マヒナからのメッセージ

島根


昨日、島根から戻ってきました。
一年に一度開催される島根の作家さんたちの
展示「ひびきあうもの」に参加させていただくこと
そして、恒例の佐太神社の神事に立ち会ってきました。
幾度となくご縁に導かれるように頻繁に訪れる島根ですが
今年は、タイミングを逸してしまう出来事もあり
久しぶりの訪問になりました。

島根という土地を目の前にすると
内的なものに深く降りる時、前進の一助を迎える時に
この土地の存在が行き交うことがよくあります。
今年は、哀しい出来事もあって、
決まっていた島根行きが無くなってしまうことが続きました。
それは、同時に、自分に深く降りることをする時でした。
毎年、この季節に佐太神社の神送りの神事に立ち会い
冬至に向かう自然界のエネルギーと同調し
一年を過ごしてきた自分をリセットする印のような機会になっていますが
こうした行為も影響しているのか、島根という土地にある深く内省されたものが
その時になると内側の隠されたものを揺さぶり
自分の深いテーマや進むべき方向をサインしてくるのです。
きっと、この土地が持つそうした周波数が影響しているのでしょう。
いつも、物事を深く向き合うことを教えてもらっているようです。
良き仲間に恵まれて、植物とつながるご縁も頂き
今の自分をとても豊かにしてくれる土地です。
今回の滞在もまた受け取ったことがたくさんあるので
時間をかけて感じてこれからの自分に生かしていきたいと思います。

さて、今日のワークショップページでは、
シュタイナーの冬至の祝祭・アドベントセレモニーのご案内をしています。
これをしないと一年が終わらないです!
ぜひ、ご参加をお待ちしております。

2019年11月27日 

過去の記事 >

旧diaryページはこちらです

なかやまあきこ
マヒナファーマーシー

69年、山口生まれ。おひつじ座。
音楽業界でアーティストマネージメントやCDの宣伝・制作の仕事を経て、03年にハワイヒーリングワーク・ロミロミと出逢い、ハワイ・オアフ島、ノエラニ・ ベネット、ハワイ島、スーザン・パイニウ・フロイドに師事。二ールズヤードにてメディカルハーブJAMHA認定ハーバルセラピストコース受講・メディカルハーブコーディネーター。心と体と宇宙のつながりを探求しながら、生きるためのALOHAを彩るフラや食、音楽、アートが大好き。最近は、山や森のなかに身をおく時間を大切にしている。震災後、放射線量の高い地域に暮らすお母さんとお子さんのための週末リトリートプロジェクト「ちいさなたびJapan」の活動をライフワークとしている。

このページのトップへ