マヒナからのメッセージ

春はすぐそこ。

少しずつ、春らしい装いがしたくなってきました。
春はすぐそこ。
少し駆け足ぎみで春の光は強く放たれています。
そんな春の気配を感じながら、
恒例になってきた月の春じたく展の準備を進めています。
今年のテーマは、「浄化」。
春は、気候や環境が大きく変わる時です。
冬の溜め込んだものを外に出したいと体の内側が働き始めて
変わり目に起こる揺らぎが心をぐらぐらと揺らしているかもしれません。
籠りの冬から光の春へ。
からだも心もしっかり浄化して切り替えてゆきたいですね。

浄化という行為は、スピリチュアルに関心があったり、
感度の高い人たちにとってあたりまえだったように思いますが、
わたしたちにとって、実は、とても日常的なことです。
からだや心の風通しをよくすることも浄化することだと思いますし
空気、気配、気を気持ち良くすることもそうですし
部屋、モノ、人間関係、すべてにおいて浄化することはとても大切です。
滞りがなく、気持ち良いところには、いつも良い気が流れて、
前向きで、楽しい分かち合いがあります。
気持ち良いことは、整っているということでもあります。
春の切り替わりをきっかけに、
冬までの状態をリセットしてからだも心も気持ちよくして
太陽の季節を快活に楽しんでいきたいですね。
4月1日から16日まで開催します。
浄化をテーマにした商品やプログラムを開催します。
これから、続々と情報をアップしていきます。
ぜひ、前向きにご参加くださいね。



そして、ようやくお披露目です。
月の場所・出雲の植物がつまった「月とカモミールのコーディアル」が出来上がりました。
植物を探すところからはじまり、製造して、デザインをしてゆく過程まで。
たくさんの島根の女性たちが関わって下さいました。
出雲の美しい植物、土地を伝えたい、
そして、それを飲んで健やかになっていただきたいと
祈るように無償の思いで関わって下さった方々ばかりです。
材料の素晴らしさは元より、
関わってくださった方々の純粋な思いと願いが込められたものになりました。
その思いは、とても真っ直ぐで美しい波動として感じていただけると思います。
日本一の辛味と温め成分が充実しているしょうがと
ヤマタノオロチ伝説の奥出雲で採れた無農薬のレモン
出雲風土記にも登場している出雲らしい薬草たちは
女性たちのからだを温めて、整えながら
エネルギーがしっかりと立ち上がる感覚を実感してみてください。
今日から、マヒナファーマシーストアで販売いたします。

2017年2月26日 

過去の記事 >

旧diaryページはこちらです

なかやまあきこ
マヒナファーマーシー

69年、山口生まれ。おひつじ座。
音楽業界でアーティストマネージメントやCDの宣伝・制作の仕事を経て、03年にハワイヒーリングワーク・ロミロミと出逢い、ハワイ・オアフ島、ノエラニ・ ベネット、ハワイ島、スーザン・パイニウ・フロイドに師事。二ールズヤードにてメディカルハーブJAMHA認定ハーバルセラピストコース受講・メディカルハーブコーディネーター。心と体と宇宙のつながりを探求しながら、生きるためのALOHAを彩るフラや食、音楽、アートが大好き。最近は、山や森のなかに身をおく時間を大切にしている。震災後、放射線量の高い地域に暮らすお母さんとお子さんのための週末リトリートプロジェクト「ちいさなたびJapan」の活動をライフワークとしている。

このページのトップへ