マヒナからのメッセージ

緑が迫る、伊豆大島

去年とは、打って変わった梅雨ですね。
昨年は、6月末には梅雨明けして、湿度に覆われた暑さでした。
今年は、まだ梅雨明けの気配もなくじっとり雨と寒さが続く毎日ですね。
まだ、雨露にうっとりする紫陽花が美しく感じます。
さて、この後、どんな夏模様になるのでしょうね。
7月の後半からは、従来の夏の暑さが戻ってくるという話です。
夏の暑さや湿度対策が大切ですね。
個人的には、夏至から夏の開いた季節が苦手なので
寒い季節より、少しでも平穏に心身が過ごせるように対策してしまいます。
 
さて、先日、久しぶりに伊豆大島に行ってきました。
2年ぶりに訪れた大島は、やはり圧倒的。
東京から2時間のところに、こんなに野生が息づいてる。
船から見える島の風景は、
濃ゆい緑の木々の中から野生動物がたちまち現れてきそう。
そのエネルギーはむき出しです。
火山のコーディアルの制作をきっかけに大島と出会い
植物と火山のエネルギーをリアルに体験させてもらいました。
火山という大地の生命活動の呼吸は、そのまま植物が享受している。
その力強い営みの中に立ち、呼吸するだけで
身体の奥から緩み、気力がワクワクと沸き出すようです。
今の気候も相まって、心身ともにエネルギー不足、頑張り続ける時に
大島の土地は、いつでも受け入れ火と
植物の原始的な情熱のエネルギーをシェアしてくれます。
ぜひ、訪れて体験してみてください。
東京のこんなそばに、こんなところがあるの〜。
って、きっと驚かれることと思います!笑

2019年7月17日 

過去の記事 >

旧diaryページはこちらです

なかやまあきこ
マヒナファーマーシー

69年、山口生まれ。おひつじ座。
音楽業界でアーティストマネージメントやCDの宣伝・制作の仕事を経て、03年にハワイヒーリングワーク・ロミロミと出逢い、ハワイ・オアフ島、ノエラニ・ ベネット、ハワイ島、スーザン・パイニウ・フロイドに師事。二ールズヤードにてメディカルハーブJAMHA認定ハーバルセラピストコース受講・メディカルハーブコーディネーター。心と体と宇宙のつながりを探求しながら、生きるためのALOHAを彩るフラや食、音楽、アートが大好き。最近は、山や森のなかに身をおく時間を大切にしている。震災後、放射線量の高い地域に暮らすお母さんとお子さんのための週末リトリートプロジェクト「ちいさなたびJapan」の活動をライフワークとしている。

このページのトップへ