マヒナからのメッセージ

毎朝、マヒナまで通う道は、お散歩に最適な遊歩道になっていて
季節ごとに植物の移り変わりがとても豊かです。
小さな整備された小川の周りには、素朴な植物がそっと佇んでいます。
毎日、植物の成長を眺めながら、新しい1日が変わりなくはじまることに
心がほっとします。
春じたく展のメッセージにも書きましたが、
今年の春の光は、まっすぐでとてもパワフルに感じます。
植物も例年に比べて、勢いを感じます。
今日、目に留まった水仙は、昨日よりも一段と姿勢よくまっすぐに
光に顔を向けています。

今日は、春分ですね。
太陽と月の時間が同じ長さになる日。
ここから闇の季節を終えて、起動する春の季節が立ち上がります。
悲しくなるニュースや出来事も日々のなかで起こりますが、
こうして一刻一刻と巡ってゆくことを思うと
少しでも明るいところをみて目の前のことを大切に生きたいものですね。

さて、今日は、4月4日からはじまる「月の春じたく展」のお知らせをしています。
しっかり今年も起動してゆけるように心身を整えるプログラムや提案をしています。
ぜひ、チェックしてみてください。

2019年3月21日 

過去の記事 >

旧diaryページはこちらです

なかやまあきこ
マヒナファーマーシー

69年、山口生まれ。おひつじ座。
音楽業界でアーティストマネージメントやCDの宣伝・制作の仕事を経て、03年にハワイヒーリングワーク・ロミロミと出逢い、ハワイ・オアフ島、ノエラニ・ ベネット、ハワイ島、スーザン・パイニウ・フロイドに師事。二ールズヤードにてメディカルハーブJAMHA認定ハーバルセラピストコース受講・メディカルハーブコーディネーター。心と体と宇宙のつながりを探求しながら、生きるためのALOHAを彩るフラや食、音楽、アートが大好き。最近は、山や森のなかに身をおく時間を大切にしている。震災後、放射線量の高い地域に暮らすお母さんとお子さんのための週末リトリートプロジェクト「ちいさなたびJapan」の活動をライフワークとしている。

このページのトップへ