information

2022年9月満月

 
2022年9月満月の更新です。
満月の読み物は、mikiさんのエッセイ・五感でみつける 目で感じるを更新しています。
ワークショップは、色とリズムさんの秋の染物・バンドルダイのお知らせをしています。残席わずかです。
秋の植物で装いの布を染めてみませんか。
ぜひ、ご参加をお待ちしています。



秋の虫の声が聞こえるようになりましたね。
昨日9月9日は、重陽の節句でした。秋らしい節供です。
節句といえば、奇数月の3月、5月、7月にありますが、9月もあるのですね。
中国では、奇数は縁起の良い「陽」の日と考えられていて
奇数が重なる日は「おめでたい」「いいことが重なる」日として愛でる習慣がありました。
9月9日は、最も大きい陽の数字が重なることから「重陽」と呼ばれて
昔は一年を締めくくる節句として盛んに行われていたようです。
重陽の節句は、旧暦では菊の花が美しい時期に重なることから
別名「菊の節句」とも言われています。
菊は古来より不老長寿の薬草とされ、中国では菊の花を浸した酒を飲んで邪気を祓い
長寿を願う風習があったそうです。
日本では、平安時代の宮中で菊の花に真綿をかぶせて一晩おいて
翌朝、朝露をふくんだ菊が香る綿で体をぬぐって無病息災を願う風習があったそうです。
これは日本において、フラワーレメディのはじまりとも言われています。
素敵な風習ですね。
今日は、月が綺麗です。
秋のはじまりを味わうようにこうした大人のしつらえを楽しみたいものですね。
2022年9月10日