マヒナからのメッセージ

夏の小休止

梅雨が終わって本格的に夏到来とおもいきや、
東京は、急に涼やかな日が続きなにか拍子抜け感ありますね。
でも、怒涛の暑さから開放されてほっとひと休み。
ありがたいですね~。

暦をみると夏の土用が過ぎて立秋を迎えました。
湿度をまとった暑苦しさから、夕暮れに向かうと少し秋の気配を感じはじめます。
こうした繊細な季節の移り変わる時、日本の良さをあらためて感じますね。

急な気候の変化に、心身のゆらぎが起こりやすく体調を崩されている方も多いようです。
気候に合わせて小休止して、少しひとりの時間を作って、
暑さで疲労したからだに休息をとってみましょう。

暑さのせいか、水分を取りすぎて、
冷房にあたって、からだが冷えてむくみやすく、
体力を奪われていることもあって夏疲れの不調和を感じていました。
そんな時、積極的に飲んでいたのがネトル。
ネトルは、アレルギー症状に発揮してくれることで有名なハーブで、
特に花粉の時期に良いとされてますが
ハーブには珍しくたくさんの栄養成分がある上に、
冷えで疲労する腎臓の働きをサポートし
むくみをとったり、血液や体液のめぐりを良くする働きがあります。
これを飲みはじめて、排毒もスムーズになされてむくみもすっかり取れて
とても心身が軽くなりました。
合わせて、お風呂で下半身の冷えをしっかりとって、
早めに睡眠をとるようにしてます。
夏に弱いので、例年、体力を失って免疫が下がって
不調和が続くことが多かったのですが、
今年は、なんとか元気に過ごせています。
毎年、季節に起こりやすい弱点をよく観察して、
自分なりのお手当をしてゆくとうまく季節を乗り越えられるものです。

さて、今日お知らせしているワークショップページでは、
9月からの秋のプログラムをご紹介しています。
心身の切り替えにとても役に立つプログラムばかりです。
ぜひ、チェックしてみて下さいね。

まだ、夏は続きますが、元気に乗り切ってゆきましょう。

2017年8月8日 

過去の記事 >

旧diaryページはこちらです

なかやまあきこ
マヒナファーマーシー

69年、山口生まれ。おひつじ座。
音楽業界でアーティストマネージメントやCDの宣伝・制作の仕事を経て、03年にハワイヒーリングワーク・ロミロミと出逢い、ハワイ・オアフ島、ノエラニ・ ベネット、ハワイ島、スーザン・パイニウ・フロイドに師事。二ールズヤードにてメディカルハーブJAMHA認定ハーバルセラピストコース受講・メディカルハーブコーディネーター。心と体と宇宙のつながりを探求しながら、生きるためのALOHAを彩るフラや食、音楽、アートが大好き。最近は、山や森のなかに身をおく時間を大切にしている。震災後、放射線量の高い地域に暮らすお母さんとお子さんのための週末リトリートプロジェクト「ちいさなたびJapan」の活動をライフワークとしている。

このページのトップへ