ベネット、ハワイ島、スーザン・パイニウ・フロイドに師事。二ールズヤードにてメディカルハーブJAMHA認定ハーバルセラピストコース受講・メディカルハーブコーディネーター。心と体と宇宙のつながりを探求しながら、生きるためのALOHAを彩るフラや食、音楽、アートが大好き。最近は、山や森のなかに身をおく時間を大切にしている。震災後、放射線量の高い地域に暮らすお母さんとお子さんのための週末リトリートプロジェクト「ちいさなたびJapan」の活動をライフワークとしている。

このページのトップへ